053546 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ベンチャーで働くママ奮闘記 ~楽天版~

PR

X

Category

Profile


shizumama1978

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/5wfxgq1/ ち○…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
ダル伊藤@ ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w 包.茎の方がピストンしてる時に、皮がこ…

Favorite Blog

アリがとう chinashinaさん
風智の智 風智さん
とむん家 櫻とむさん
子供と一緒に成長し… HOT じゃすみんさん
子育てママの Ha… ベリー・berryさん
29歳のワーキングマザーです。
ほんの2年前までほんとにぐうたらな専業主婦だった私ですが、この2年間で、憧れだったサイバーエージェントの藤田社長やエスグラントの杉本社長などたくさんの社長に会い、また事業部長としてマネジメントし、営業成績もトップを誇り、退職時にはたくさんの会社からヘッドハンティングの声がかかりました。でも、本当に普通の主婦だったんです。


私がこれまで体験してきた、

子供がいながらの就職活動・転職・大学生活

、など公開していきます。同じように子供がいても働きたい!と思っているママはたくさんいると思うけれど、なかなかフルタイムで働く勇気がなかったり、または働くことをあきらめていたり、する人が殆どだと思います。
今の日本では、女性は結婚して5割、さらに出産して8割の人が仕事をやめています。しかし、これからは女性の力が社会にとってますます必要とされています。モノがあふれる日本社会。女性ならではの感性やきめ細かさが必要とされています。
少しでも多くのママたちに、もう一度社会復帰してもらえればと願ってやみません。
もしこれから就職をお考えだったり、転職したいと思っていらっしゃる方がいれば、是非ご覧ください。お役に立てればと思います。
※就職・転職相談も受け付けます。メッセージください。返事が遅くなるかもしれませんが・・・。
ワーママに使いやすいグッズをそろえました。

セール中☆
使いまわしがきく
パンプス

愛用中!牛革メッシュバッグ

使い勝手最高!
HEMバッグ

フォリフォリ
使い勝手がバツグン

なかなか使えるショップ
design by BEE BEE
2007.01.30
XML

いよいよベンチャー企業での勤務がスタート。

入社当日、意気込んでオフィスに行くとがら~んとしたオフィスに社員が二人。あわてて人事担当者に連絡してくれましたが、入社日を勘違いしていたらしくなんの準備もできていない。

・・・。

そこであわててその場で名刺を作り、営業に同行することに。営業としての採用でしたが、いったい何を販売し、そのモノはどんな特徴なのか。そんなこともよくわからないまま、つれまわされます(笑)そのまま、夕方まで同行し、その日はそのまま帰宅。

もともと人と接することが好きなので、楽しいことは楽しかったのですが。

次の日出社すると、今度は放置プレイ(笑)

つまり、何でも自分でやれ、ということなのです。

新卒で入ったベンチャーは、一応研修があり、いろいろ知った上で営業をしました。社員数150名ほどの規模でした。しかし、わけが違います。今度は社員たった7名。しかも、みんな深夜まで働いているようで、話しかけるのもためらってしまうほどです。とりあえず、一人必死に勉強し、ある程度のOJTを受けたらもう、5日目には一人で営業をまわることになりました。

それからというもの、とにかく必死でした。子供がいる女性でも、結果を出さなくてはいけない!そう思い、必死で営業に駆けずり回り、新規開拓を毎日意欲的に行いました。

その結果、毎月コンスタントに結果を出せるようになり、気付けば会社の売上げのほとんどを担う営業担当になっていました。それでも毎日、帰宅は17時です。それまでいかに効率的に営業するか、それを基本軸に考えていました。今考えると、営業職を選んだのは正解だったと思います。バックオフィス業務では、誰かのフォロー業務が増えると思うので、そうなると人のタイムスケジュールに合わせなくてはいけない。営業職は、自分で自分の時間をコントロールすることがある程度可能なので、いつもきっちり17時には退社できるように、もしくは直帰して息子の迎えに間に合うようにしていました。

そして、3ヶ月目。試用期間が終わったときに給与についての提示がありました。

実は、3ヶ月間の試用期間、アルバイトとしての雇用契約だったのです。チャンスを逃したくなかった私は、とりあえずアルバイトでも3ヵ月後の正社員目指して必死だったのです。

3ヶ月がたってもなかなか給与に関する交渉の場がない・・・。業を煮やして、人事担当者に確認すると、自分で社長に直接確認して、とのこと。メールで社長に聞くと、

「18万ぐらいでいい?」というメール。

びっくりです。前職以下の給与額。会社の売上げのほとんどを立てている営業マンがその金額です。しかも、聞けば相当なワンマン経営で、これまで給与交渉を行った人などいない、とのこと。だからといって、食い下がるわけにもいかず、直接交渉しました。すると、固定給+売上げの5%に着地し、ますます売上げに対するプレッシャーがかかるのです(笑)※ありえない給与をいただいたこともありますよ。

そして、4ヶ月目には事業部のマネージャに昇格。事業部全員の売上げ管理、事業戦略などなど、まさしくプレイングマネージャとして、売上げをたてつつ、マネジメントも行うという過酷な状況に突入していくのです・・・。このころからPCを自宅に持ち帰り、子供が寝た後真夜中まで仕事をし続けるという魔のスパイラルに・・・。

 

 







Last updated  2007.01.31 00:31:05
コメント(57) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.