1092062 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

灯台

十七歳

としうえ の かのじょ は あねきぶん

で あり その ぼく は 

弟分わるくいえば舎弟≪しゃてい≫

ああ かくて 内部的構造 に 属する一契機 で

空想のみ が 却≪かえ≫って 矛盾や 背理 として のこる



データ・システムだ ネットワークの構築

だ 愛称 で 呼ぶこと も なけりゃ

あだ名 を 呼んで 蹴り こと 

シャイニング・ウィザード

すなわち なくなって しま う 思惟や 理解 は



それは なくなることを 前提 に した 

消滅 のことわり ! びみょう な としごろ の ぼくら は

こうこうせいかつ の あいだ おなじ 屋根の下 で 

同居生活 と いえ ば・・・・・・

あこがれ る 明白に 教える所 に従いつつ素直に 承認する



だが 現状 は 檻 から 出た ライオン と の くらし 

だ ! 面倒 を みられな が ら 

こち ら は みて いる つ もり で

疎遠だ った いとこ の かのじょ と は ずいぶん 

苦手意識 が あ っ て 蛇 の 生殺し



ショートパンツ や スパッツ も はかず

に 風呂あがり に ソファー で 牛乳かたて に チャンネル を

いじる く せ に 規律 や 規則だの に 

うるさ い し スポーツ万能 で シャイニング・ウィザード

を され た 日は すなわち あこがれ の 流出



ショッピング に でかければ ご自慢 の にのうで は 

非力 に なられ コーラの壜 を 眼前≪めのまえ≫で 

こっぱみじん も いや だった にもつもち 

に な り 長電話 や 買物 を し おくじょう の 

遊園地 の ベンチ が こころ の いこい だった こと も



お子様ランチ を ぼく に 注文 

し て とくい顔 の こと も

しかる に 一切の存在 の 基礎を おく も の は

さけがた い 覊絆≪きはん≫ を 脱す べく つとめる こと だ

そして 心的外傷≪トラウマ≫ に ならぬよう 一歩 身を引く こ と



けれど こうこうせい に なって から

の かのじょ は メカ類 が 苦手 で 数学 も だ

そし て ツノ はえたように おこっ て かんじょう を 

あらわす のは 両親 と とも に 暮らして いないせいで 

自己主張 では ない 甘え だ というこ と も



あまえて いる だけ と い う こと も 

わかるよう に なった ! 主導権 は おれ のも の と

にぎる のは あいかわらず だ が すなお に 傍に いてくれ て

ありがとう と 僕 の こと を みとめて く れた 誕生日

宿命的性格 の 人間性 に 根を はる 彼女 を みとめ た



りょうしん か ら ついに い わ れ る

こ と なかった Happy birthday の

ひと言 を いって くれ た 僕に 背中 をむけ て

いまにも なみだ ! を こぼし そう な

ふるえた声 で 緊張 を うなが し た



誕生日ケーキ って ロウソク たてる だ ろ

あれ 嫌 なん だ 傍に いる ひと

が いなく なる みたい で ほら ずっと むかし お前 の

家 に あずけられた と き 嬉しかった ん だ

おとうと が いるって さみしく ないな っ て



ユニセックス な かっこう も いま

で は かのじょ の 代名詞 だ ! それ も ま た

おんなのこ よりも おとこのこ の 方が くだけて 付き合いやすく 

じぶん を かざらなく て よかった から 手掛かり だから

そんな ふう に いつわり の仮面 を かぶった こと を



そして 僕 は 熟年離婚 に そな え て

りょうりきょうしつ に かよう よ うに

する! 家事 洗濯 を ! そして いま で は 生活 の 

いちぶ ! どん な 料理 が いい か ?

と 君 に きく のも うれ しく て



けれど ゆらぎだし た こころ は すで に 

もどりよう が な か っ た

とまらな い のだ 時計 は ! 駐車場 の 防犯照明 は

対峙せしめ る だけなの だ 立ち止ま る だけ なの だ

永遠 は 時に 無くなった もの 取り返し つかぬもの を



生ずるものは いつも 滅ぶるもの で あり

さるは 過去へ きたる は 未来へ

この流動推移たらしめる 新たな現在よ ! かくの如く 無へ 

また 非存在へ ! 秩序乃至法則の如き 永遠へ と

ぼくら を あらたな あやまち へと ひきずりこ む



せいかつ に ほろり と おちる 影 が 

なんど か またた く う ち に

僕 は くるし ん だ ! いけないの か い 

お茶で も 飲みなが ら テレビ を見る のは

いけないの かい 前掛け を よごすの は



きっ と 世界中 の だれ よ り も

わが み を 呪った きょうふ や 

不安 と いう もの に・・・・・・

じゆうかくとく の ため の せいかつ

YOU ARE MY DREAM の さんび あこがれ で さえ も



けれ ど ゆめ は けして げんじつ

で は ない 理想 は つね に つね に かわっていっ て

しまう も の ! かのじょ が 地方 の 大学 を うけ

た とき すくなから ず 予想 し て いた こと だ 

はなればなれ は でも尺度 と 法則 は ぼくら を 引き離す



反省 の 産物 であったはず の 時間 が

いま ぼくら の 視野 を 覆い隠して

置き棄てた は ず の 理解 を 困難ならし め る 

かかる 表象 ! 下宿 し て いた 彼女 の 自宅≪いえ≫ で 

検事 の しごと をしてい る きみ の りょうしん も 



かけつ け て お祝い の そして おわかれ の 

ナイト・パーティー が しずかに もよおされ る・・・・・・

はなし って なん だ と しめやか な ナイト・パーティー 

が おわって か ら ぼく は かのじょ

を じぶん の 部屋 に 呼んだ



ドレス・アップ し た 君 を

見究め なきゃ ね 表象 を 時を

そして ぼくら のなかに 生きて いる永遠 を

まるで うそ みたい だ ! 腰 を おろして も 椅子 は かたく

かのじょ を ひどく とおい もの の よ う に かんじ て 



通信販売 の カタログ のよう に

看做≪みな≫す こころ の はたらき が おそ か った 変声期 も 

成長不良 の いやだっ た 時 を おもい だ させ る

おもい を つげる こと など できなかった 

恋愛感情 で は ! な い 微妙 な 熱情 



まるで 昆虫 を 

ひょうほん に して しまう よう に

けれど その かげき な こころ に 

あ っ た 火種

記憶 の 内容



こども の よう に だだっこ で おさない

じぶんかって が 樹木 を 截≪き≫り

黄金虫≪こがねむし≫ を とる ため に 

チェーンソー で きり を きりひろげ て

ふしょく の たいせきぶつ を ぜんぶ かきだす 



よ う な ゆがんだ あい の 形 が

あった よ そして プライド が どうして こんな おんな 

に と おもったよ ! でも まとわりつく 

髪 を はらう とき の 表情 に 

きら び やか な 夢 が



こまくが いっしゅん おかしくなっ て 

なに も ね きこえなくな る よ

黒目 を ふあんてい に うごかす きみ は もしかし て 

すきで す と か ? と 嘲弄≪からか≫う よう に いう 

ような 奴 と 知って いる のに 



九十度 ロール し て 回避

けいこうとう の ちょうし が わ る く

へや は ときどき かげったり して い る 本棚 や

桐箪笥 や 机 に ひた と 行≪ゆ≫き合い とき に 衝突 し て

築き上げ て き た ふたりだけ の 時間 



で も 好きだった な おまえ の こと

と かのじょ は つぶやくよう に みて い た 彼 の こと を

いつか また ここ で おまえ と 話を したい な 叶う 

はず も ない が あま える のも 下手 だ が

―――と うまく 言えず に 表情≪かお≫だ け くもらせ て。



これ 餞別 に と ぼく は 故意≪わざ≫と ラッピング を した 

贈り物 を わた し た 涙 は そこ に 

おちた ん だろう か ? ずっ と さがして いた もの が

その 部屋 の なかに あって ! その 人 の こころ の

奥底 に だ け 垣間見えた 十七歳 の えいえん




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.