004035 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

町内会長のメダカ飼育記

2021年04月23日
XML
カテゴリ:観察

私は睡蓮鉢の底床には赤玉土を、ガラス水槽にはソイル(土を粒状に焼き固めた人口砂)を使っています。それぞれがバクテリアが棲みつきやすく水をきれいにするからです。
赤玉土は園芸用の土で粘土質のような無機質土で褐色で粒状の形状です。メダカのビオトープ作りには欠かせません。ホームセンターで安価で購入できて、1~2年使って交換後の土は家庭菜園で再利用できます。でもガラスの水槽には向きません。粒状とはいえ土なので掃除が大変です。と言う理由で水槽にはソイルを使っています。





さて、今日は屋外飼育の用意をするためにトロ箱に赤玉土を入れて水を張りました。1週間ほどでメダカを飼育できる環境となります。30センチ水槽の幹之を数匹移して繁殖させたいと思っています。






最終更新日  2021年04月23日 14時06分28秒
コメント(2) | コメントを書く
[観察] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:屋外飼育用のトロ箱を用意しました(04/23)   ローズコーン さん
赤玉土は、園芸をしている時、もうなじみの土ですが、島の家にいた友人も近所の人からメダカを貰って、我が家の大きな甕に赤玉土を入れて飼ってっていると言ってまして、その時初めて知りました。私もやってみるかと思いましたが、ここにかかれているのを読んで、ああやらなくてよかったなあと思いました。

屋外飼育も楽しみですね。また繁殖の事もさらに喜びになるでしょうし、

いま友人は長崎に帰って病の療養中ですが、大丈夫でしょうね。そのメダカたち。外ですから・・・。何事も元気でいないと、色々楽しみませんね。私も元気でいなくては。
(2021年04月24日 06時35分09秒)

Re[1]:屋外飼育用のトロ箱を用意しました(04/23)   yokabay さん
ローズコーンさんへ
おはようございます。
屋外飼育の良さは手がかからないことです。
自然生態系の循環でめだかのエサとなるプランクトンや、ボウフラなどが発生するので人工のエサは本来はいりません。でも自然界のエサだけでは足りなかったり栄養の心配があるので補助的にやるくらいです。やることと言えば、太陽光があたりすぎて水温が上がりすぎないように日よけをしたり、大雨が降ってくると水があふれたりしないようにビニールカバーをかけたり、猫や鳥から食べられないようにすることくらいでしょうか。人間が元気でないとこうした世話もできませんね。お世話をすることで相手から癒やしをいただくというこれも自然の循環ですね。 (2021年04月24日 09時26分00秒)

PR

X

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


yokabay

カテゴリ

コメント新着

yokabay@ Re[1]:40センチ水槽のリセット作業(05/07) ローズコーンさんへ おはようございます。…
ローズコーン@ Re:40センチ水槽のリセット作業(05/07) 塩水がよいというのは聞いたことがありま…
yokabay@ Re[1]:幹之メダカの引っ越し(05/06) ローズコーンさんへ こんにちは。 メダカ…
ローズコーン@ Re:幹之メダカの引っ越し(05/06) ああ分かります。大きないれものの水温度…
yokabay@ Re[1]:幹之の中に1匹の金色メダカ発見!?(05/04) ローズコーンさんへ おはようございます。…

ニューストピックス

お気に入りブログ

郵便ポスト ゆめゆめTOMOさん

しばらく休みます。 ローズコーンさん

バックナンバー

2021年02月
2021年01月

フリーページ

日記/記事の投稿


© Rakuten Group, Inc.