716346 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

灯台

2017年12月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 「・・・敵の半数はやったが、まだ数十メートル離れたところに、
 ―――強い奴がいるな。

 補佐的気配感知・・五感ではないところで
 電子情報次々パルスとなって送まれてくる
 急激運動集中身体急速えていく。
 の所に熱い熱源が残っている。
 道みや雑草っている場所のようにすべて身体えている
 105.png

         ――だから他の機能後退してゆく・・。

       物理学)が・・・核爆弾生みだしたように・・・・・・・。

       もう一つ別の引力の具合でも確かめるみたいに。

            (......Repeatafterme

 「正確には五十八メートルだな。」とプリムラ。
 分析処理する能力では、どうも、彼女の方が上のようだ。
 「何人ぐらい残っているかわかるか?
 「七十二、七十三だな。
 、、、、、、、、、、、、、、
 モーターを作動させるスイッチ・・。
 バルガス。どうも、先程の攻撃でバラバラに攻撃するのは得策ではない、
 とっているようだ。僕指揮権えてそれにうつもりらしい
 106.png
 「竜也どの、どうされますか?
 かない。きな戦力低下いたのは、能力見落としからだろう。
 作戦の立て直し―――。
 いまげることも出来るかもれない。
 あるいは、逃走したことによって、彼等も後追いをしないかも知れない。
 でも今回のことで、一つわかったことがある。
 彼等本気で、そうとしにているということだ。

 「多分そいつがこの戦いの指揮官だ。と僕は言う。
 「バルガス!」
 「承知した、ゆかり殿は責任を持って私が指一本触れさせませんぞ。
 目配せだけで理解する有能部下ありがたい
 「プリムラ、速攻を仕掛ける。援護してくれ。敵の将をぶっ叩く。
 「承知した。
 「―――行くぞ! ついてこい!
 涼やかな眼・・。

 物理学進歩するほどそのとなる五感閑却されて来る・・。
 人間潜在能力はかくしてい、そのパーセントも使っていない。
 これをじているのがチャクだ。チャクラくのは呼吸法、
 ましてくる―――。
 五感から入力して運動系から出力する・・。
 アリストテレスは霊魂論で人の感覚を初めて分類し、
 視覚聴覚味覚五つがあるとした。
 、、、、、、、、、、、
 これが広く知られる五感であるが、
 現在実際にはそれ以上感覚があることがわかっている
 プログラムコードで言うならアルファベットの種類や数が欠けた命令文。
 (その存在は、ファンデルワールス力に似ている、
 電荷を持たない中性の原子、分子間などで主となって働く凝集力・・

 (毒を持つが、餌がないと数時間で餓死する「ブラリナトガリネズミ」みたいだな・・

    ぼくはちからがほしいといった・・・
    そして、そのためなら、どんなことでもするといった―――。

     ・・・「「「君煩悩車輪れる
 は、非妥107.png
 潜在意識瞬時説得する、強人間意志。
 (人 間 の 意 志 と は 別 だ が 、 人 間 に は 稀 に 尻 尾 や 角 を 持 っ て 生 ま れ て く る ・・
 >>>男性妊娠するという事例報告されている。
 心と潜在能力には密接なつながりがあり、そのことによって特別な力えられる。
 [プラシーボ効果]―――“アンコールワットにある恐竜のレリーフ
 横隔膜、額くなる
 く・・。blue...paintingが夜を作り出す・・
 草の臭いをぎ、虫の音をき、雲が動くのをく。それだけではない、
 耳はやさしいせせらぎや、湧き出す水、とびかう無数の小鳥などの声音を聞く。
 えた・・。signalnoise・・。
 『共感覚』のように、でもまったく別の物える。
 夜は暗くない、明るい様々な色が溢れている・・。
 脳は十一次元の構造を持つ、UFOが見える、幽霊が見える、予知ができる、
 別におかしなことではない。
 太陽を見て赤を連想する国よりも黄色を連想する国の方が多いのだ。
 (弓矢や投石機から、大砲、銃、飛行機、潜水艦、さらには原爆や水爆・・
 『』が《》()に立つ、【オレゴンの渦
 黒 い 枠 の よ う に 見 え て く る ―――。
 森林の景色が、スローーション最中になる・・。
 筋力数十倍がっているのにもかかわらず、プリムラはついてきている
 (本 気 で 置 い て い く ぐ ら い の つ も り で 来 た の に ・・

 ―――というか、ブラジャーぐらいしろよ、といたかった。

 (こんな時でもアホなことを考えられるのだからすさまじい。反省する。
 これでだというからすさまじいというよりもはやではない
 ―――こんな奴が、学校で楽しくにこやかにしていたのだから、世も末だ。
 「後、五秒。 (・・―――。)
 「位置座標によれば、あっちだ。
 (一つの空間に複数の座標系が重複しているらしい、脳の構造。
 >>>土星北極上空巨大六角形はあるのは何故
 目標地点に到達する到達時刻を算出する、プリムラ。
 といっても、声ではない、テレパシーだ。
 「あっちだ。」と声が行き先を教えてくれる。
 ―――人間は何故、このような便利な能力を失ってしまったのだろう。

 敵総攻撃スタイル気勢いだのがいした
 音楽がってもゆるむ逸・・・角、
 決勝戦争困難なのは太平洋んだ両集団のようにだが―――。
 心理的事実だ、内部はいかにも不思議なほど静穏である、
 それでも中にいる人々にとっては、そんなことがあるとすら思っていない。
 すべてそれらのことが一瞬のうちにあったことは明白であろう。

      ―――通りすぎてゆ く 、謎暗示に満ち た暗い模様、雲のうごめが。
                          1.png
               ―――首筋 に 触 れ な  ・・手 ・・・。

        ...空洞へぎくりと釘打たれる言葉、
 、、、、、、、、、、、、
 敵は急を突かれて動けない。
 えてきた―――。
 目―――。
 プリムラは周囲に取り囲んでいる敵を斬りつける―――ない
 ・・ガシュッ・・ブ・・
 遠慮するそぶりさえせない・・。
 僕っ向からっ込む。
 タッと加速する・・!
 るバシリスク・・!
 ・・。

 人徴モデル照合(を、)【確認ス..ル...

 敵の将は、悪魔だ。白い角に、三角の尻尾がある。
 細い身体で何倍もの重力を受けてきたような身体つきをしている。
 俯瞰視点から、広角視点―――シイと動くマヌカン・・。
 (・・・地獄というのは、過酷な宇宙空間に等しい場所も存在するのだろう。
 それゆえ、だろう。瞬時の内に事態を悟って、剣を抜き構えている。
 レー岩!脈搏血圧、体 温 の 変 化・・。
 ・・フィボナッチ数列した、幻想的彫刻。
 剣は三十度ほどの斜めの線、ライフル並みの速度で振り下ろされる。
 、、、、、、、、、、、
 思考システムは加熱する、どうた・・?

 [移行]⇒[起動]ごか・・・・・―――“い か ら ・・。
 エフェクトする拳・・。―――動きを・・躱・・。
 斜めにがりながら、態勢めから真正面にする・・。
 心臓が立てている素速いリズムとはそぐわない。―――キッ、
 、、、、
 だが遅い、俺りかかってきた木刀ったあとビュ、スタン
 ―――神経びた木刀硬度は、ダイヤモンドよりい。

     悪魔の眼の下には隈が出来ている・・。

     ネガティヴそして古代の棺それからズーム・アッ――。

       ・・・・・・・・・・・・くなり、反響する――心臓・・・の――

       ・・・・・・・・・・・・オトノナルホウヘ、・・・れる。

          【景色】をす べ っ て ゆ く ・・・・。

 、、、、、、、 
 見開かれる眼蓋・・。そよぐ長髪・・黒く沈んだ瞳・・。
 膝、地面せる複雑がったのような表情。

  on the ground [on (the) grounds]o f...
 ぶむ、と頭んづけ、木刀相手背中
 壁打ちの原理衝撃波。グワッ、相手吐瀉物
 敵が蟻のように、にじり寄ってくる、跫音息遣い気配・・。

 ―――がすうっと、薄なるのながら、
 「・・・お前たちの負けだ。」と僕は木刀を宙に翳して宣言する。
 旗取りゲームの原理である。パフォーマンスがなければ、敵は攻撃をやめない。
 これ以上やるなら、とう。
 「全員殺す。

 







最終更新日  2017年12月03日 22時22分21秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

まだ登録されていません

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

MY LIFE


MY LIFE 2


MY LIFE 3


MY LIFE 4


MY LIFE 5


MY LIFE 6


MY LIFE 7


MY LIFE 8


MY LIFE 9


MY LIFE 10


MY LIFE 11


MY LIFE 12


MY LIFE 13


MY LIFE 14


MY LIFE 15


MY LIFE 16


MY LIFE 17


MY LIFE 18


MY LIFE 19


MY LIFE 20


MY LIFE 21


MY LIFE 22


MY LIFE 23


MY LIFE 24


MY LIFE 25


MY LIFE 26


MY LIFE 27


初期作品 1


初期作品 2


初期作品 3


初期作品 4


初期作品 5


初期作品 6


初期作品 7


初期作品 8


初期作品 9


初期作品 10


初期作品 11


初期作品 12


初期作品 13


初期作品 14


平和≪ヘエワ≫


月桂樹≪ローリエ≫


情念


永久平和論


ぐでんぐでん


砂時計


長距離バス


旋律


キャベツの試練


リンシー


あなたしか愛せない・・・・・・


十七歳


春のときめき


夕陽≪アローン≫


ミイラになった古代埃及マントヒヒを想って



青の呪文


じゃあ、教えてよ


カヴァティーナ


風船の月


シルキヰ


wa!ひろさん書


写真+詩


秋の鳥


聖書/蝶


スサノオ伝説


スサノオ伝説 2


君は生きてる意味を知らない


涎を垂らしながら自由を


素敵な叔父様


素敵な叔父様 お手紙編


皓い鐘の音


素敵な叔父様 ピクニック篇


素敵な叔父様 おしるこ篇


素敵な叔父様 おしるこ篇 2


探偵


探偵 2


探偵 3


詩の実験


詩の実験 2


不安の午後


恋人


えてるる・しるく・ぱふあにゅーぎにあ


ジャズ


人 間 産 業 廃 棄 物 *18禁


無題


いくらか時が過ぎたから・・・。 *18禁


硝子の卵




難解詩 1・2


切符


こたつくん


実験


ナンナノサ


見なければ起きないことがある


太陽の讃歌


悪夢


思考


火と水


日本人


水深九十八メートルの夜



死神ミラージュ


終わりなき日


青の季節


311


すべてが古い砂に変わる日のことを・・・・・・


人身売買


セント・ジョージ


彼岸花



アヴァンギャルド


女を愛するということ


舞台


舞台 2


舞台 3


舞台 4


舞台 5


忘れ去られた事故


うすい坂


6月12日


少女の頃にかえれたら


ただ、その人に悲しみを


メサ・ヴェルデ


呪われた時代


呪われた時代 2



初期作品リスト


be in a state of action


煉獄 1


煉獄 2


入学式


安らかな空虚


安らかな空虚 2


空港


空港 2


雪山


方言


もはや相見ることはなく 


イラスト+詩「アルコール・ランプ」


陶酔


陶酔 2


陶酔 3


陶酔 4


四人家族


十七歳の夏


神の世界 1


神の世界 2


神の世界 3


メタアルファ


27、カート・コバーン


オープニングセレモニー


無限の青


ゲルニカ


風と波


薔薇色の夜


殺人


The fog blurs my vision



鎮魂


夜の街を歩く詩人


さっき、キリスト教の勧誘が来たんだ!


孤独なゲーム



ガラス板の中で


深い闇


感傷


神話


REAL


翳り


非現実な妄想に死んでいる


批評のこころみ


邪悪な眼


やさしい気持ち


・・・みつめてる――みつめてる、夏・・


エロティシズム


灰と煙に目が痛い


折りたたまれる夏の日の頁 1


折りたたまれる夏の日の頁 2


名人伝


宇宙人


芸術家の君へ


Retriever



共同幻想


僕が君を見つけるまで



現在


手が届かなくても、つながってる。


クローズド・サークル


イラスト+詩「愛の世界」


写真+詩「感動」


俯瞰する町の、タップダンス・・・!


死亡線上


瓦斯


パジャマ


ゼロと一秒の間


音程のこころみ


~ スピリチュアル・ヒーリング ~


~ スピリチュアル・ヒーリング 2 ~


一行詩


七行詩


八行詩


九行詩


十行詩


十一行詩


十二行詩


十三行詩


十四行詩


wa!ひろさん写真+詩


ひろやすさん写真+詩


顔文字詩


アート詩詩文控え


イラスト写真詩詩文控え 1


イラスト写真詩詩文控え2


イラスト写真詩詩文控え3


愛の讃歌


愛の讃歌 2


愛の讃歌 3


想像の森


想像の森 2


想像の森 3


想像の森 4


想像の森 5


wa!ひろさん写真詩「夜」


オナニ・マシン・フルスロットル・ロケット


最後の夜明け 1


最後の夜明け 2


僕自身を説明せよ!


仕事


イラスト+詩「ハンバーガー・ラヴ」


現代詩を終わらせよう


夢想の家


ロルカの沼


エゴ


CITY


わかっているのだ・・・・・・それは・・・


アメリカの音


リズムセクション


Why is it that people born and then they


Is it already over?.......


お伽噺とドロップ


ライン川


猫の話 


愛について


日記詩


日記詩 2


日記詩 3


日記詩 4


動く小説投稿サイトの作品


詩集



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.