ショップハンター

2019.01.28
XML
カテゴリ:元気が出る話
​​​​​

 先日、寒風吹き荒れる中、長年の付き合いの友人と会ってきました。
 
 このクソ寒いというのに、半袖シャツとデニムパンツ姿でご登場です。
 いや、去年も雪の日にタンクトップとデニムだったな。
​​


 かなり前に当ブログでご紹介した、チョーク菓子を送ってきたスコットランド人です。
 こちらが例のチョーク。画像は使いまわしです。
 参考記事:​エジンバラは今日も雨だった
 


 かつては腰まである金髪ロン毛で趣味はアニメと料理。週末は編み物をしたりケーキを焼いたりと、女子力が半端ないのに女好きという、自他ともに認める変わり者でした。
 以前ブログでも申し上げたとおり、手作りのショートブレッドを送りつけてきて、包みを開いたときにはカビていたという苦い思い出もございます。

 まあそんな彼でしたが、月日は流れて今は私と同じ業界にいます。
 外資系の企業に勤めながら、いつか日本で働いてみたいという長年の念願が叶い、昨年、今年と二年連続で日本に長期滞在していました。
 日本人にシステム開発方法のコーチングをするためということでしたので、端から見ると大出世です。
 メインの目的は二年連続でジブリ美術館ですから、中身はあまり変わっていませんでした。

 日本で何か面白い体験をしたのかと聞くと、ジブリ美術館はもちろん、猫カフェ、うさぎカフェ、サンリオピューロランドに行ってきたとのこと。
 どこまで少女趣味なんなんだよ、とツッコミを入れたところ、木工細工体験もしてきたんだぞ、と得意げに付け足しました。

 竹箸を作ったそうです。​(木じゃないのかよ)​

 ついで話になりますが、彼は私が日本語を話せることに少々ビビっていました ^_^; とても違和感があるとまで言われました。
 友人付き合いが始まった頃は海外暮らしでしたし、彼とは英語でしか話したことがありませんでしたから、私の日本語はカタコトだと思い込んでいたようです。
 日本育ちの日本人なんだから話せて当然だろうが、と鼻で笑ってやりました。 

 ひとしきり昔話で盛り上がったあと、場所を変えようということになり駅に戻ったのですが、広い駅のため電車の乗り口がわからなくなり迷ってしまったんですね。

 ​案内板を見ながら指さし確認しながら歩いていたところ、近くにいた若い日本人の女性が英語で案内してくれました。​

 彼は私が日本人扱いされなかったことに腹を抱えて笑っていました。
 いや、私にとってはわりとあるあるなんですが……。

 同居人と行動していればしょっちゅうですが、一人でいても電車で韓国ドラマを観てりゃ、隣に座った韓国人のヲッサンに延々と話しかけられたり、ニュースを読んでりゃ近くの外国人に話しかけられたり……。

 帰ってそのようなことを同居人に言いましたところ、日本で一人のときは話しかけられたことはほとんどないということでした。
 ただ、近所の公園で友人と Pokemon Go で楽しく遊んでいたところ、子どもたちが怖がっているので移動してくれと日本人の女性に注意されたことはあるそうです。
 そりゃあ、大男が二人で公園のど真ん中に立ちはだかっていたら迫力がありますがな。


 ​そんな私の話を聞いている同居人は半裸だったんですけどね。​



Web Clap by FC2






最終更新日  2019.01.28 18:55:22
[元気が出る話] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.