000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

越後湯沢温泉、松泉閣花月のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ziqj44

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

gordon@ LfSNnNpdjHOeF O0Mgai http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…

Freepage List

Headline News

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

スタッフブログ

2017.06.19
XML
カテゴリ:スタッフブログ

観光ガイドも務めております若女将のともちゃんです。

来月7月の第一と第二月曜日に越後湯沢発~からむしに出会う旅のツアーガイドを致します!

7月3日(月)と7月10日(月)
越後湯沢発10:00~戻りは16:30を予定しております。

日帰りツアーこころ号のガイドになって早7年。あっという間ですね。
今年は私が企画したツアー運行します。


その名も『若女将と行く!雪国のこころ・からむしと出逢う旅!』

十日町で染物体験(天然の染料―玉ねぎの皮を使用)をしてへぎそばを食べて、
塩沢で織物の歴史をお勉強して、ご希望の方は織物体験もできる1日コースです。

からむしって虫じゃないですよ。麻の一種です。
絹織物よりも歴史が長く、ここ越後では1200年の歴史があります。
からむしで織られた上質の布、越後上布はユネスコの無形文化財にも指定されております。

こちらがからむしの葉っぱ。
昔からここ越後には自生していたそうです。
それを人の手を入れて、2メートルくらいに育てます。
その茎の部分をそいで繊維を出します。



こちらの写真は5月後半のからむし畑の写真です。
まだ芽が出てきたばかり、これからどんどんと育っていきます。
ツアーでお邪魔するころには背の高さにくらいになってるかな?



お昼は、十日町のそば街道にある由屋さんでへぎそばです。
「秘密のケンミンショー」でも紹介されたことのあるお蕎麦屋さんです。



新潟県中魚沼(十日町)の人たちは蕎麦をあさつきをむきながら待ってるらしい~byケンミンショー



蕎麦にはわさびではなくからしを入れて食べるらしい~byケンミンショー



由屋さん!!
平日でもお昼12時には混雑する人気店です。



コースの紹介にはありませんが、土市駅の目の前に大地の芸術祭、作品があるのでこちらにもちょっと
よりたいと思います。
(染物体験する場所にすぐそばにあります)



土市の駅、三角屋根のかわいい駅舎です。
無人駅です。





昼食後は、中魚沼から南魚沼へ移動。塩沢へ。
こちらでは、塩沢つむぎ記念館にてからむしの歴史そして、江戸時代に入ってから始まった絹織物の歴史を
お勉強し、鈴木牧之記念館へ。
最後に昔ながらの町並みを再現した牧之通りを散策して越後湯沢へ戻ります。
たっぷり1日のコースです。
是非越後の歴史に興味ある方、織物に興味のある方、魚沼が好きな方、うまい蕎麦が食べたい方、
ご参加下さい。
1日ご一緒させて頂きます。



タイトルにもある『雪国のこころ・からむしに出会う旅』は、
天地人の作者:火坂雅志さんの・からむしは雪国のこころ・からとらせて頂きました。
小説天地人の中にもからむし(青苧:あおそ)が出てきます。
直江兼続、上杉謙信公の時代から越後のこころとして栄えた産業です。







Last updated  2017.06.19 15:36:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.10
カテゴリ:スタッフブログ

越後湯沢はうなぎといえば、私が最初に思いついたのは『小島屋』さん。

先日ききれれチャン(中国からのインターンシップで来日の大学生)が
まだ日本でうなぎを食べていないと聞いて、早速小島屋さんへ行って来ました。



うな重もいいのですが、個人的にはとり重が好きです。
お値段的にもかなりリーズナブルに生きております。

二人にもとても好評でした。

うな重にはきも吸いがついており、とり重にはお味噌汁がついております。



花月からは徒歩5~10分ほどです。
夜かなり遅くまでやってるので、2次会や3次会で地元の人たちも多いですよ。
うなぎの骨のからあげ、厚焼き玉子、沢蟹・川エビのからあげ、蛙のからあげなど昔から
変わらないメニューはザ湯沢の居酒屋です。







Last updated  2017.06.10 16:32:41
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.08
カテゴリ:スタッフブログ

初夏が始まり、梅雨が本格的に始まるまでは過ごしやすい日々が続きます。

そこで、おばあちゃんたちを湯沢高原へ連れて行きました。
91歳と89歳の二人の移動はほぼ車イスです。
車イスでも安心してお出掛け頂ける場所です。
降りたところで記念撮影。景色もちゃんとご覧頂けます。



ロープウエィまでは花月から車イスを押しながら行きました。
通常は徒歩5分、車イスを押しながらまわりを眺めて約10分ほどです。
入口まで行くと車イスでそのまま入ってエレベーターがあるので安心です。



ロープウエィの中での風景です。
車イスでも目線がちゃんと窓に届くので乗ってる時間も楽しめます。
今日は平日でとーーーてもすいていたので貸切状態です。



おばあちゃんたちも真剣に外を眺めてます。



山頂ステーションの近くは、平らなところが多いので車いすでもOK。
でも山の上は勾配が激しく、ここから他の場所への移動は車イスでは難しいです。
急な坂道は危険なので山頂ステーション周辺のみにしましょう。
カフェもあるので、そとのお席でお茶するのもいいかもしれません。

帰りは温泉通りにある足湯でのんびりとしてから花月へ帰って来ました。
車イスでも楽しく遊べますよ。
そして、障害者手帳を持っている方はロープウエィへご提示下さい。
本人と付添いの方1名様―通常の半額でご乗車頂けます。
通常¥1800が、¥900となります。
お持ちでない方は、花月のフロントで前売り券で¥1400で販売しております。
お出掛けの前にお声を掛けて下さい。







Last updated  2017.06.08 14:11:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.05
カテゴリ:スタッフブログ

湯沢のイタリアンと言えば!

「ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」

通称、ピットーレさんです。
岩原スキー場の中腹にあるイタリアンレストラン。
薪を使った石窯で焼く本格的なピッツァを堪能できます。
他のメニューもこの薪の石窯で焼くんですよ。



やっぱりピッツァがオススメですね。
こちらは店名のオリジナルピッツァ、ピットーレ(卵、しめじ、マッシュルーム入り)



花月の常連様からのオススメピッツァはクワトロ フォルマージョ!!
スキーで岩原を訪れると必ず注文するそうですよ。
4種類のチーズをたっぷりとつかったピッツァ。
※実はこれだけ頼むとサービス券をくれるんですよ。5枚たまると1枚サービス。



2枚のピッツァの写真をよく見ると切れてるのがわかりますか?
7名でお邪魔しましたが、7等分にしてくれてるんですよ。細かい気遣いうれしいです。
(最初から切って出てくるわけではなくて、1枚目を切って下さいとお願いしたらあとは切ってくれました)
ありがとうございます。

お肉もおいしかった~。
ここに付け合わせでつくピクルスもおいしいです。(ピクルスは単品もありますよ。お土産もOK。)



ラザニアは時間がかかるから早めに注文。
じーーーくりと石窯で焼いたラザニアは他では食べれませんよ。


花月からは車で10分ほど。
岩原スキー場の中腹にあり。
事前予約で送迎もしてくれます。
冬はスキー場の真ん中にあるので、雪の上を歩いてまたはスキーでお出掛け下さい。
夏場は景色も最高です。
曇っていてもこの見晴らし。

湯沢には他にも湯沢高原のアルピナ、大源太のタベルナヴィッチーニと姉妹店もあります。
(この他に洞爺湖や軽井沢にもあるんですよ。ここ岩原が本店です。)










Last updated  2017.06.05 14:48:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.04
カテゴリ:スタッフブログ

笹だんごってご存知ですか??

新潟県民なら誰もが知ってるソウルおやつの一つです。
最近ではお土産のイメージがつよいかもしれません。

笹だんごとは、餡の入ったよもぎ餅を笹でくるんでキャンディーのようにイグサの紐でしばって
蒸したり湯がいたりしたもの。

ここ越後湯沢は新潟県の玄関口。
その越後湯沢駅では入口のすぐに笹だんごコーナーがご用意してあります。
改札でたらまーーーーーすぐすすんですぐ目の前です。

この棚、実はすべて笹だんごです。



目印はこのおおおお大きな看板です。『笹だんご』



こんなにたくさんの種類があるのはここだけでしょう。
どちらのお店もこだわりの笹だんごをつくっているので、お店によってだいぶ違うんです。

一般的にはつぶあんが多いのですが、こしあんのお店もあります。
お店の方が教えてくれましたが、昔城下町だったところはこしあんが多いそうです。
お殿様に献上するのにこしあんでないとっとのことです。

わかりやすく番号が書いてあるのでお好みの笹だんごを見つけたらお店の方に番号をお伝え下さい。

そこであれ?一番左上に見慣れない文字が。。。

くるみみそ?


越後湯沢限定のくるみみそ餡。

こちらでは県内の名だたるお店の笹だんごを販売しておりますが、
このくるみみそはここのオリジナル。
当店オリジナルです。



自分のお好みをお探し下さい。
1つずつ試してみるのもいいかもしれませんね。(ばら売りしてます)









Last updated  2017.06.05 08:00:03
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.02
カテゴリ:スタッフブログ

たくさんのお客様からの感想、そしてブログ、SNSなどに登場する、

その名は、『爆弾おにぎり』!!

越後湯沢駅の名物でもあります。ぽんしゅ館中にある雪ん洞にて販売しております。

東京へ出張へ行く際にせっかくだから、、一度と爆弾おにぎりを頼んでみました。

新幹線の中でその大きさにビックリ~!
写真だと伝わらないかな??
お米1合つかった大きなおにぎり?、とんでもない1合以上じゃないかと思います。

塩おにぎり~いろいろな具材を選ぶことが出来ます。
のりなし塩おにぎりは¥370~具材によって¥830まで、時価なんてものもあります。




おにぎりには味噌汁もついてくるので、中身をおかずものにするとすでに定食のような感じなります。
漬物もついてくるからね。
隣にペットボトルをおいても写真ではうまく大きさが伝わらない。。。
是非越後湯沢駅にきた際には爆弾おにぎり!写真映えしますよ。

この上には大爆弾おにぎりなるものがあり、4号のお米で作る巨大なおにぎりです。
具材も5種類選んで入れることが出来ます。
2060円、4人いたら一人ずつ頼むよりもこっちの方がお得かも。


ひっくり返したら、のり1枚が巻ききれなくて、届いてませんでした。

裏注文の仕方もあるらしいです。
食べログやSNSで投稿している方のをみました。
なんと!具材は2種類選べるらしいです。
しゃけとすじこで親子おにぎりにしてる人もいました。すごい。お客様の創造は素晴らしいですね。

常に出来立てのあつあつのほかほかのおにぎりが一番うれしいかもしれません。
だいたいおにぎりってさめてますよね。
それは、そこでおにぎりを握ってくれている湯沢女子たちがプライドを持って魚沼のお米をおいしい状態で
出せるようにいつもいい仕事をしてくれてるおかげです。何よりも素晴らしい隠し味です。
びっくりするぐらい大きなおにぎりはびっくりするぐらいの手際で出来上がります。







Last updated  2017.06.03 14:56:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.29
カテゴリ:スタッフブログ

~若女将と行く初夏の夕涼み~古民家カフェ『座』で蛍鑑賞~

今年も開催となります。
日付は、6月15日、22日、29日(木)の3日間です。

時間: 20:00花月出発 戻りは21:00過ぎ予定
場所: ギャラリー喫茶『座』にて蛍鑑賞と古民家カフェにて珈琲とプチスイーツ付
料金: 1名様1500円(税別)

ご宿泊のお客様対象となります。
事前のご予約もお承りしております。
お気軽にご連絡下さいませ。

問い合わせ:025-784-2540

松泉閣花月 若女将 富井智子


毎年の恒例となりました蛍ツアー、今年は3日間と日数が限られておりますが、
ご夕食後の楽しいプチツアーになりますようにご用意しております。

花月から『座』までは車でおよそ10分、行きと帰りには湯沢の歴史などをご案内させて頂きます。



蛍は用意したものでも保護しているものでもなく、天然の蛍です。
いつもは誰も見ていない田んぼをゆらゆ~~~らと飛び交ってます。
そこにお邪魔して鑑賞させて頂くようになっております。
天然の蛍をお楽しみ頂ければと思います。
こちらの写真は前に蛍ツアーに参加して頂きましたお客様から頂戴したものです。
田んぼの上を蛍が行き交うところがご覧頂けます。









Last updated  2017.05.30 08:09:28
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.28
カテゴリ:スタッフブログ

中野屋さんへ行って来ました。
最近のお客様のお昼どこ行って来ましたか?では中野屋さんがダントツのような気がします。

花月のある温泉通りは越後湯沢駅の西口、中野屋さんは逆側の東口にあります。
東口をでると目の前なので、すぐにわかります。

11時オープンのお店に11時15分に行ったらもう座れませんでした。
15分ほど待ってからお席へ。

やっぱり定番のへぎそばを注文。
へぎそばってどんなお蕎麦でしょうか?



正解は、『へぎ』という四角の木の器にもられたお蕎麦のことです。
へぎは、昔からこちらで酒造りなどに使われている器です。
ここに一口ずつ盛られているのが新潟スタイルですね。
そして、つなぎにふのりを使用しております。
こちらのふのりもこちらでは昔から機織りのつなぎとしても使われておりました。
へぎそばとは、ここ新潟、越後の文化がぎゅーーーーーっとつまった食べ物なのです。

コシがあってのど越しがいいのがへぎそばです。



最近では1人前ずつに盛られてるものありますが、やっぱり数人でシェアするスタイルが一般的です。
私はこのへぎそばを見ると年越しそばを思い出します。
子供の頃にパロディーで一杯のかけうどん(一杯のかけそばを見る前にこっちをみました)を見たときに
あれ?年越しって冷たいのじゃないんだ。。と子供心に思った記憶があります。


越後湯沢駅、東口目の前にある中野屋さん。
是非お出掛けしてみて下さい。

一番上の写真は2人前盛のへぎそばです。
天ぷら盛りもは1皿注文して、2人で分けました。
十分な量です。







Last updated  2017.05.30 08:06:39
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.27
カテゴリ:スタッフブログ

「この辺でおいしいラーメン屋さんありますか?」

けっこうな割合で聞かれるお客様に聞かれる言葉です。
米処新潟ですが、実はラーメン屋さんもいいお店がたくさんありますよ。
全国でも屈指のラーメン激戦県なのです。

本当は教えたくないのであまりオススメしてませんが、隠れた名店をご紹介します。

そこは、石打にあります。

『らー麺 点心』

お昼しか営業をしてなく、待ち時間が長いです。
オススメは、営業開始時間11:30に合わせて行くこと。
出来上がるまで時間がかかりますが、丁寧につくられたラーメンが出てきます。

私のオススメは、麻婆ラーメン¥900です。
八角や山椒が入って本格的な辛口の麻婆豆腐が麺と合ってやみつきになっちゃう。
パイナップルがトッピングされたのには驚きました。
夏には糸瓜がのってることもあります。



ぶいこつ塩、ぶいこつ醤油ラーメンもおいしいですよ。
ここに来るとどれにしようかいつも迷っちゃいます。
下の写真は前に来た時に注文したぶいこつ塩ラーメンです。
夏だったので糸瓜がのっかってます。



ここで忘れちゃいけないのが、是非一緒に小南包(ぎょうざみたいなのです)を一緒に。
水と焼があるのでお好みでどうぞ。
早く来ないと売り切れになっちゃうから開店時間に行かないと食べれません。
写真は焼きです。



らー麺 点心
お昼のみ営業11:30~ 毎週月曜日休み
花月からは車で10分ほど。

余談~
実は、今日ききチャンと2人でこちらにお邪魔しました。
中国からの大学生ききチャンはもうすぐインターンシップが終了するので、
ききチャンと一緒に来ました。(ちなみにもう1人のれれチャンは沖縄に旅行中)
日本の食事は甘い、麻婆豆腐も甘いと2人が言っていたので、ここの麻婆ラーメンはどうだろう?と思い、
感想を聞いてみると。
「辛くておいしい~、日本で初めて辛い麻婆豆腐」っと言ってました。
日本ではたしかに砂糖やみりんを使う料理が多く、特にこちらの雪国では甘辛い甘しょっぱい味が主なので
そう感じることが多いのかもしれません。
最初はなれなくて日本(湯沢)の食事が大変だったみたいです。







Last updated  2017.05.30 08:06:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.23
カテゴリ:スタッフブログ

この季節になるとたくさんの野の花がご覧頂けます。

山に行くのは大変。1つの場所でたくさんの山野草を見たいという方!

山に行ったけど、花の名前がわからない、知りたいという方!オススメです。

花月から車で約10分ちょっと。『野の花館』さんへ!

~こちらは『大山蓮華』~



店内は古民家を移築した造りになっております。
そこにたくさんの山野草。外山康雄先生の書かれた水彩画の野の花をお楽しみ頂けます。
絵と一緒に本物のお花も展示してあるから倍楽しめます!!
見たままの等身大の山野草は可愛くて可憐です。
お花屋さんのお花のように派手さや艶やかさないかもしれないけど、素朴でかわいい。


作品は常に70点ほどあります。
その中でも私が好きなお花を選んでみました。

まずは、『姫さゆり』
この花を見ると大河ドラマ天地人を思い出しちゃいます。
淀の方が姫さゆりをこの部屋いっぱいにと上杉景勝の正室菊姫が越後よりたくさんの姫さゆりを
届けさせて大坂城の一室をお花だらけにしたことがありました。



『ニッコウキスゲ』
佐渡や尾瀬の群生を思い出しますが、1輪もリン!として素敵ですね。



『毛無藪手毬』
よく山で見かけます。名前がわからなくてこちらで教えてもらいました。



『射干』
今、花月で一番生けてあるお花。新しい花がたくさん次々の出てくるんですよ。



『姫射干』
このタイプのものは初めて見ました。むらさきもかわいらしい。



『谷空木』
こちらのお花は、国道17号線を走っていると一番見かけるかもしれません。
(湯沢から南魚沼市に入る赤坂や17号に入る前のGALA駅の脇の道にびっちりあります)
おうちにもって帰ると家が火事になると言われてるお花です。本当かな??



『山法師』
こちらも山でよく見かけますね。お花がたくさん寄り添っている姿を見ます。



『紫蘭』
花月の庭にもよく咲きます。これから咲き始めます。
これも名前がわかりませんでしたが、こちらで教えてもらいました。
飾ると強くてけっこう長持ちします。



こちらの野の花館さんでは、コーヒー付なんですよ。
コーヒー、紅茶、抹茶入り緑茶、梅こぶ茶からお好きなものをお選び頂けます。
お茶しながらのギャラリー鑑賞ってなかなかないですよね。
しかもお気づきでしょうか?写真も撮っていいですよ。



コーヒーを頂きながら、あれ?テーブルに四つ葉のクローバー発見。
幸せになれそうです。3つもある~。



グッツもいろいろありますが、私が気になったのはこちらの3点。
御猪口、
小どんぶり
グラス。

どちらも素敵~。お土産にいかがでしょうか?





ロックグラス~欲しいな~。。これでお水飲んだらもっとおいしくなりそう~。
お酒が飲めないんです。。



最後に館内以外にもお花が見られるんですよ。
外にはお花畑があって、こちらでニッコウキスゲと翁草をゲット!



『外山康雄 野の花館』
花月より車で10分ちょっと。
http://www.toyama-yasuo.jp/







Last updated  2017.05.24 09:48:23
コメント(0) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.