1090802 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

灯台

~ スピリチュアル・ヒーリング ~

【 2 】


サ  ラ  金  の  取  り  立  て  に
追  わ  れ  蒸  発  す  る


い  ち  枚  の  葉  か  ら  雫  が
す  べ  る  胸  の  お  く


し  ず  か  な  雪  原  の  記  憶
光  と  影  の  き  ず  な


ゆ  う  や  け  こ  や  け  雫  が
す  べ  る  胸  の  お  く


【 3 】


日  ご  と  う  し  な  わ
れ  て  ゆ  く  道

 
  ○


昨  日  の  た  め  に  こ
ぼ  し  た  涙  だ


  ○


プ  ラ  ス  チ  ッ  ク  と
ポ  リ  エ  チ  レ  ン


  ○


汗  の  に  お  い  が  し
な  い  ビ  ニ  ー  ル


  ○


む  べ  な  る  か  な  !
む  べ  な  る  か  な


  ○


昨  日  の  た  め  に  こ
ぼ  し  た  涙  だ


【 7 】


彼  女  は  酔  う  と
テ  ン  シ  ョ  ン  が
あ  が  る


  ○


ス  ー  パ  ー  
マ  ー  ケ  ッ  ト  で  み  る
普  段  着


  ○


立  ち  襟  を  た  て  た
ま  ま  歩  る  く
セ  ン  ス  で


  ○


だ  れ  も  が  う  ま  れ
て  き  た  空  を
す  ぎ  て  ゆ  く


  ○


風  で  折  れ  た  枝  に
か  な  し  み  の
す  む  錘  に  か  え  て


  ○


愛  の  名  前  を  さ  が
す  姿  に  人  は
歩  き  出  す


  ○


眠  り  に  就  く  眼  を
あ  け  た  ま  ま
の  し  あ  わ  せ  を


  ○


思  い  出  せ  な  い  空
の  い  ろ  君  
の  記  憶  を


  ○


あ  の  日  と  お  な  じ
風  の  に  お  い
が  つ  む  い  で  ゆ  く


  ○


た  っ  た  ひ  と  り  の
ひ  と  の  癖  と
皆  に  あ  る  べ  き  姿  で


【 8 】


消  え  な  い  傷
わ  す  れ  な  い  痛  み
こ  と  ば  に  
で  き  な  く  て


  ○


言  い  訳  す  る  
よ  う  な  愛  し  方  な  ら
気  が  楽  だ  ね
誰  を  抱  い  て  も


  ○


び  り  っ  と  勢  い  よ  く
や  ぶ  る  メ  モ  帳
の  頁  だ  け  が
お  ぼ  え  て  い  る  恋


  ○


指  さ  き  を  し  び  れ
さ  せ  た  文  字  ペ  ン  先  の  
に  じ  ん  だ  い  う  こ  と  を
き  か  な  い  箇  所


  ○


ひ  と  つ  の  嘘  の
た  め  に  傷  つ  く  恋  人
あ  の  時  ど  う  し  て
と  つ  ぶ  や  く  恋  人


  ○


ど  う  し  て  そ  ん  な  に
強  く  相  手  を  想  え  た
ん  だ  ろ  う  ?  恋  を  
し  て  い  た  ん  だ  ろ  う


  ○


つ  ぐ  な  う  術  も  な  い
恋  の  背  中  に
い  ま  は  ち  い  さ  な
入  江  が  み  え  る


  ○


泣  き  続  け  た  恋  に
虹  の  ス  ケ  ッ  チ
い  ま  も  愛  し  た  か  っ  た
入  江  が  み  え  る


  ○


だ  れ  か  を  深  く  
傷  つ  け  た  そ  れ  な  の  に
船  首  は  南  へ  
島  を  か  す  め  
消  え  て  ゆ  く


  ○


消  え  な  い  傷
わ  す  れ  な  い  痛  み
こ  と  ば  に  
で  き  な  く  て


  ○


ヴ  ェ  ラ  ン  ダ  か  ら
雨  上  が  り  の  庭  を  み  る
濡  れ  た  木  々  の  葉  さ  き
は  ま  る  く  
ど  こ  か  悲  し  い


【 9 】


どんな歴史がわたしたちをつつんだのだろう?
   いうがよい! どんなて酷いやり口であなたが宝をこばんだか。


乳をすっていたくちにどんなけし去りえないあし跡がのこったか
   なみをきる石があったか ものやわらかな波のいらえがあったか


いきながらきえてゆく薫 せいれいの名のもとにきえてゆく踊り
   ゆたかな耳をくだってゆく かみの姿がふかくひそみ


かつてこの魂にあったものはこのやねをしずかに歩む
   うしなわれた歴史 かずかずの民 せかいのまあたらしい調和


しこうのはてにあたえられた まぶしくかがやく秘密
   わたしの裡に わたしのうまれた源に とじたまぶたの裏に


かくされた死者のようにわたしはよいつかれねむる
   火と水がたわむれ 木と土がたわむれ おおいなる金はかがやく


わたしはひそやかな変化をあいしつづけてきた
   ききなれたことば かけがえのないものからつながれてゆく唇を


はかないけむりがやせこけてゆくわたしの?にみえしとき
   もえるものなきほのおに うまれくる風が ああ 迸りでよう!


【 10 】アフリーカンス語の翻訳機


○本当に大切なものは何かと思う
 本当に生きている瞬間ってどこにあるのかって思う
 感じてみなきゃわからないんだ
 けど 僕等の心は鈍くてしょうがない

×私は本当に重要だと思う
 ここで私は本当に大切な何かを行うまでの時間です
 私Minakya分からない感じる
 私の考えと私はゆっくり揺れていた

△Ek dink dat daar iets is werklik belangrik
 Ek Waar is die tyd om iets te doen regtig lewe
 Ek voel ek weet nie Minakya nie
 My gedagtes en ek was met 'n slap beslag gel?

○そこで人生が始まるのかって思う
 ルーレット回せるのかって思う
 愛すべき人たちに囲まれたどうしようもねえ暮らし
 いまさら それを嘆くでもないが

×だから私は人生に何かを開始すると思う
 あなたルーレットの回Seruどう思う
 人生を愛する人々と一緒に、周囲にタフな
 これは、後半には約1時間恨みごとされていません

△So ek dink die lewe begin om iets te doen
 Wat jy dink van roulette回Seru
 Die lewe se moeilike om deur mense liefdevol met mekaar omring word
 Dit is nie 'n klaaglied oor die laat uur

○豚だ ! なんにもしねえで
 飯喰ってる豚がスーツを着てる
 おえらい顔の内側はよ ぶよぶよ肥えて
 ほんとうにこれが肥溜めかとオチをつけたくなる

×豚!言わずShinee
 私は、ブタのスーツ喰津コメです
 あなたが平手打ち内の経験豊富な地獄がそれに直面
 Tsuketaku行は、これが本当に私溜肥はパンチ

△Vark! Die Iwazuni Shinee
 Ek is 'n vark pak喰Tsu rys
 Jy is 'n ervare hel binnekant slap face it
 Tsuketaku 'n clou dat dit werklik wat肥溜Me

○豚め ! 恥知らずな笑みうかべやがって
 ほんとうに醜い反吐がでるような言い訳をしやがって
 そう 豚め 多汗症の脂べとべと 
 おまえ そうとう ふてえ野郎だ

×私豚!恥知らずな笑顔としたいUkabe
 ている言い訳反吐デュルウことは本当に醜悪されていません
 付箋豚肉の脂肪のように私多汗症
 メール背教のご主人の急進的な

△Me Vark! Skaamtelose glimlag en wil Ukabe
 Gedoen het om 'n verskoning反吐Deru is regtig lelik nie
 Sticky spekvet sodat hyperhidrose Me
 E afvalligheid jou man se radikale

○豚よ ! おまえは一生養豚場にいろ
 だれにも期待されることなくブランドをつけられろ
 いつまでも甘い汁をすすらせてもらえ
 おお 豚よ おまえのために大地がしずむ

×あなたのブタ!あなたは豚の農場生活IROのです
 Rareroなく誰でもすることが期待されて
 永遠Susura良いことを気にしない
 私があなたのための地球図書館豚の憂うつ

△Jou vark! Jy is 'n vark plaas lewe Iro
 Rarero sonder dat hulle verwag word om die merk aan enigiemand
 Jy dit nie erg 'n goeie ding is nie vir ewig Susura
 Ek voel depressief wanneer die aarde vir jou O vark


◎ほんとうに大切なものは何かとおもう
 本当に重要だと思う
 ほんとうに生きている瞬間ってどこにあるのかって
 感じてみなきゃわからないから感じる
 けど 心は鈍くてしょうがない !
 そして考えがブランコのようにゆっくり揺れてる

 そこで人生が始まるのかって思う
 人生のスロットルは何処?
 あなた どう想う ? いまさらそれを嘆くでもないが
 恨みごとがルーレットのように脳内をまわる
 そしていつからだろう この転回に期待しなくなったのは
 そして考えがブランコのようにゆっくり揺れてる

 豚だ ! 平手打ちがみせる経験豊富な地獄
 軍隊直輸入 たるみきった贅肉に教官はみるなり唾
 おまえらはぶよぶよ肥えてる
 そして成人病予備軍をみわたして 肥溜
 豚め ! 豚め ! 豚め !
 そして考えがブランコのようにゆっくり揺れてる

 この豚野郎ども ウンコをまきちらしやがって
 付箋豚肉 言い訳に反吐 多汗症の脂べとべと
 急進的な思想のまえで 教官は背教者らに愛の鞭をくれる
 泣き出す豚 わめく豚 ぶうぶうにふくれてもまだなく豚
 ここは豚の農場生活! 地球図書館豚のユウユツ
 そして考えがブランコのようにゆっくり揺れてる

 誰でもすることが期待されてヒーローになって
 こいつらは良いことを期待しないので
 スーパーマンのモウそう ! どうなってんだ 豚
 そしてブランコがやけにぎしぎしと軋み始める
 そしてあやうい一瞬 ぷつんと音が聞きとれただろうか
 おお 豚 ! ブランコはアツという間に壊れた


【 11 】


 ひ  と  み
 ま  ぶ  た
 し  め  っ  た  ま  つ  げ

 は  な
 は  な  げ
 ぬ  ら  ぬ  ら  は  な  ぢ

 か  ぎ
 と  び  ら
 た  ま  し  い  の  こ  え

 あ  ゆ  み
 こ  う  た  い
 た  ち  ど  ま  れ  ぬ  !


  ※ ※ ※


くさをくらう―――くさをくらう―――くさをくらい
駆けながらしかも 駆けながらしかも


  ※ ※ ※


 ながい時を費やして、苦痛のあまさを知ることができるという。こころのなかに浸透してゆく流れに身をまかせる。餌がある。血だ! そこに蛆虫がはいまわり、鮫が乱杭歯をもって、あたらしい死者のささげものをかんじる。そしてある時、気付く。いまわたしは好物の肉にされている、と。頭蓋さえもひしゃげられたスッポンのようにされている、と。そしてあらゆる肉体のエロスとでもいうべき凝縮されたエキスを、ごくごくと飲みはじめる者たち。ああ、わたしはベジタリアンではない!


  ※ ※ ※


 たるんでゆくのが老いだとするのならば
 老いさらばえるのは血のよごれか
 矢のように帆をはってきたいくつもの季節のダイアリー
 しかしいまは露にぬれた野いちごがなつかしい


  ※ ※ ※


 ひ  と  み
 ま  ぶ  た
 し  め  っ  た  ま  つ  げ

 は  な
 は  な  げ
 ぬ  ら  ぬ  ら  は  な  ぢ

 か  ぎ
 と  び  ら
 た  ま  し  い  の  こ  え

 あ  ゆ  み
 こ  う  た  い
 た  ち  ど  ま  れ  ぬ  !


【 15 】


よ  み  ち  を

あ  る  い  て  い  る  と

こ  ん  な  

よ  る  お  そ  く  だ  と

い  う  の  に

ま  だ  あ  か  り  が

と  も  っ  て  い  る


き  ょ  う  か  い  の

す  て  ん  ど  ぐ  ら  す

の  よ  う  な  ま  ど  が

い  ん  し  ょ  う  て  き

だ  っ  た  い  ま  し  が  た

こ  う  ち  ゃ  を

か  っ  て  か  え  る

よ  み  ち


【 17 】


あ  さ  に  な  る  と

か  べ  が  そ  そ  り  た  つ

し  ろ  い  ぬ  の  で

あ  さ  が  や  っ  て

き  た  よ  う  に

ち  ょ  う  が  や  す  ん  で

い  る  こ  の  へ  や


【 19 】


あ  ま  く  こ  ぼ  れ  お  ち  る
く  す  ん  だ  薔  薇  い  ろ
の  廃  園  に
し  と  や  か  な
バ  ラ  ー  ド  を
捧  げ  よ  う


わ  か  く  て  は  ち  き  れ
そ  う  な  唇  の  ゴ  ム
の  ま  え  で
あ  ら  ゆ  る  色  は  悠  長  で 
張  り  も  な  い
け  だ  る  い
も  の  う  げ  な  も  の


う  っ  と  り  と  
見  惚  れ  て  い  る
あ  の  日  の  恋  人  は
あ  わ  い  予  言  を  
う  け  い  れ  る
永  劫  に  ひ  と  し  い 孤  独  を


で  も  ね  え  泣  か  な  い  よ  
ほ  ん  と  う  に
愛  す  る  人  に
め  ぐ  り  あ  え  た
い  つ  だ  っ  て  
い  ま  だ  っ  て
わ  た  し  は  


あ  な  た  の  も  の
て  ら  て  ら  と
水  に  ぬ  れ  た  瞼  毛  
う  つ  く  し  い
う  ま  れ  た  ま  ま  の
あ  た  た  か  さ  が


ま  ぶ  し  く  て  
だ  か  ら  嘴  が  あ  る  よ
内  部  に  は  麻  酔  が  う  た  れ
魂  は  象  に  な  る
あ  の  黄  昏  の  チ  ェ  ス  盤
の  瞬  間  の  と  き  め  き


な  に  も  か  も  に
満  た  さ  れ  て  
い  る  か  ら  こ  そ  孤  独  で
そ  し  て  た  ぶ  ん
君  も  同  じ  よ  う  に  孤  独  で
た  ま  ら  な  か  っ  た


あ  あ  あ  ま  く  こ  ぼ  れ  お  ち  る
く  す  ん  だ  薔  薇  い  ろ
の  廃  園  に
し  と  や  か  な
バ  ラ  ー  ド  を
捧  げ  よ  う


い  つ  か  僕  は  知  っ  た
傍  に  い  る  人  が  つ  ね  に
遠  く  に  い  た  こ  と  を
糸  に  あ  や  つ  ら  れ  て  な  に  か
ふ  し  ぎ  な  こ  と  を
思  い  出  し  そ  う  で
こ  わ  か  っ  た  こ  と  を


あ  れ  か  ら  何  度  も  そ  の
場  面  を  訪  れ  た
や  が  て  心  さ  え  も
見  透  か  せ  る  ほ  ど  に
な  っ  た  こ  ろ  
は  じ  め  て  知  っ  た  !
時  が  止  ま  っ  て  い  た  と


あ  あ  あ  ま  く  こ  ぼ  れ  お  ち  る
く  す  ん  だ  薔  薇  い  ろ
の  廃  園  に
し  と  や  か  な
バ  ラ  ー  ド  を
捧  げ  よ  う


【 21 】


し  ち  む  ず  か  し  い
こ  と  を  か  ん  が  え  て  い  た
こ  の  ご  ろ  や  け  に
か  た  が  こ  る
そ  ん  な  あ  る  ひ


み  て  し  ま  っ  た  の  だ
ぶ  ら  り  ぶ  ら  り  と
た  び  を  す  る  な  ま  く  び
か  ん  が  え  ご  と  を
す  る  ぶ  ん  だ  け  の  び  る  く  び  を


か  ぜ  が  ふ  く  た  び
た  こ  の  よ  う  に
ぱ  た  ぱ  た  す  る  !  あ  あ
い  と  の  た  ぐ  り  を
ぼ  く  は  ま  っ  て  る


や  せ  ほ  そ  っ  て  ゆ  か  な  い
ふ  し  ぎ  な  せ  ん  い  が
ど  こ  ま  で  も  の  び  て  ゆ  く
い  つ  か  ふ  ま  れ  て  も
だ  い  じ  ょ  う  ぶ  !


そ  れ  は  ち  い  さ  な
き  ず  に  も  な  り  は  し  な  い
あ  あ  こ  こ  ろ  の  は  だ  よ
う  る  お  え  !  わ  ら  え  
く  っ  し  ん  を  せ  よ


な  ぜ  く  び  は  の  び  る  の  だ
さ  ら  に  も  ら  れ  た
か  な  し  み  の  よ  う  に
あ  あ  だ  が  め  を  あ  わ  せ  よ
な  さ  け  な  い  し  ょ  う  て  ん  と


し  ち  む  ず  か  し  い
こ  と  を  か  ん  が  え  て  い  た
こ  の  ご  ろ  や  け  に
か  た  が  こ  る
そ  ん  な  こ  の  ご  ろ


【 22 】


ちいさな音がありまし た

おおきな音 が

どこかでみつかり 

まし た !



ち いさ な 音

かぼそく て

耳のうしろのよう な

すきとお る 春



お お きな 音

は知るでしょ う

あおいかなしみを

とおりすぎたことばを



ふれなけれ ば

ひらかれなかった扉 の

その前 でしろ毛

のうさぎが蹲る



におい袋のような

やさしいくちば し で

その おどおど を

愛して る



とうめいな魚 は

うつくしい水の証拠です

宝石箱 の 

みすぼらしい宝石 は



そんな うつくし い

たわむれ のひと つ

やわらか に

ほのぼの す る 春



ちいさな音がありまし た

おおきな音 が

どこかでみつかり 

まし た !


【 23 】


肩をすぼめて首だけこちらに向ける彼女

待ち合わせはいつだって気を遣う

へーい 彼女 お茶でも一杯どう?

こんな時にふるいナンパの手口で

茶化したくなるのは

そう ! 呆れさせたくなるのは

まわりに注目させたいからだろうか

なんてったって 美人 !

いろのない こえのない かたちのない

息をなげかわす

かすかにしめりつ

でもねえ うすあおい影につつまれた世界に

糸をひいたようにキュンとある心臓が

さいこうの御褒美なのかも―――



大通りには蜘蛛のようにきずつけられた

ひと達でごった返している

眼をつむるたびに だれかの肉声がきこえてきて

ほのかに汗ばんできてしまう始末

僕はいつでも誰かの悪いものを受け入れてしまう

まだらの街路樹が

ときたまに面紗のつつしみを見せるのは

なにもくろい服を着ているだけではない

でも ! いまはぬるま湯 

ふっと笑えることがある

いろがある こえがある かたちがある

唇はうながす

人を想う気持ちが充ちてく

ぬるぬるとした恋のオーラがぼんやりと



噴霧器のように 

噴水のかるいみず飛沫のように

うしなわれた情景のいくつもいくつもを

僕に思い出させる ! わすれたこと

わすれられないことが 本当に遠くから

呼び声のように におうように 

そう 移り香のように僕をあたためる

コートをひらいた明るい赤いシャツ

くろいマフラーを首にまきつけて

ぶきようそうな八重歯を覗かせる

だいじょう ぶ ? だからいいのだ

いまは ねむりながら歩いていける

太陽のようなあなたの声

ささやきをこもらせる癖



そのどれもが愛しい恋は朝のそよ風

ただ時々 涙だけが流れた―――

じっと見つめ返すと ふたりに

羞らひや 祈りのなかにしずむ

でっかい蝙蝠があらわれて

なんだか夜の光を浴びながら上向いて歩く

街灯をナイフに感じるように

さっと 相手にきらわれてしまうような

そっと こころ沁み入る瞬間の動作で

ふたりは眼をはなしてしまう

でもその時に想いの裏地がみえて

ぎゅっと手を握りしめる

そんな時は呼吸なんかすべて溶けて

河原の雲雀の声のようになる



へーい 彼女 お茶でも一杯どう?

だからそんな時はちゃんと笑ってほしい

ねえ だから ちゃんと覗いてね

こころの奥深くまで

その人の瞳に会いに行く

わすれないで よろこびにふるえながら

かすかに手のひらくのを待っていたことを

わすれないで 秋の陽だまりに

糸くずが髪にひっかかっていたことを

それを指摘されて 照れた顔をうかべたこと

過去はきっと木の葉のように

枝からわかれてゆく旅びと

とおいとおい波のような

ひかりのはてしない声がきこえる


【 26 】


 すわ火事だ。耳にする時、青く濁る、こだま。消防車のサイレンがひびいた。演奏がはじまった。曲がすすんでゆくとトイレに立ちあがるひと達が続出した。ご時世ですな! 放火・たばこ・コンロ・たき火の四項目をくわえながら曲が進んだ。聴衆は煙に酔った。さも霧によって視界難航とばかり身動きしなかった。たまねぎを包丁で刻んだ。二四時間の三六五日のなかでもひときわ目立つほど素直におそろしいという感情に酔っていた。ゴキブリという名の余白の効果さえおもわなかった。いま、そのがさがさという濁った音がひと冬を越すべき小枝の葉をふるっているのだ。砂漠の渦を巻き、地響きを立てて、ピエロが玉乗りをして足もとがあやうくなったようなポーズ・妊娠中に火事を見ると赤い痣のある子供が生まれるという迷信・倒壊がつげられた瞬間、みな、建前をわすれてじぶんではなくて本当によかったと胸を撫で下ろしていた。やがてとぎれとぎれに安否を気遣う者、咆哮をあげる怪物にニヤニヤ笑みをもらす者、火の精霊サラマンダーを想う者。なかには気が狂ったようにシャッターをおしつづける者もいる。ああ、酔いは酒のせいではなく飲み手のせい、というのはいったい誰の至言であったろう。真っ黒な風の壁に軽薄な印象をあたえる渡り鳥。とうに中身がなくなった比喩である。冬だ!


【 27 】


コーラをのむ

タブもあけていないのに飲むのだ

またかたむけて飲まないのだ

手にすら持たないのだから

とうめいな手が添えられている

あるいはもしかしたら

念動力なのかも知れない

鵜呑みにしているのかもしれない

かささぎ君と呼びたい

またコーラというだけで

コーラという保証さえないのだから

これはもう炭酸飲料だという

まじめな保証ひとつない

誇大広告ってこういうことですか

くどすぎるってこういうことですか

コーラのみたいけど

ココアのんでるってことですか

じつはその裏をかいて

なんで裏をかくのかわからないけど

紅茶のむってこういうことですか

わたしは嘘吐きが嫌いだ

なぜならわたしが嘘つきだから



いまわたしの傍らにコーラがある

俗にいうところのラーコだ

煙草の銘柄のラークと関係ない

むろんラッコとはつゆほども

それでもコーラは氷のようにつめたかった

じつは凍っているかもしれないのだ

もしかしたらホットドックしてるぜって

ああ そんなホットな話題も!

いまの時代なにがあるかわからない

どうしてコーラをのむのかもわからない

水を飲めといったら食中毒になる

表情がどんどん険しくなるからすぐわかる

蛇口が琵琶湖からきているにせよ

水道局からやってきているにせよ

やっぱり水は水にちがいないのだ

でもこれはコーラなのだという

コーラには爽快感がある

コーラはむかし壜だった

コーラはわかものの飲みものなのだ

どれも嘘ではない

けれど 蜂の巣をつついたさわぎは

ラーコくんに譲りたい

ではでは しつれい―――


【 28 】


あおくひびくときが

たて琴

知を愛する



耳にするときの

毛糸

わすれないように



箒にのって

碧玉の

うみにとけてゆく月



霧にまよいこんだ

ながれ星も

しっているの ?



しっている の よ

馬のたてがみに

こぼれ染みたいと



どれだけの錘をも

うけとめてきた

風に花びらが散る



光 ! あなたが

たそがれの

雨に投げ入れる



虹 ! あなたが

いなずまのように

駆け廻る



きれいな昆蟲のように

とおくとおくで

息絶えたはずの隕石の



あたらしい病原菌!

ひとつのひそみ

咽喉をくいちぎる狼



毒蛇の噴射

悪夢にうなされる

蛙の冷や汗



ゆたかな音

ゆたかな視点

そしておびただしい



わたしたちの記憶が

深遠な沈黙をひろげて

縫って進んできた証だ



その石もだれかの意志

白やベージュ

みず色のそれも



方程式のように

乳をのむ

赤ん坊



わたしたちは調和を

銀いろの船跡を

遠くしりへに輝かせる



この多彩なてのひらに

どれだけの巨人が

宇宙のひろさを想った!



かなでやすいもの

やさしいもの

そしてわかりやすいもの



永遠にはためかなくても

大陸を吹き抜ける

異国の風とおもう時代に



いずれ宇宙へと

わたし達は旅に出る

そう この石をつれて―――



ああ やさしいものをもとめて

かざりなく

ながれてゆこう



ぷつんと切れた記憶に

やわらかくふれる

ゆびは理解する



光 ! あなたが

たそがれの

雨に投げ入れる



虹 ! あなたが

いなずまのように

駆け廻る



すべてはきっと

この時のために

あった



あおくひびくときが

たて琴

知を愛する


【 31 】


緊張のあとの

弛緩

ほの白く



鼻にかかった声

ぽたん

と笑う



やさしいお別れ

を しました・・・・・・



うち側

に ともった 愛のしるし



それをさがして

いま も 

生きて い ます



知っていたのでしょ う ?

花の谿をすり抜けた

あの透明な すい滴 は



おだやか な 波 

こぼれ た 陽射し の



な かにだけ 

あ る 愛―――



ねえ聴かせ て よ 想った こ と

打ち明け て 

ねえ いま も



素足 のまま な の

こぶし にぎりし めてる の

あおざめた ま ま 



耳ちぎれそう な の ?

超高層ビルディング

街路樹のベンチにすわった



木の葉も内側か ら

昇るものをかんじてる

暗く甘く熟れ―――



ほーっとしながら

疑惑のあと

町のいろがにじむ



きらめく月 あか り で

眼をさま す 鍵盤



いつで も 時をきざ む 

夢の つぼみ



さよなら は 別れ の 

ことばだけ ど



さよなら は 別れ の 

ことばだけ ど



一瞬の平穏とうわべに

きれるようで

きれない 絆



祈っていたんだとおもう

だから裏切られても構わなかった



彷徨っていたんだと思う

そう 意識の深淵へ・・・・・・



怪我から

立ち直ろう と しながら



白いほこりをかぶって

不愛想な 天性 をさぐる



ああ ことば 

は むずかしいです !



ここに たましい

しんぞう の おと・・・・・



ああ その手が小川を

その手が摘みたての

苺をしっている



ぼくらはみんな心臓だから

その名残に

手にうける



懐中電灯には

いつも遊泳している

やさしい滅亡(ほろび)



「男は女の髪を撫でていた

そして女はあまい吐息をもらす



ねむれない夜はいつも

俺がお前のすべてを守った」



鈴なりの樹たちは

飲み込めず語らず

ぼくの額へ―――



「あらゆる肉が蕩けあい

声すらも器楽に転じ



汗はすべての動力源をしらせた

応えるものは呼びかけに失せる」



ふかい悲しみに耐えるが

ふさいでもふさいでも

すぐ破られる



稲妻のうつった窓に

滑走する

ひきこまれるような



ほのぐらい風

草の葉の露

くらい枝のしらべ



緊張のあとの

弛緩

また ひとつ だ―――



目にも止まらぬ速さで

駆けぬけていく

イメェェェェェジ!



がいろじゅ

が ふるえていました



がいとう

が こごえていました



がいろ

が ひびわれていく



目にも止まらぬ速さで

駆けぬけていく

イメェェェェェジ !



「絶頂は幾千億もの間

波打ち際のように音訪れた



魂のいとしい子守歌は

愛を叫び続ける」



ふれくされ ている記憶 に

ほし い のは 自由

桜はいま も 



うつくしく て 

かわら ず

昼過ぎ ま で 



眠っ てたん だ―――

ねえ 話 の 

つづき をしよ う よ



たそがれ の 空 

はとおく て

もがけ ば もがくほ ど 



孤独だっ た !

で も 花びら は 

いまもうつくしい 



真珠 の ま ま 

うつろ いゆ く 声



がいろじゅ

が ふるえていました



おぶじぇ

を みつめていました



たばこ

を ふかしていました



いつで も 時をきざ む 

夢の つぼみ



さよなら は 別れ の 

ことばだけ ど



さよなら は 別れ の 

ことばだけ ど


【 33 】


や  さ  し  さ

が  あ  ふ  れ  て  く  る

贈  り  物


は  る  か  な  と  こ  ろ  で

寄  り  添  う

神  の  影


い  そ  が  し  い  人  に  も

ひ  ま  な  人  に  も

夜  が  あ  た  え  ら  れ  る


こ  の  お  か  し  な  男  に

も  履  物  を  ぬ  ぐ

ゆ  る  や  か  な  時  間  が


あ  た  え  ら  れ

遺  憾  に  な  り  そ  う  な

ぼ  く  の  耳  に


除  夜  の  鐘  !

も  ぞ  も  ぞ  

む  ず  痒  く  な  る  よ  う  な


ご  に  ょ  ご  に  ょ  し  た

子  守  唄  と

夜  光  燈  が  あ  た  え  ら  れ  る


そ  し  て  ア  ロ  マ  の  香  り

加  湿  器  の  ふ  き  あ  げ

な  に  も  き  こ  え  な  い


雪  の  音

ス  キ  ー  板  た  お  れ  て

ぼ  く  の  胸  を  す  べ  る  Y  E  A  R


夜  し  ず  か  に

眠  入  れ  な  い  で  い  る  と

影  絵  や  童  話  や


自  動  車  の  こ  と  ば  か  り

か  ん  が  え  て  し  ま  う  よ

ふ  と  す  る  と  !


ふ  と  す  る  と  君  の  表  情  ※(かお)

が  ち  ら  つ  い  て 

ぱ  ら  ぱ  ら  し  て


瞳  が  あ  っ  ち  ゃ  う  ん  だ

電  燈  を  

ぷ  つ  ん  と  す  る  み  た  い  に


ね  ぇ  さ  み  し  い

虫  の  音  お  ぼ  え  て  る  ?

い  ま  魂  が  降  っ  て  る


そ  っ  と  聴  こ  え  て  く  る

や  さ  し  い  マ  ア  ブ  ル

水  玉  模  様  の  


ク  リ  ス  マ  ス  キ  ャ  ロ  ル

あ  か  い  鼻  の  

ト  ナ  カ  イ


と  お  く  か  ら  

歩  み  寄  っ  て  く  る

や  さ  し  い  挿  話  と


除  夜  の  音  と

門  松  と

月  の  て  る  雪  う  さ  ぎ  た  ち


ま  だ  積  雪  し  て  い  な  い

野  原  に  は

微  笑  み  が  似  合  う


だ  か  ら  宇  宙  に

手  を  か  ざ  し  て 

お  祈  り  を  し  て  み  る  ん  だ


南  の  ま  ど  か  ら  風  を

あ  つ  め  て  !

ぎ  ゅ  う  っ  と  グ  ウ  に


さ  り  げ  な  い  綿  菓  子  

き  ゃ  ん  で  え  の  目  覚  め  

そ  う  し  た  ら


そ  う  し  た  ら

ぼ  く  は  風  見  鶏  で

き  み  は  望  遠  鏡


ど  ん  な  場  所  に  い  て  も

風  の  音  は  か  す  か  で

雪  の  音  だ  け  響  い  て  く  る


指  の  隙  き  間  に

ぼ  ん  や  り  と  明  る  み  が

残  っ  て  じ  ん  わ  り  と


沁  み  出  し  て  く  る

ゆ  き  の  お  と

お  や  す  み  な  さ  い  雪  の  音


来  年  も  再  来  年  も

ど  う  か  よ  ろ  し  く 

末  永  く  よ  ろ  し  く


窓  よ  し  ろ  く  な  れ

あ  あ  ま  っ  し  ろ  い

か  き  氷  に


ひ  と  き  わ  し  ろ  い

ぼ  く  の  聖  歌  よ

子  供  の  頃  に  も  ど  っ  て


空  を  讃  美  し  よ  う

あ  あ  い  と  し  い  

雪  の  音  よ


あ  あ  ゆ  き  の  お  と 

ス  キ  ー  板  た  お  れ  て

ぼ  く  の  胸  を  す  べ  る  Y  E  A  R


 【 37 】


とても悲しい お話 を 読んだあとで

涙に濡れた 眼を かがやかせて



往昔(むかし)のこと が 遠くなった と 憶ふ

そう あれは夢だっ た



どうして独りに なったのかと きかれるが

石の沈黙は 積み上げ られ



曇ってい る 空に 貝殻 の 花は咲くが

晴れ渡れば 象牙の塔



どんな時だっ て 人間なんです ね ?

そう あれも夢だっ た



ねえ なにに気を抜け というの

力をぬいたら パンク してしまう



おもむろ に 花のしめやかな曲調で

種子 は ちょうど 葬送曲



けれ ど 鎮魂歌ではない ん だ

そう あいつも夢だっ た



人生 が 突然 どうしようもなく思えて

昨日のことさ え 懐かしくな る



のうのうと 生きているだけで 許されて

まだ他人を 傷つけるつもり



ああ 僕はなん て センチメンタリスト !

そう それも夢



夢 夢 夢 ・・・・・・

くりかえ し 呟いてい た 宣言(ことば)の裡 に



なに か 得体 の 知れない怪物(モンスター) を

僕 は 抱え込んでい る



情報という名の 迷路 のなか で みずからが

えらんだ 希望を 見出す



それ が 生きるってことなんだっ て

ええ そうです よ って



わかったような台詞 し のばせ て

ああ それ も ! 



中身がない のは 君だって同じなのに

なにを 怖がって いる の



何も見ることがない 聞くことがない

だから 生きるのも 怖くない



嘘だ ! そう 指摘された日に

がらがらくずれてゆく 積み木 のような



かなしすぎる 日々 が

まだ表か 裏かを さぐっている


 【 38 】


仕立てのいいスーツを着て

ジェリーで濡れた前髪を立てて鏡をのぞき込む

手首に香水をふりかける

手の甲にすべらせて首にこすって

かたちのいいグラス

僕はカーテンや窓を気違いのように全部開け放してしまう

換気扇のないこの部屋に

僕以外の僕がいる

でもちょっとしたことだ重荷をすてさることは

充たされることをのぞめ



アパートの向こう側はなにも見えない

電信柱 家屋 カーテン 

そんな感じだ

冷たい雨が

玄関先で仔猫のように鳴いて

いつもと変わらない

この砂漠



ウィスキーの瓶は空のまま

ミニチュア・ガーデン

横になって眠っている



蛍光灯

くらげ型の覆い

光と影の表情に強勢(アクセント)があるから

暗示的な足跡(あしあと)をのこすんだ

心象風景は

砂丘に埋まっている

女や酒やギャンブル



砂 ! 精神領域を指し示す

砕屑物(さいせつぶつ)・悠久の模様・

蟻地獄



その奥底には何かが眠っているよう な

何も眠っていないよう な



僕 ! 棺の中に人骨があるよう な

宝箱のなかに蠍(さそり)や蛇(へび)がはいっているよう な



僕 ! そんな砂の徒労と 底知れぬ希望が

ファーストフードのように

ぶくぶく肥らせ

アスファルトの上にねむらせるんだ



そして電車を待つあいだ

太陽も風も温度も涼やかに吹き抜けて

過去の流行歌を聞く

印刷されているパンフレットのように

一瞬だけ

眼がしらが熱くなる



今日はショートへア

きっと明日はボブ

予(あらかじ)め という 許すまじ尺度 に 

わかれたる地平を照らし なが ら・・・・・・



ねえ驚いちゃいけないよ

僕がいつもの野暮ったい眼鏡を部屋になげすてて

首に金のハート形の十字架をさげ

胸元をひらいて

都会の街をねり歩いていこうとするのを

ああ きみ 知ってるか ?



アパートの住人の誰ひとりとして知らない

すれ違ってもきっと他人の空似と思う

ムーン・ウォークだってする

優麗なジェスチャーだってする

やたらと低い声で喋っているこの僕を



ああ君はなんて

とろけそうなほほえみをうかべていたんだろう

想像と現実の境界線にある象のような

耳をかたむけながら

無感覚な表面のはい色の牙とでもいうべき意志が

不愉快にくゆらせる絶滅動物

ぼくらの夜には

すれすれをとおりぬけてゆく蝙蝠

この指はなまめかしい動きをして

いつもは振り向きもしない女の肩にうごく



牧師へとむかって新婦があるいてゆく

さあ おいでと新郎

エスコートする父親につれられて

ブーケをもってウェディングドレスを身にまとって

賛美歌がうたわれて聖書の朗読に

誓いの言葉

指輪の交換



人生はこれから始まるのだというヴァージンロードは

過去の道

ブーケ・トスがおこなわれているが

衣装やブーケや引き出物や演出のことをしらない

交通のアクセスのよさ予算

融通がきくスタッフのサービス

など様々な利点もしらない

結局うまい飯を喰って

さよなら



そう流動推移する日々のむなしさに

目をむけるな

あたらしい日をことほげ

心をすりへらすことに疲れたら

もはや誰でもいい



それでも僕は見ている

肩胛骨と鎖骨と折れそうな細い首

交通整理の婦警750にタクシードライバーたちの白日夢

自動販売機をいれる男

最新用ポスターが林檎をかじって



平均台のうえを歩いているような一瞬に

しみこんでゆく

腕時計・ピアス・ミュール・口紅・

ワンピース

くびれライン



でも ! 手は出さない

格好いい男はいつだって肩透かしを食らわせる

女をいい気持ちにさせる



ティッシュ・ペーパーを縦にゆっくりとねじりながら

調子っぱずれなヴァイオリンの音を

すこしばかり思い出させるのが

人生の消費

女の子と中身がない会話をしながら

にこやかに笑っている自分が不思議だ

価値観・神の存在証明・規範(きはん)・救済

痛み・苦しみ・悟り―――



でも花火のような恋ができる

跳ね板のような抱擁

ほんのすこしのささいなことで

どくどく

思い切り強く跳ねるここちよい鼓動

ふれるだけで

太陽の匂い



きみが振り向くたびの眸のおさなさに酔った

身震いするほど時が止まって

きみには

何もかも見透かされて

たとえば君は天才じゃないかとおもいながら

それでもつぎの日には

リセット・ボタン



ゲレンデの恋にみちた白い花のいろ

チャペルと思い出と

あこがれと

ガーデンテラスと会場からの景色とおなじように

女の子の顔の記憶が抜け落ちてる

すっぽりと抜け落ちてる



歩道橋のまんなかで胸が熱くなっていたはずなのに

表現というスピーカーをつけて

標識の記号クラクションのたえない渋滞

パーキングガレージにストリートミュージシャンたち

やわらかな髪の匂い

ひそんでいた女の匂い

服の匂い

鼻先をくすぐったのに

吹き抜けの天井



抱き締めているだけじゃ

人生の意味をみつけられない

きっと

ぼくら不完全な生き物だから

眞夜中(まよなか)に血液はバネのようにはずんで

記憶を揺さぶるんだ



とおくへとつづく光の列をみながら

ヴェランダのあかりが

観葉植物のしずくが

ぽたぽたと垂れていて

下着がずるっとおっこちていた

だから咽喉の奥から蛙の玩具のように

ぴょこンと

びっくり箱のように飛び出す



女の子の部屋でプレイステーションをしたり 

ファッションの話をしたり

あれだけカメラが嫌いなくせに

モデルのようにポーズをとって

写真を撮ったはずなのに

それらが自分のように思えない

何の為(た)めに毎晩こうしているのかわからない

これでいいのか は 

僕にはよくわからない



どうしてこの人を選んだのかなんて

もちろん僕にはわからない

もとより人の愛について動物的本能をもちだすアニマルにとって

きみはアニマ



けれど幸運をもとめない心はかるく

自由は選ぶものの方へ

夜明けの風の方へと

僕等をみちびいてくれる



道端のでこぼこのように

てんとう虫のまだらなす街路樹のように

この玄関という名の入口でくりかえされる

まだ見知らぬ僕



いっそ君は記憶をうしなうべきだSYMPATHY

海岸で出逢えたのなら

絵画のいち手口のように貝殻を感じたりする

天に昇るような顔をして

きみはどんな男をもとめる ?

さいげつにひとつひとつあらわれてくる泡

だからぼくはだまって何かをおもいだそうと

目を瞑り

あのときとなにかにているような気がして

ちょっぴり僕のむねはせつなく締めつけられ

そのひとではないとしりながら

富は蓄積されてゆく

試練に対する僕の良心



そこにはひとつの名もない道路があって

お互いを深くしるための

やさしい道路がみえるような気がして



そこでぼくらは何度も恋をするんだTELEPATHY

貴重な夜の休息・愛の補給・

そのふしぎな妖気にみせられて

みるみるうちにあおくなった



ああ ! まだ見知らぬ僕の手に

銀いろの砂が落ちてる

そしてそれはすぐにパーンと

かたちのいいグラスのように

弾けて消える

そして僕は思う

ああ どうして僕は

自分の光をみつけられないのかと


 【 39 】


本音 がいえ な い不器用な ぼく を

いつ も 見守って くれて たん だ



どうして 遣る瀬無 い の

どうし て いつもあなたは変われない の



生きて い る 限り は みん な

孤獨 ! 誰も逃れられない



で も この気持ち っ て いったい 何

鼻の奥が つンと す る



ね え それが僕をかえてくれるという の

ねえ こ の透明 な 僕 を



詭弁 にうつる よ また そう か

手れん手くだ で 恩を売って る よう に も



なに がそうさせ るという の

胸にささ る よ 



僕の咽喉をかっさばく !

ナイフ の 切尖



でも つうンとするいたいけなこの気持ち に

ああ ぼくは身をまかせてた い



どんなあかい血がながれ て も

この ときめきは棄てられない


 【 41 】


君のこのくちびるが好き

嘘を語る そのけざやかな彩が好き



  これからはあなたしか見ないから

  あなたさえいてくれれば僕は変われる



美女と野獣 ? それとも

駆け引きのようなゲーム ?



    黒いまつ毛にふちどられた栗いろの

    あたたかそうな瞳にあたる陽ざし



白雪姫 ? ねえ それとも

本好きの少女の内気さ ?



  絹のようなやわらかくてしろい膚

  高貴な 潔癖の そして透明な



恋人 ! それは甘美な誘惑だ

そして心に妖精が棲みつく



    心の底までとどくかのような

    なにかを見透かすそのひびき



みるもの きくもの さわるもの

すべてに 色や音や薫がある



  ナイフやフォークやスプンにも

  魚のムニエル パンプキン・スープにも



ひとつとしておなじものはないから

心や 躰が ふるえ る



    うたた寝をしてへんてこりんな森で

    あおい瞳をした猫に出会う



あら 引っ掻いてあげましょうか

舐めてあげましょうか



  ミルクがあれば手なずけて飼いならす

  かわいい猫はしゃべりつづける



ねえ 爪をたててあげましょうか

みゃあみゃあ いったげようか ?



    ねえ どうしても手に入れたいものが

    ある時 人はプライドをすてられるって

    本当だと君は想うかい ?






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.