003189 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

町内会長のメダカ飼育記

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2021年05月07日
XML
カテゴリ:観察


まずは、屋外へ引っ越しした幹之メダカの今日の様子です。元気に泳ぎ回っています。

さて、4ヶ月間何も飼っていなかった40センチ水槽にエビを3匹放ちました(4月29日に)が今日2匹が死んでいました。水草のみで生物は飼っていませんでしたが投げ込み式フィルターは稼働させていました。
コケやアオミドロが大量に発生していましたので掃除役としてミナミ沼エビ3匹を入れたのですが、これが間違いでした。おそらく水質が悪化していたのかと思います。
そこで直ちにこの水槽のリセット作業を行いました。
水草を取り除いて水槽とフィルターを洗ってから、使っていたろ材は交換します。最初からの水槽立ち上げです。今回は赤玉土を敷きました。水を入れて投げ込み式フィルターをセットして1週間様子を見ます。残ったエビ1匹は睡蓮鉢に戻しました。

魚が病気になったりした時もすぐに隔離して、水槽はリセットすることが良いとされています。中途半端な対処をすると全滅という事態になるからです。
余談ですが、魚が病気の場合は別容器で水の0.5%の塩浴が良いです。これで何度も回復させました。










最終更新日  2021年05月07日 17時18分01秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年05月06日
カテゴリ:観察







本日、睡蓮鉢の楊貴妃メダカを屋外に移す予定でしたが、産卵中の個体がいたのでこのまま睡蓮鉢で飼育することにしました。そこで睡蓮鉢の赤玉土の軽い掃除と1/3の水替え、エビがいると卵を食べてしまうのでいないのを確認して戻しました。
代わりに屋外には30センチ水槽から幹之メダカ5匹を移しました。先の2匹に加えて7匹が屋外飼育となります。トロ箱のサイズ(幅38cm×奥行き26cm×高さ14cm)からすると7匹は多いように思われますがしばらく様子を見ます。






最終更新日  2021年05月06日 14時26分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年05月04日
カテゴリ:観察





30センチ水槽で飼っている幹之は毎日何度となく観察していましたが、今日はじめて1匹の金色?幹之がいることに気づきました。今まではガラスの上と横、白いボールの上、透明ケースの上と横から観察していましたがわかりませんでした。今日、100鈞で買った灰色のボールに入れて見てはじめて気づきました。体長は他と同じ2センチ位です。雄のようです。
近々40センチ水槽に引っ越しを考えています。楽しみが1つ増えました。
21日に種まきしたニューラージパールグラスも育っています。







最終更新日  2021年05月04日 17時49分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年05月03日
カテゴリ:観察









1週間前に水槽の側面から成長を記録しましたが、今日はさらに1週間後の様子をプラケースに移して観察しました。以前は黒いメダカの成長がひときわ目立っていましたが、今では白いメダカも同じくらいに大きくなっています。一番大きいメダカで15ミリ位です。
動きが速くてなかなかピントが合いません。






最終更新日  2021年05月03日 16時09分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月02日
カテゴリ:情報





26日に針子水槽に底床の麦飯石を敷いて6日目、日に日に水の透明度が増してきました。底床無しの時には毎日スポイトで底や水面の掃除をしていましたが、今は何もしていません。エサの残りやゾウリムシの投入により底や水面には汚れがあるのでしょうが、バクテリアが処理してくれるようです。
水が透き通って奥までよく見えます。
一週間前に金魚水槽にも底床に砂利を敷きましたが、2ヶ月ほど悩んだ白濁がとれ水が透き通ってます。底床に石を敷くことでそこにバクテリアが棲み着き、魚の糞やエサの残りなどを分解して水質を安定させてくれます。目には見えないけどバクテリアはいい仕事をしてくれます。






最終更新日  2021年05月02日 11時41分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年05月01日
カテゴリ:観察






屋外飼育用のトロ箱にパイロットフィシュとして導入した2匹は元気に泳ぎ回っています。2匹にとっては初めての屋外生活です。夜中から大雨と強風が吹きましたが問題ありませんでした。来週から楊貴妃メダカを導入します。
21日に種まきしたニューラージパールグラスの芽がようやく出てきました。種を1年間以上も机の中に入れっぱなしにしてたせいか昨年よりもかなり遅い発芽です。






最終更新日  2021年05月01日 16時23分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年04月30日
カテゴリ:観察





屋外飼育用のトロ箱を準備したのが23日だったので1週間が経ちました。毎日水の様子を見てきましたが問題はなさそうです。そこで本日はパイロットフィシュとして幹之2匹を導入しました。

パイロットフィシュとは水槽立ち上げ後に初めに入れる魚のことをいいます。水槽を立ち上げた直後は環境が不安定なので丈夫なお魚を少しだけ入れて、様子を見るということです。
今回その役目として、睡蓮鉢と30センチ水槽で元気に泳いでいる幹之を各1匹選びました。屋外水槽に入れる時も慎重に水合わせをしてから放ちました。
導入後も元気に泳ぎ回っているのでまずは一安心です。数日間様子を見てから楊貴妃メダカを導入する予定です。






最終更新日  2021年04月30日 15時22分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年04月29日
カテゴリ:観察


30センチガラス水槽では11匹の幹之を飼っていますが、近いうちに写真の40センチアクリル水槽に移そうと思います。この水槽は5年程前にフリーマーケットで買いました(200円)が、針子から若魚までの飼育水槽として重宝しています。11匹の幹之もここで2ヶ月間育ってから移しました。
ただ4ヶ月ほど何も飼っていないのでコケやアオミドロが発生しています。今日はコケやアオミドロの掃除用にミナミ沼エビを3匹投入しました。エビの好物です。
来週から屋外用のトロ箱と同時進行で繁殖に挑戦しようかと考えています。






最終更新日  2021年04月29日 14時10分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月28日
カテゴリ:観察



孵化から28日目にもなると全ての針子の体型がメダカらしくなり体の模様も出始めました。
現在の体長は8ミリから15ミリくらいでしょうか。10ミリくらいになると針子ではなく稚魚と呼ぶそうです。そして15ミリくらいで幼魚、20ミリで若魚となり産卵するようになるそうです。つまりあと2ヶ月も経つと産卵するメダカも出てくると言うことです。
私の計画では孵化から2ヶ月を過ぎた頃から里親さんのもとへお届けしたいと思っていました。あと1か月後くらいです。首を長くして待っている方もいるんですよ。






最終更新日  2021年04月28日 15時38分05秒
コメント(3) | コメントを書く
2021年04月27日
カテゴリ:記録



23日に屋外飼育箱をセットしましたが、本日確認したところ薄いグリーンウォーターになって良い状況になっています。週末にパイロットフィッシュとして2匹の幹之を入れて、数日後問題がないようだったら楊貴妃を移そうかと思います。
室内での繁殖がうまくいかなかったので、屋外で水草を多めに入れて1ヶ月ほど様子を見ようかと思います。赤いメダカは4匹しかいないので少し心配ですがチャレンジです。






最終更新日  2021年04月27日 17時33分41秒
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.