296076 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しょうちゃん堂読書日記

PR

Profile


しょうちゃん堂

Favorite Blog

やまあらし New! にわとりのあたまさん

▲付き合っている5人… New! 月いちさん

禍福は糾える縄の如… New! 行政書士&許認可コンサルタント 山崎事務所さん

なぜ脱サラ起業は絶… 山田真哉さん

Windows10への移行で… かずさのサムライさん

上向き fish5558さん

新年明けましておめ… Genzo1960さん

アカデミックな気分… ビジベンさん

スペースマーケットI… hijiri21さん

   日々の感想 … 行政書士 Hgさん

Comments

しょうちゃん堂@ Re:行政法(07/04) 許認可&相続の山崎事務所@藤沢さん コ…
許認可&相続の山崎事務所@藤沢@ Re:行政法(07/04)  私も中央大学法学部政治学科卒ですが。…
しょうちゃん堂@ エムアウト 事業開発グループさん >ご感想ありがとうございました。 >貴…
エムアウト 事業開発グループ@ ご感想ありがとうございます! ご感想ありがとうございました。 貴重な…

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2019.12.25
XML
テーマ:日本語教育(25)

​庵功雄先生の『やさしい日本語 多文化共生社会へ』(岩波新書)​を読了。

日本語教師養成講座の「日本語教育事情」で、やさしい日本語を取り上げる際の参考に購入しましたが、より幅広い範囲で勉強になりました。

居場所作りのための〈やさしい日本語〉
”移民を受け入れると主張するためには、その前提として、その人が日本社会の中に、日本社会の一員としての「居場所」を見出すことができ、その人が努力すれば、日本人と対等な立場で競争できる基盤が日本社会の中に用意されている、ということでなければならない”

3つの条件
1.初期日本語教育の公的保障のための〈やさしい日本語〉
2.地域社会の共通言語としての〈やさしい日本語〉
​3.地域型初級としての〈やさしい日本語〉

第5章では「障害をもつ人と〈やさしい日本語〉ということで、ろう児と「日本手話」について取り上げられています。​

​”ろう者にとって「日本語」(特に、口頭日本語)は「母語」ではない”(p139)

自分を「普通」と考え、自分と異なるものを「特殊」と見なす考え方を改めない限り、決して「多文化共生社会」は実現しません。それ以前に、成熟した市民社会も実現できないと思います”(p145)

最後に「あとがき」より。
"〈やさしい日本語〉の「やさしい」には「易しい」と「優しい」という2つの意味が含まれています"(p224)







Last updated  2019.12.25 12:56:50
コメント(0) | コメントを書く
[日本語・日本語教育] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.