369644 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しょうちゃん堂読書日記

しょうちゃん堂読書日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

しょうちゃん堂

しょうちゃん堂

Favorite Blog

888,888人のぞろ目失… New! 山田真哉さん

▲改善点、意見などは… New! 月いちさん

岸田首相謝罪 博多の行政書士さん

子供すごいな2 にわとりのあたまさん

超絶繁忙期が過ぎる… かずさのサムライさん

   日々の感想 … 行政書士 Hgさん
  30代で自分の… 走る現場監督はせがわさん
carpe diem -今日を… 百papaさん
足立区の社労士&行… サムライよっちゃんさん
行政書士として、新… なすびとうさんさん

Comments

しょうちゃん堂@ Re:行政法(07/04) 許認可&相続の山崎事務所@藤沢さん コ…
許認可&相続の山崎事務所@藤沢@ Re:行政法(07/04)  私も中央大学法学部政治学科卒ですが。…
しょうちゃん堂@ エムアウト 事業開発グループさん >ご感想ありがとうございました。 >貴…
エムアウト 事業開発グループ@ ご感想ありがとうございます! ご感想ありがとうございました。 貴重な…

Category

Archives

2024.07
2024.06
2024.05
2024.04
2024.03

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2016.05.01
XML
テーマ:心理学(971)
カテゴリ:心理学


早稲田大学の向後千春先生の『人生の迷いが消えるアドラー心理学のススメ』(技術評論社)を読了。

『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』の岸見一郎先生が哲学者なのに対し、向後千春先生は心理学者。
スキナー、マクレガー、アルバート・エリスなどの心理学者の考え方が多く参照されていて、アドラー心理学の考え方を心理学の流れの中に位置付けようとしている点に、哲学の流れで語る岸見先生の著書との違いを感じる。
アドラーの考え方の中でも「ライフスタイル」を重視していて、それを性格理論「ビッグファイブ」と関係付けているのが特徴。

6章から成っているが、それぞれが1冊の本でも書ききれないくらいのテーマ。
それを、それぞれ20ページ程度にまとめてあるので、どれも消化不良なのが残念。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2016.05.01 10:21:52
コメント(0) | コメントを書く
[心理学] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X