3057662 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

心熱く頭冷ややかに…

PR

プロフィール


shower51

カレンダー

コメント新着

shower51@ Re[1]:晩秋の駒ヶ根高原(11/25) 慶子さん 南木曽は大きい山を越えないと…
山本慶子@ Re:晩秋の駒ヶ根高原(11/25) 駒ヶ根いいとこですね。近くの南木曾まで…
shower51@ Re[1]:中山道、馬籠宿→妻籠宿を歩く(10/30) 慶子さん 間違いとわかりましたので、ケ…
山本慶子@ Re:中山道、馬籠宿→妻籠宿を歩く(10/30) 人の名前を間違えるなんてどうも失礼しま…
shower51@ Re[1]:中山道、馬籠宿→妻籠宿を歩く(10/30) 慶子さん syouwaって私のことですか? 違…

お気に入りブログ

BONJUOR! レラ49さん
Thank You For Every… 源 悟朗(ヨッシーの大冒険)さん
こひつじ的生活~羊… kohitsuji4358さん
A flower of sorrow sakumajyuriさん
まいぺんらい・・・ らいばあさん
健康大好きブログ わうわう1012さん
ダイエットかあちゃ… かあちゃん(^^)さん

サイド自由欄

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

October 30, 2020
XML
カテゴリ:自然の中で
ずっと行きたいと思っていた中山道ハイキング~

秋の天気の良い今日を選んで、友人のM美さんと一緒に行ってきました。

下道は時間かかりそうなので、中津川まで高速で行って馬籠へ~


馬籠→妻籠か、妻籠→馬籠、どちらのコースが良いか調べると

馬籠の駐車場が無料なことや人気なのが馬籠→妻籠(下りが多い)とわかり、

馬籠に車を置いて、馬籠→妻籠と9km歩いて、妻籠からバスで戻ってくることに決めました。


馬籠峠を越えるのは、思っていたよりずっとハードな登山のようなコースでした。

毎朝ウォーキングしてる私達にも、結構きつかったですよ~

↓のパンフのお元気コースっていうのですね。



馬籠宿の中もずっと登り坂





馬籠は島崎藤村の生家があり、本陣で庄屋。

妻籠には藤村の母の生家があり、やはり本陣で庄屋。

馬籠も妻籠も島崎一族の村だったんですね。

↓ 藤村記念館。

showerは、若い頃に「破壊」も「夜明け前」も読んだので、そのルーツに触れることができました。



歩き始めるとすぐに見晴らし台。

恵那山も、色づいた山々も見えて絶景でした。




ここからは、岩場が多かったです。

時々国道に出たり山道に入ったりを繰り返しながら、旧中山道を歩きます。



↓ 馬籠峠。

ここまで登りがきつかったのに、まだ2.2kmしか歩いていないのか~とガッカリ。




↓ 峠の無料休憩所「一石栃立場茶屋」

お茶をいただき、足を休めました。

半分すぎて後は下りばかりだよ、とオジサンに教えていただきましたが…ここから長かったですよ。




男滝女滝(おだきめだき)にも足を延ばしました。

男滝は流量が多くて、豪快な滝でした。




↓ 妻籠に到着~

その手前の大妻籠で、まさかのきつい上り坂がありましたよ。



馬籠より妻籠の方が規模が大きいのですが、閉まっている店が多くて、やや寂れた感じ。

中津川市に合併した馬籠の方が観光化されて、お金かけてる感じ。

南木曽町頑張れ~と思ってしまいました。






「藤乙」でお蕎麦をいただく。

頼んですぐ出てきたので、本格的なお蕎麦ではなかったけれど、お腹ペコペコだったし、足を休めたかったので、生き返りました。



お蕎麦じゃ足りなくて、沢山並んでいた栗きんとん屋さんの1つに入って、あんみつをいただく。

我が家の辺りは甘味屋さんがないので、東京出身のM美さん&showerはいつも物足りないのです。

本当は栗菓子をいただくのが筋だと思ったけれど、あんみつが食べたかった~



妻籠の本陣。(藤村の母の生家)

こちらは復元で、脇本陣はそのまま残っているので国の重文だそうです。

私達はバスの時間があるので、本陣だけ見学しました。



そして、本数少ないバスの最終が14:20分なので、なんとかそれに乗って馬籠に戻りました。

馬籠で、木曽に来たらやっぱり五平餅を食べなくちゃ~と~

「かなめ屋」さんという店でいただきました。

食べ過ぎだけど、万歩計は2万歩を超えていたのでよしとしましたよ。



大変だったけれど満足しましたよ~

そろそろ膝の痛みが気になる年齢の私達、今だから歩けたのだと思います。

M美さん、いつも付き合ってくれてありがとう~






最終更新日  October 30, 2020 12:37:10 AM
コメント(4) | コメントを書く
[自然の中で] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.