000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しょうちゃん堂読書日記

PR

X

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

カテゴリ未分類

2020.05.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

シーズン3まで一気に見てしまいました。
これで終わりじゃなかったんですね。
シーズン4が今年秋放送とのこと。
楽しみです。







Last updated  2020.05.19 12:48:21
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.31
カテゴリ:カテゴリ未分類






Last updated  2020.01.05 15:58:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
2017年卒の就職活動が始まりますね。

「どう変わった?就職活動スケジュール」(キャリタス就活2017)

というわけで、メルマガ「士業ブックレビュー」第77号でメルマガ発行人の鹿内先生が取り上げられたのが、こちら。



就活始められる皆さん、頑張ってください。

メルマガのご登録はこちらです。
士業ブックレビュー登録フォーム






Last updated  2016.03.06 11:02:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
メルマガ「士業ブックレビュー」第76号はメルマガ発行人の鹿内先生のご担当。
今回、取り上げられたのはこちら。



僕自身、父が亡くなった時はいろいろ走り回った記憶があります。
こういう本が一冊あると心がまえができますね。

メルマガのご登録はこちらです。
士業ブックレビュー登録フォーム






Last updated  2016.02.23 10:05:04
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
メルマガ「士業ブックレビュー」第74号はメルマガ発行人の鹿内先生のご担当。
今回、取り上げられたのはこちら。
最近、何かと話題の「民泊」について。



メルマガのご登録はこちらです。
士業ブックレビュー登録フォーム






Last updated  2016.02.23 11:24:18
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
著者の椎塚久雄氏が講師をされる
放送大学面接授業「感性メディア科学」を受講予定のため、
参考書になっていた本書を購読。



タイトル「売れる商品は感性工学がある」
は日本語として不自然ですね。
「売れる商品は感性工学ある」か
「売れる商品は感性工学がある」
のどちらかにするべきですが、
「売れる商品は感性工学ある」だと
「売れる商品」=「感性工学」になってしまいますので、
「売れる商品は感性工学がある」とするのが、
もっとも適当なのではないでしょうか。

こういうタイトルが著者の言う「ゆらぎ」「ひっかかり」で、
こうやって「感性」を刺激するのが「感性工学」だそうです。

という感じで内容もかなり「薄い」ですが、
誤字脱字誤植の類が多く、作り方も「雑」です。
こういう適当に作ったものを雰囲気で売るのが
「感性工学」ということの実践なんでしょうか。

とりあえず、この本を読んで授業を受ける気は失せましたが、
卒業単位を満たすには、この面接授業で
基礎科目1単位をとることが必要なので、
なんとか出席だけはしたいと思います。






Last updated  2014.04.10 17:51:26
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年、放送大学で卒業研究を履修する予定なので、購入。
以前、放送大学のFacebookページで卒業研究が話題になったとき、薦める方がいらっしゃったのを思い出し、こちらを選択しました。



「はじめに」で著者が言うとおり、「レポートと卒業論文の書き方についてのマニュアル」です。
「マニュアル」ですから、本当に役に立つかどうかは、実際に卒業研究の報告書を書きながら、使ってみないと分りません。
でも、とりあえず、どこから手をつけて、どう進めて行けばいいかの見通しはつきました。
それだけでも、十分、買ってよかったと思います。

今年一年、常に手元に置いてフル活用したいと思います。






Last updated  2014.01.02 10:45:27
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
「社会福祉士・ソーシャルワーカー・ケアマネジャー、介護福祉士・ホームヘルパー・介護スタッフ、各種相談員・支援員」などの福祉職や「士業やコーチ、カウンセラー等」の「対人援助職」の相談対応について解説した入門書。



「相談力」という切り口の本はあまり見たことがないので、興味深かったです。
ただ、読者対象を「相談に対応する全ての人」を対象にしているため、話の内容がどうしても抽象的で、読めば分かった気にはなるけど、実際に対応する時には、これだけでは動けないように思います。
自分が普段行っている相談を自分で振り返ってチェックするのには良い本ではないかと思います。






Last updated  2013.09.19 15:27:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.16
テーマ:心理学(922)
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月から、放送大学の教養学部心理と教育コースに編入して、
心理学の勉強をはじめました。
で、まずは基礎科目のこちらのテキストを通読。
↓↓↓↓↓


教育学・心理学・臨床心理学の
「それぞれの学問領域の共通性と独自性、そして研究交流の可能性」
を考えてみる試みとのことです。

テキストは教育学・心理学・臨床心理学、
それぞれ、バラバラに簡単に紹介されているだけという印象で
ちょっと物足りなかったですが、第1回目の放送講義での
三人の先生方のやり取りはとても興味深かったです。
まだ、講義を受講したのは二回だけですが、この後が楽しみです。
特に、最後の講義でまた三人の先生方が揃われるようなので、
楽しみに勉強したいと思います。







Last updated  2012.04.20 23:51:27
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
もともとあまりない英語力をこれ以上落とさないよう、
少しずつでも英語に触れるようにしようと思い、
昨年11月からJpanTimesの『週刊ST』の購読を始めたのですが、
そのプレゼントコーナーに当選し、いただきました。
↓↓↓↓↓


せっかくなので、一通り勉強してみましたが、
自分の「語彙力」のなさを痛感しました。
取り上げられている「ニュース英語」はもちろん、
例文に出てくる単語も結構知らない単語が多い。

やっぱり、語学は語彙力がポイントだよな、と思いつつ、
別に試験があるわけでもないので、のんびりやりたいと思います。






Last updated  2012.02.16 01:12:52
コメント(0) | コメントを書く

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.