715554 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

灯台

2017年12月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類






 眼蓋かった微笑・・人自分たないものの悪口って、
 それを辛辣とか、鋭いとか、皮肉と言ってる。
      過去ノ弁護・修正ガキリトル/ 、、、、、、、
 吠ゆる時は噛め。...騙すのはいつも自分
 でもたない僕等みたいなら、もっとになることができる。
 しかしを考えてのだろう・・・・・・。
 僕は前後におおよそ百人(と呼べるのかはわからないが、)の敵に囲まれている。
 【殺意の意志】というのは、第三者的視点には客観的な要素くものだとわれるが、
 ことはない―――。

   ――懺悔や後悔がつもある。それが美麗な極光】でも・・。

      ミュートス・レンレイシュエ
     ・・・神話人類学なのだ――

 冷静に何の感情もなく殺すことが出来るから、最高のパフォーマンスが出来る。
 地 獄 の 勢 力 争 い 、 派 閥 ・・。
 自分の身を守るならともかく、ゆかりが傍にいて、そんなこと出来るわけがない。
 「ゆかり、後で土下座でもするから・・
 「何?
 (「小夜曲」が『閉幕の辞』を述べる頃―――いだす――ザーイズ・・)
 秘密の係累、誇張の相反だ。だから、遣瀬だから・・・
 些細な隠し事が「荷厄介」だ・・
人間―――。

         アルファアレグロケイオスコレクションめよう、 

         104.png

 スッ、と身して―――ゆかり、眼白黒させる
 、、、、、、、、、、、、、、、 
 首に手刀でオリャして気絶させる。
 (・・・後―――本当にゆかりにされるかもれない
 いや、僕は悪くない敵いっぱいいた、ゆかり足手まといだった、
 ゆかり危険った、ア  イ シ テ  イ ル カ ラ !
 ・・・このシナリオでいこう、中途で、最低でも四回は殴られるかも知れないが、
 (真面目に言わないから悪い―――でもお約束だろ?
 け―――。ソ//ジ//ナ//テ//テ 
 いやしかし、いつまでも冗談みたいな雰囲気ではいけない。
 ゆかりをかせて、
      (、)――咆哮・・芳香・・彷徨―――

        止ー配がい―――。         

 「さっさと出て来い。


 円屋根をかぶったような陰影・・。
 ふっと後ろを見ると、プリムラバルガスがいた。
 違奴等てきたみたいだった。
 プリムラは封神演てくる化血神刀のようなち、
 バルガスは、素手だが―――え、お前なめてるの、いや違う、
 武器はないいやすいスタイル。
 十中八九、尾行されていた、あるいは、囮にされた・・でもそれもいいか、と思う。
 「おぬしに助太刀する。
 「竜也どのの盾になりましょう。
 、、、、、、、、、
 一拍間いて
 
 「・・・ありがとう。
 ―――こんな時、人種とか、あるいはアイデティティとかが、
 まったく別の姿せる。冷った、暖かい言葉はよく
 正直、相手戦闘能力もこれだけのになるとわからない・・。

     【OUT OF】で――。

     本能のalarm clockそれはglasses 。。。。。。

                 細胞/同時発生/跳躍/統一場

   ―――迫って繁れる木々が心を≪。“戦闘”へ。

 はしないが、不得手ないしは無経験が、時には戦闘能力を低下させる。
 一対一、あるいは二対一ならどんな強い相手にも負ける気はしなくも、
 こんな多数の戦いはしたことがない。

――きっと空洞だって酸化防止だったり・・し―――て・・。
   整骨と吃音基本原則の逆流発生する瞬間
   未成熟連鎖する光源・・。

 ――というヴォリュームっていたら、それは運命宿命だ・・

 11.png

       っ た 、っ た ―――既知の光は な い ・・ 

 スッ合図もなくまった。僕タッ地面り上げてかべ・・。
 (低軌道上・・ (動きの癖をつかみ、移動予測地点―――
 『木刀』を手にメーする。身を翻すように、
 に浮く肉体の刹那―――。
 技巧的デリケート眼球性質真実をよりこうと見開かれる
 実体化した武器で、前方に い る 敵・・
 【人間合成生物】―――長剣をす・・。
 全身の力を抜いて相手の力を利用する、受け止めてそのまま弾き返す・・。
 黒いユニコーンが適当だろうが、だが手加減なく、数十メートル後方にすっ飛ばす。
 [慣性の力―――慣性の法則・・運動方程式・・・反作用の法則。]
  す る 情 景―――。
           >>>厭ふ罵りにも似ていて―――器用な欲望の交通所。
           >>>「愚劣、雷同といえば虚しいだけだが、猶如火宅・・

      「人喰ふ鬼たりえ、人喰ふ鬼とて幼稚な鬼」

   101.png
 、、、、、、、、
 熱くて息が詰まる―――前方すぐに、小泣き爺の顔をした、
 石みたいな奴がハンマーを持って頭上に降りかかってくる。
 (スレッジハンマーのようなものとは違う、本気で人間を潰すための超特大なもの。
 『ボディビルダー』がこんなので(で?)鍛えていたら、嫌だな、と思う。
 (摩擦の大きさ)=(垂直に押し付ける力)×(摩擦係数)コンリート・・
 (ちなみに「Slaegan」は「激しく攻撃をすること」
 >>>
 そのすぐ、横手から、「もらった!」と、る・・!
 ゴブリンのような顔をしている・・語りがたいfantasysecretは即ち ・・。
 うしくにsensitiveなの縞・・。

   は、腐蝕鍵盤だからいてくる抑揚

    進行中(の、)状況かしてこの『上陸戦闘』は『ペパーミント・ガム』(だ、

               非公式的事実の混雑にあふれる、――― 

          (おお、編成し、組織し、再編集する・・。  

 殺さなくてはいけない、、、
 
殺さなくてはいけない、、、
 理性が悲鳴、、、

 アスファルトした、回転して頭上突きで!
 (飛行機が上下逆さまになっていても水をコップに注げる・・
 『吐瀉物』を()き()らしながら後方数十メートルんでゆく、
 噴射―――手が空いていると思って油断したな、横手の敵の攻撃を躱し―――
 止まって・・、雑魚りをら わ せ る ・・。
 search」」」
 ふっと、プリムラると、遠慮会釈なくりつけて、・・仲間だろいや、殺いだ
 弁護ってはならない、自己主張公平なものだ・・。

    ・・・・・・・す べ て を 知 り 尽 く し て い る コ ン ピ ュ ー タ ー に 聞 き た い 。

                      冷えた蝋燭に変わってしまう――から・・。

    ―――内 圧 を 高 め ―――同 語 反 復 的 に ・・撞 着 語 法 的 に ―――

    ・・・・・・・・・『
立場/形成』 そ れ が ( g a t e を 突 き 破 る  ) ん だ・・。

         102.png

       (0.17秒0.28秒0.39秒0.53秒) /息)のための

 、、、、、、、、、、、、、、、、
 返り血で全身を真っ赤に染めている、―――・・。
 そ う か 、 こ い つ ら 赤 い 血 し て る ん だ 、 と そ の 時 に 気 付 い た 。
 ボバッと火する、バ ル ガ ス
 一分間に、十分
 『悪い計算』じゃない・・足首に魚の鰭をはやしているとは言えないが・・。
 だが、相手は『総攻撃スタイルー殲滅作戦』―――すなち、
 ちょっとやそっとったぐらいじゃ引き下がらない。
 複数のラインを一点に集約させて――。
   「兵士の運命を容赦なく判定してゆく尖塔の急斜面のような場面

      不安と か 恐怖と か ―――
                     戦闘不能になるまで續ー続く、

     ・・・ でも悟られないようにする――酸素は・・、あの結晶化――

    夢咽喉・・・・・・振動――・・証明不能――・・・
     103.png

 (でもどうしてらは使わないんだろう、とふっとった
 (―――なんということはない、奴らは戦闘能力調べているハ、ズ、・・。
 『ーモグラフィ』(自動   ・・
 ・・・あるいは、銃や、弓といった飛び道具、しかも百対一で殺したとあっては、
 自分たちの名前がつくのかもれない。
 ―――(数秒の推理・・
 「たかが人間ぶぜいが!
 仏像のような顔をした巨大なムカデのような奴が襲いかかってくる。
 わ、と変を さ せ て い る
 回路える―――対悪魔戦闘・・状況みる・・。
 これは、【してもいい相手】・・。
 (らなければ、られる。)―――。
 木刀に、錬金術の要領で精神集中して、一陣の風をまとわせる・・。
 それに反応する、バルガス・・。
 急拵えの愛嬌、技巧的世辞発言とは
 ―――面 目 を 、 鼻 っ 柱 を 折 ら れ な が ら も 、 相 手 を 認 め た 武 人 の 発 言 。
 「おお、竜也どの、やはりあれは本気でありませんでしたか。

 >>>そ ん な 瞬  が あ る 。

 >>人の呼吸、そんなことを言っている場合か。
 >>>風船を割る、い、ま、す、ぐ・・。

 「いますぐ周囲一帯から逃げろ!」と俺が言う。
 ―――幽邃な背景。
 隙。 

 (灼熱の酸素が真っ白なものが一瞬、循環を拒もうとすると知っていても・・。
      ころせばいいんだよ――・・。

           「春期の悪魔を幻視する――かなほどに・・」

               能、の、声、

 次の瞬間、俺は叫び声をあげながら、ムカデ野郎風の太刀する。
 風を収束した木刀から・・竜巻まれ周辺一帯られる破壊力む。
 その中三十人ほどまれて、身体ズタボロかれて、塵となる。

 ギイーッ―――シッっと・・、
 (もはや、自分も人間ではない、と思う・・
 ッ、と背中あずけながら、プリムラがう。
 「なんという破壊力・・おぬしがいれば、魔神戦闘も余裕で勝てそうだな。」
 (そんな戦いしたく―――ない・・。
 でも言葉はそれとは違ってい―――・・。
 「―――いやいや、お前の親父さんがいれば、超余裕だ。
 ふっとバイクと、ゆかりる。
 敵は―――、『戦意』を(っ て い な い ・・。










最終更新日  2017年12月03日 00時47分39秒
コメント(2) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

まだ登録されていません

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

MY LIFE


MY LIFE 2


MY LIFE 3


MY LIFE 4


MY LIFE 5


MY LIFE 6


MY LIFE 7


MY LIFE 8


MY LIFE 9


MY LIFE 10


MY LIFE 11


MY LIFE 12


MY LIFE 13


MY LIFE 14


MY LIFE 15


MY LIFE 16


MY LIFE 17


MY LIFE 18


MY LIFE 19


MY LIFE 20


MY LIFE 21


MY LIFE 22


MY LIFE 23


MY LIFE 24


MY LIFE 25


MY LIFE 26


MY LIFE 27


初期作品 1


初期作品 2


初期作品 3


初期作品 4


初期作品 5


初期作品 6


初期作品 7


初期作品 8


初期作品 9


初期作品 10


初期作品 11


初期作品 12


初期作品 13


初期作品 14


平和≪ヘエワ≫


月桂樹≪ローリエ≫


情念


永久平和論


ぐでんぐでん


砂時計


長距離バス


旋律


キャベツの試練


リンシー


あなたしか愛せない・・・・・・


十七歳


春のときめき


夕陽≪アローン≫


ミイラになった古代埃及マントヒヒを想って



青の呪文


じゃあ、教えてよ


カヴァティーナ


風船の月


シルキヰ


wa!ひろさん書


写真+詩


秋の鳥


聖書/蝶


スサノオ伝説


スサノオ伝説 2


君は生きてる意味を知らない


涎を垂らしながら自由を


素敵な叔父様


素敵な叔父様 お手紙編


皓い鐘の音


素敵な叔父様 ピクニック篇


素敵な叔父様 おしるこ篇


素敵な叔父様 おしるこ篇 2


探偵


探偵 2


探偵 3


詩の実験


詩の実験 2


不安の午後


恋人


えてるる・しるく・ぱふあにゅーぎにあ


ジャズ


人 間 産 業 廃 棄 物 *18禁


無題


いくらか時が過ぎたから・・・。 *18禁


硝子の卵




難解詩 1・2


切符


こたつくん


実験


ナンナノサ


見なければ起きないことがある


太陽の讃歌


悪夢


思考


火と水


日本人


水深九十八メートルの夜



死神ミラージュ


終わりなき日


青の季節


311


すべてが古い砂に変わる日のことを・・・・・・


人身売買


セント・ジョージ


彼岸花



アヴァンギャルド


女を愛するということ


舞台


舞台 2


舞台 3


舞台 4


舞台 5


忘れ去られた事故


うすい坂


6月12日


少女の頃にかえれたら


ただ、その人に悲しみを


メサ・ヴェルデ


呪われた時代


呪われた時代 2



初期作品リスト


be in a state of action


煉獄 1


煉獄 2


入学式


安らかな空虚


安らかな空虚 2


空港


空港 2


雪山


方言


もはや相見ることはなく 


イラスト+詩「アルコール・ランプ」


陶酔


陶酔 2


陶酔 3


陶酔 4


四人家族


十七歳の夏


神の世界 1


神の世界 2


神の世界 3


メタアルファ


27、カート・コバーン


オープニングセレモニー


無限の青


ゲルニカ


風と波


薔薇色の夜


殺人


The fog blurs my vision



鎮魂


夜の街を歩く詩人


さっき、キリスト教の勧誘が来たんだ!


孤独なゲーム



ガラス板の中で


深い闇


感傷


神話


REAL


翳り


非現実な妄想に死んでいる


批評のこころみ


邪悪な眼


やさしい気持ち


・・・みつめてる――みつめてる、夏・・


エロティシズム


灰と煙に目が痛い


折りたたまれる夏の日の頁 1


折りたたまれる夏の日の頁 2


名人伝


宇宙人


芸術家の君へ


Retriever



共同幻想


僕が君を見つけるまで



現在


手が届かなくても、つながってる。


クローズド・サークル


イラスト+詩「愛の世界」


写真+詩「感動」


俯瞰する町の、タップダンス・・・!


死亡線上


瓦斯


パジャマ


ゼロと一秒の間


音程のこころみ


~ スピリチュアル・ヒーリング ~


~ スピリチュアル・ヒーリング 2 ~


一行詩


七行詩


八行詩


九行詩


十行詩


十一行詩


十二行詩


十三行詩


十四行詩


wa!ひろさん写真+詩


ひろやすさん写真+詩


顔文字詩


アート詩詩文控え


イラスト写真詩詩文控え 1


イラスト写真詩詩文控え2


イラスト写真詩詩文控え3


愛の讃歌


愛の讃歌 2


愛の讃歌 3


想像の森


想像の森 2


想像の森 3


想像の森 4


想像の森 5


wa!ひろさん写真詩「夜」


オナニ・マシン・フルスロットル・ロケット


最後の夜明け 1


最後の夜明け 2


僕自身を説明せよ!


仕事


イラスト+詩「ハンバーガー・ラヴ」


現代詩を終わらせよう


夢想の家


ロルカの沼


エゴ


CITY


わかっているのだ・・・・・・それは・・・


アメリカの音


リズムセクション


Why is it that people born and then they


Is it already over?.......


お伽噺とドロップ


ライン川


猫の話 


愛について


日記詩


日記詩 2


日記詩 3


日記詩 4


動く小説投稿サイトの作品


詩集



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.