000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しょうちゃん堂読書日記

PR

X

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ドラマ・映画原作

2020.05.19
XML
カテゴリ:ドラマ・映画原作

TVアニメ版に続いて、劇場版。
TVアニメ版の話の続きです。

これって元は小説だったんですね。
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020.05.19 16:05:14
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:ドラマ・映画原作

​​『売国機関』から、同じ原作者のこちらのアニメに来ました。
全12話一気に見てしまいました。面白かったです。








Last updated  2020.05.19 14:04:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.17
カテゴリ:ドラマ・映画原作



続けてSeason2。

​​​​​​​​​​​​​​​​







Last updated  2020.05.18 11:12:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.16
カテゴリ:ドラマ・映画原作


続いて、アニメ版のSeason1を視聴。
あのマフラーには、そういう意味があったのか。
ただ「彼氏に貰った思い出のマフラー」じゃないのね。

​​






Last updated  2020.05.17 11:50:42
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ドラマ・映画原作

続いて後編も視聴。
出てる役者さんは意外に豪華。
石原さとのキャラがぶっ飛んでて面白い。
三浦春馬と三浦貴大はドラマ『TWO WEEKS』でも敵対する役だったよね。


【新品】進撃の巨人 (1-31巻 最新刊) 全巻セット






Last updated  2020.05.17 01:56:15
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.15
カテゴリ:ドラマ・映画原作

実写版『進撃の巨人』を視聴。
Amazonのレビュー等を見るとボロカス書かれてるけど、それほど酷くはなかった。
原作もアニメも人気があったみたいだから、好きな人からすると受け入れられないんだろうな。
僕は原作も読んでないし、アニメも深夜にやってたのをたまたま二・三回みただけで、思い入れなく見れたので、そこそこ楽しめました。
わざわざ映画館まで行って見てたら、もっと批判的になってたかもしれませんが。


【新品】進撃の巨人 (1-31巻 最新刊) 全巻セット






Last updated  2020.05.17 00:59:40
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.12
カテゴリ:ドラマ・映画原作


今日は奥さんと『重力ピエロ』を鑑賞。
なかなかいい映画でした。

岡田将生さんは、顔の感じが今とかなり違いますね。
髪型のせいかな。

吉高由里子さん演じる「夏子」がいい味出てる。
少年時代の「春」役で北村匠海さんが出てました。

原作は伊坂幸太郎さん。
​僕は『ゴールデンスランバー』くらいしか読んだことないけど、奥さんが好きな作家の一人です。
​この『重力ピエロ』も読んだことがあるようですが、映画も楽しんでいました。







Last updated  2020.05.12 23:55:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.10
カテゴリ:ドラマ・映画原作


今日はたまたま見付けた『忘れないと誓ったぼくがいた』を視聴。
「会った人の記憶から消えてしまう」って怖いなぁ。

原作は平山瑞穂さんの小説。






Last updated  2020.05.12 22:14:30
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.09
カテゴリ:ドラマ・映画原作


映画『3D彼女 リアルガール』を見ました。
あまりいろいろ考えずに楽しめる作品でした。

原作はマンガで、アニメ化もされているようです。

【中古】3D彼女 <全12巻セット> / 那波マオ(コミックセット)






Last updated  2020.05.12 21:49:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.07
カテゴリ:ドラマ・映画原作
試写会で『わが母の記』を見てきました。
↓↓↓↓↓
『わが母の記』公式サイト

なかなかいい映画でした。
映画を見て、自分の母のこと、家族のこと、
ちょっと、しみじみしちゃったり。

でも、テーマとしては重くなりそうな話ですが、
樹木希林さん、役所広司さんの軽妙な演技のおかげで、
暗くならず軽快な感じで、楽しんで見ることができます。
実際、会場では何回も笑いが起きていました。

ただ、その分「現実はそんなに綺麗ごとじゃないよな」
とも思いました。
子供たちの顔が分らなくなるとか、
同じ話を繰り返すくらいなら、笑うこともできるけど、
実際には、下の世話や失禁した場合の後始末など、笑えないよなぁ。

役所広司さん演じる長男は、一緒に暮らしてないから、
感傷的になってられるけど、多分一番大変だったのは、
一緒に暮らしていた妹夫婦で、
その「現実」は「感傷」どころじゃなかっただろうなぁ。

ま、そんなこと、いろいろ考えさせてくれたところも含めて、
いい映画だったと思います。

原作は井上靖さんの小説。
↓↓↓↓↓

老いた母を描く三部作の一篇なんですね。






Last updated  2012.02.12 16:33:57
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.