1089167 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

灯台

~ スピリチュアル・ヒーリング 2 ~

 【 42 】


こころ が ふるえる

ほろよい の



はるか な もり

の かぜ



かぜ の かたち

を みつけよ う・・・・・・



がらす みたい な

ぼく の おもい



あの ひとかげ は

かぜ にゆれ た



えだは のよう に

やさし く



きす を して いた

かげ の まぼろし



よりそいながら

ほどう は 



いつしか

かれは の まぼろし



に かおり もこごる

で も ゆれ なが ら



そう ゆれなが ら

ゆいごん をおく った



どれほど のかぜ が

み を すりぬけて



どれほどの

はがゆさ が くちびるに



あたら しい かぜ

を おくった の・・・・・・



そら の とり

ゆめのよう な くも が



いちやかぎり に

ふさわしい つきをもたせた



まだ ほてった ぬくもり を

たしかめ てる



まほう は

こどく の はへん



みずおとがきこえて

はし を みつけ る



はいきおん の

あと に くるま



すいがら や 

びにーるぶくろ も



この まぼろし を

しってる !



とけいの あと に

あしおと



ゆび をのばすたび

に あしあと



こころ が ふれる

だけ で かぜ



ねえ ひとりにして

となりに いるの は



だれ ?

あれ は きのまよ い



なの に どうし て

むね が いた い



かぜ の かたち !

あれ は ひとりのため



じゆう をさが す

ため 



いきいき と とびはねる

たからもの だか ら



みんな うっとり と

ゆめ を みた



ゆめ を みて いた !

かぜ は こいのよう に



ひとりひとり に

めぐ っ た



そこ に かげ がある

やさし い ゆきがある



ほのか にぬれたかぜ

こころをしめらす さざめき



さあ かぜ を

みつけ よ う



おとぎばなし のよう な

ふくざつ なひょうじょう が



きょらいす る 

のっくする



かぜ の かたち

を みつけよ う・・・・・・


 【 44 】


それぞれの人生をかか えて い る

僕等 の 胸 に

やさしい 名が

あふれて く る



ねえ と 君は問う けれ ど いま

も わからな い

ほんとう に

必要なものって 何だったの ?



褒めちぎらなければ いけない よう な

愛し方

光と影のドラマ

忙しい生活 ―――



やさし い気持ち で笑っている とき が

幸せ であろうとする

きみ自身 に !

幾度 も 問い掛けた 永遠 は 



はかない砂 

にかわっ て 花びら のよう な

あ の 春 の 木洩れ日 の

とて も 遠くの方 か ら 



僕 を 呼ぶ 声 がきこえ た 

なに に 後悔 する の と

なにに つまずいて

なに に 安らぐ の と―――



そ の笑顔 の間だけ でよかったん だ

たとえ 遠くからで も

きみを見ていられれ ば

ねえ それは それぞれ の愛の もの



それ で 幸せ をかたる こと は

すこし 奥ゆかしすぎるけれ ど

涙 が も う 流れ な い

いま は ただ うつくし い夢


【45】


震えながら

眠りに触れていく

夜半に

”意識”がはなれて

ゆ き 


 ( 塵と露 だと思った。


・・・幼稚な夢を見る、

のような色

のような

―――の よ う  。


 ( 伽藍のかおり

   /われわれ の


語尾が掠れ、

意味が薄れたのち、

砂が指の間からこぼれ

光もー。名もー。

夢も・・。


 ( 小さな断片が 点だと

   ・・・その中の、

    さらにそのまた中の私は


たびたび・・・。私は、

目にうかぶしづもりのなか

永久《とこしえ》の世に行き交う

忘れ路をー。

見たのだ。


 ( 見よ!

   ―――少量の毒


黒い点は

ただれていきー。・・。

ヌメランとした赤い薔薇。

天道虫。-

そして。

風に吹かれて 。/昔・・。

美しい場所を









Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.