000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ものづくりを支え隊☆

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ミシン屋

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ぱどめ@ Re:髪を縫うミシン(09/08) はじめまして とある企業でかつらの縫製を…
広島天空@ Re:髪を縫うミシン(09/08) はじめまして 広島県で伝統芸能の神楽をや…
るっこら@ Re:不器用なミシン(08/11) ミシン屋さん,初めまして. るっこらと…
吉田@ Re:ネコの転生(06/11) 孝志君のアドレスお願いします
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

Freepage List

Apr 27, 2011
XML
カテゴリ:考えごと…
東日本震災で被災された皆様や関係者の皆様に心より

お見舞い申し上げます。

当社のお客様や私の親族、知人なども福島や宮城、岩手などに点在しており

今だ連絡が取れない方もいらっしゃいます。

一月半が過ぎて一部復興の槌音が聞こえる反面、

原発周辺など未だ被害の全容も分からない状態が続き、現地の方々の心労はいかばかりか

と心が痛みます。

東京・草は外国人観光客が激減しているものの最近は落ち着きを取り戻して

きているようでいわゆる「日常」という感じにはなってきました。

震災を総括するにはまだ早いとは思いますが…、

千年に一度と言われたこの震災に遭遇して人生観の変った人は多いのでは

ないでしょうか?何故この時期に、何故この場所で、何故あの人が…、

私もあまりに不条理な自然の暴挙に困惑するしかありませんでした。

被災しなかった人、生き延びた人間にとって、震災後の日本に

どう関わっていき、どう生きていくのか、

身の回りの人とどう付き合っていくのか、強く考えざるを得ないと

思いました。

先日、私は福島県須賀川市に行ってきました。

島に入るといたるところで道路はヒビワレ、崩壊、デコボコ状態、

民家の瓦はほぼ軒並みに落下、壁や石垣の倒壊、傾いた建物…。

あまり報道もされなかったですが見たとおり完全な被災地です。

という地震はこんな内陸でも巨大な溜め池を決壊させ

濁流となって麓の民家を飲み込んでしまったのです。

死者、行方不明者も数人でている大惨事でした。

靴職人さんからは自らも死にはぐれ、奥さんも一時は車ごと濁流に流されたこと

を聞かされました。

仕事を職人さんに依頼している靴メーカーからのご指名で

一刻も早い工場の再開を託された私は代替のミシンの準備には時間がかかりすぎるので

に浸かったミシンを急いで修理することを選択し、修理後のミシンを

配達に向かったのです。写真はその時のものです。

ミシン屋としても少しは復興に役立てたことに満足しながら

帰途につき「一つ一つ自分のできること、望まれることをやっていこう」と

決意しするのでした。
















Last updated  Apr 27, 2011 12:33:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.