3603588 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食育に栄養学も食事バランスガイドもいらない

2010年06月26日
XML
カテゴリ:食育について
安食は不覚にも知りませんでした。
2010年4月28日放送の「ためしてガッテン」でも紹介されたそうです。

国際生命科学研究機構が作成したそうです。
ではどんなシートか?
以下のURLからで見られるしダウンロードもできます。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/10hinmoku.pdf

1 肉
2 魚
3 卵
4 牛乳
5 大豆
6 海草
7 イモ
8 果物
9 油
10 緑黄色野菜

となっていますね?
では、この中に「なんか変だな~?」という項目が入っていませんか?

他は食品の形が見えるのに、一つだけ形が見えないんですよね?

そうです。油です。

油は食品ではありません。
油をスプーンですくって飲む、ということなど、
普通はしないでしょう? 普通はね?
つまり、脂は揚げ物に使う、炒め物に使う、
ドレッシングやマヨネーズを手作りするのに使う、ということです。
だから調味料だと私は解釈しています。

さらにこの10品目シートには主食が抜けています。
ご飯でもパンでもうどんやラーメンでも焼きそばでもパスタでもピザでも、
なんでも構わないのでしょうか?
主食が一番大切なのに、その指示がありません。
さらに肉と牛乳・乳製品は外すべきだろう思います。
魚と卵も食べ過ぎてはいけないと思います。
それから10番が緑黄色野菜となっていますが、
その他の野菜(淡色野菜)も大切じゃないのかな?

そこで安食育夫の改良型10品目シートです。

1. 。(玄米または分搗き米がお勧め)
粉食はたまにのお楽しみにしましょう。

2. 豆類。納豆、豆腐などの大豆加工品もいいですね。
  大豆以外にも豆類は沢山あります。

3. 種実類。ごまを初めとする種や実のたぐいです。
  ナッツ類なども入りますし、果物も入ります。

4. 海藻類。安食は茎ワカメの食感が大好きです。

5. 野菜。野菜類を差別してはいけません。
  緑黄色野菜も淡色野菜もともに大切。
季節毎に旬の野菜を食べましょう。

6. 魚介類。養殖物や大型魚は避けましょう。
  大衆魚や全体食ができる小魚がお勧めです。

7. キノコ類。これもいろいろ種類がありますね?

8. イモ類。わくわくするほどいろんな種類がありますね?

9. 発酵食品。牛乳由来の発酵食品はダメです。
味噌、醤油、納豆、糠漬けを代表とする漬物などの日本の
伝統的な発酵食品にしましょう。

10. 。清涼飲料水や牛乳、スポーツドリンク、緑茶等を
水代わりに飲む人が多いのでこの項目を入れました。
味が付いた飲料水としては、麦茶か番茶がお勧めです。

あ、これら10品目を毎日必ず食べなさい、ということではありませんから。
一週間でこれらを全てクリアーすればいい、という位のいい加減な気持で
実行して下さいね?

あ、この中にはは入っていません。
それはなぜかといいますと?
脂質は食品から必要十分な量を摂ることができるからです。

【参考サイト】
脂質の多い食品と、食品の脂質の含有量一覧表
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/fat.html

「安食育夫の改良型10品目シート」に賛同した方は、
あなたのブログやHPに転載して下さって構いませんよ?

【お勧め文献】

粗食のすすめ実践マニュアル



人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年06月26日 20時22分36秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


安食育夫

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

お気に入りブログ

梅雨入りしないうち… New! 背番号のないエースGさん

また、しばしお休み… New! かきつばた3672さん

禅羅感得シリーズ! … 鹿児島UFOさん

ブログ冒険小説『闇… fujiwara26さん

大井町から町田に移動 はなあそびさん


© Rakuten Group, Inc.