716452 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

灯台

2017年12月04日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




 脅しが利いたとは思われないが、
 ―――言葉には有無を言わせぬ力があるという説得力のないオーラ論か、
 また日本語がわかるような輩とは到底思えないが、不安定な『情報」』や『意思
 、、、、、
 プリムラが、テレパシーのようなものをると全員おとなしくなった
 『精神病患者のようにロボトミー手術するしかないかと思ったよと言えば、
 それは冗談がきつすぎるが、そのブラックジョークがわかるアメリカ人がいない。

     気まぐれに訪れた書物・・
   1.png
   2.png
 
 魔法壜マスターコーヒーれてきたバルガス有能だ。
 も ち ろ ん 、 そ う な る だ ろ う と 高 を 括 っ て い る マ ス タ ー は 超 有 能 だ 。
 
 プリムラ右肩僕は言った。
 
 「―――二三日檻の中に入れて、それで無罪放免にしてやってくれ。」 
 テプのを間違えたよのびした・・だったせいだろうか・・。
 「・・・そなた、頭がおかしいのか?
  ―――マジックミラーの中で、人格ー―――
 「―――殺すなら、殺せ。
 
 プリムラ感情したたい
 
 「アルカハイムト・・負けを認めろ、お前には、
 こやつが強いことはわかるだろう。
 そしてお前は、敗北したのだ。お前がその態度でいれば、
 お前に従ってついてきた仲間たちはどうする。これ以上の無礼は目に余る。


    4.png
   だけど、そういうのを無感情さ の で 処理していく―――。
   
 俺はアルカハイムトと呼ばれた悪魔に膝を折って目線を合わせる。
 ぷいとを背けたが気にせずにる。確信』と『自信』―――。

 「理由はどうあれ、アルカハイムト、お前は命令されてここに来たらしいな。
 誰に命令されたか、そいつの名前を教えろ。

 「―――誰が喋るものか!
 「そうか言わないか・・

 神経クッとする・・。
 一瞬プリムラが、身構えたが、何ということはない、僕は手にあった木刀を消した。
 これには、プリムラがひっくり返った。アルカハイムトも驚いている。
 てっきり、拷問をするとでもったのだろう
 いやいや、僕は人間だ肢・・。

    背骨微塵になるほどりつけるような声―――。
    一瞬、ゆかりかとった・・当に配してっている・・。
    5.png
       ―――急角度に切れ 上 が る 、陰翳輪郭の 、
        6.png

 「何をしている!」と、プリムラが言う。
 「―――わからないか、プリムラ、敵はこの状況を監視している。
 この戦闘自体が、一つの盤上の駒だ。実験データだ。俺はこれ以上、
 本気で戦っている所を見せるつもりはないし、残酷だの、
 力で言うことをきかせるだのといった演出をするつもりはない。

 「しかし・・

 8.png情報符号化しない、心象風景・・・。
 ―――言葉がその辺にまだあるように手を宙に振る。
 (・・・それに監視の眼えている。つまり、もうをしてもしなくても、
 な い と い う こ と だ 奴等戦力見直しもするだろう)
 (今度はこういう奇襲総力戦的なこともないだろう、と僕はった。)
 (思うに、戦力の中間か、それ以下の小集団で小手調べをしてきたのだろう。
 本気でやってきたらないが、
 プリムラバルガス加勢なんか出来ない方法だってやってくるだろう。)

 アルハイムトに言う。
 「アルカハイムト、お前は無罪放免だ。
 三日ほどはシメシのために檻の中に入ってくれ。

 「いや、そういうわけにはいかない!」とプリムラが怒鳴る。
 「と、プリムラは言っているが―――俺はお前の仲間を殺した。
 できるなら、誰も殺したくなかったが、手加減をすれば俺が殺されていた。
 でも、人間の世界では、誰かを殺したらその罪を償う決まりだ。
 たとえ正当防衛でも、そいつらの命の分まで生きる。

 「―――そなたは、甘い!

 [手の届かない高貴な珠玉][寄せ木細工の印象の漣のようなダイヤモンドの面]
 (なのに、そのポーズはやっぱり、どう見ても、僕に胸を見ろと言っている。
 、、、、、、、
 てる壮大な、意味ありげなものの、カ
 そ の 指 先 か を み か け て い る よ う に 、 心 持内 側 が っ て い る 。
 退屈 で 美 しい・・ジャストフィットする、静止映像。
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、、、
 騎手の安全などを守るために重要になってくるのが、馬の感情状態・・。

 「いや、プリムラ、―――今回のことで決心がついた、
 俺は地獄へ行く。
 「そなた、それでは・・
 結婚を、と言いそうになるので、慌てて言う。
 考えることで、脳内配線、脳機能健康向上させられる
 、、、、、、、、、
 マルチタスクの習慣―――。
 「違う、反乱している奴等からの挑戦状だ。受けて立つ。

 そう言うと、アルカハイムトが笑った。
 「何という命知らずだ。なのに、何という勇敢な人間だろう。
 古代の英雄のようだ。気に入った。
 これほどの人物に敗れたとなれば線香の一本でも立てられよう。

 「アルカハイムト、でも俺はお前を殺すつもりはない。
 三日の間、檻の中に入ってくれたら俺はその間に決着をつける。

 「三日! 三日だと!
 
 アルカハイムト、楽しそうにっていた
 豆
のようにすと伸びてゆ―――・・。
 外側にある価値や感情を忘れたように、だ。自我・・信念―――矜持・・。
 僕はふと思った。『こいつは生粋の戦闘好きの誇り高い人物』・・。
 う―――・・。脳梗塞するまでのありがたいm.i.n.d。

 レールのポイントわるみたいに、変更された部分・・。
 「聞きましたか、プリムラお嬢様! 
 何という大ぼら吹きだろう、しかし気に入った、
 それなら口外された咎で殺されても俺はちっとも構わない。

 瓦格納・・・。
 それにしても、竜也、武人説得するのにけているな、とプリムラが思った。
 この魅力確かに得難いものがある、と。


 ・・・・《茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)》
 ―――サルバドール・ダリ。

 関係ないのにいたくなる、トマト栽培するには、土トマトがあればいいのさ
 見たかい、冷蔵庫発芽!(おいおいジャガイモは冷蔵庫に入れるな!
 一瞬、蛇のかぶりつく瞬間みたいだと思ったよ!
  
 ・・・何をしているんだろう、君
 ―――そうだね、でもこれが『脱線』ってやつさ。閑

 「いいだろう、竜也と言ったな、
 しかと聞くがいい―――指揮官の名前は、ルシファー。

 (「一時停止」「凍結」「猶予期間」)***二〇一三、ニュージーランドの海の怪物・・
 写真家のスティーヴ・グシュマイズナーが走査型電子顕微鏡を使って800倍に拡大したマクロ写真で、
 2016年の王立写真協会の国際科学部門で最終選考に残った、エイリアンのような蚊の足。

    、焼き付、引き伸ば―――。適用」《

 「ルシファー・・」と、プリムラが絶句する。
 
       3.png

   次の瞬間、アルカハイムトの喉を伝って低い声が聞こえてきた。
   プリムラや、バルガスは、十二時を告げる時計の針のようにピタッと静止する。
     7.png

   ――― 浮かび上がる―――浮かびがる・・!

      オペレング・シテム・・・・・・


 「・・・竜也と言ったな、聞かせてもらったぞ。若い命知らずの坊や。
 遊んでやるから、すぐこちらへ来い。

 ―――変 、ひ  み、   み。 ・・・ねじっ// よじれ// 
 次の瞬間、すうっ―――っつ・・と、魔法陣呪文詠唱もないのに、
 次元の扉られるすさまじい能力なのはさすがのにもわかる
 のようにこえる・・まだ人物―――ァー力・・。




 












最終更新日  2017年12月05日 00時14分52秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

まだ登録されていません

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

MY LIFE


MY LIFE 2


MY LIFE 3


MY LIFE 4


MY LIFE 5


MY LIFE 6


MY LIFE 7


MY LIFE 8


MY LIFE 9


MY LIFE 10


MY LIFE 11


MY LIFE 12


MY LIFE 13


MY LIFE 14


MY LIFE 15


MY LIFE 16


MY LIFE 17


MY LIFE 18


MY LIFE 19


MY LIFE 20


MY LIFE 21


MY LIFE 22


MY LIFE 23


MY LIFE 24


MY LIFE 25


MY LIFE 26


MY LIFE 27


初期作品 1


初期作品 2


初期作品 3


初期作品 4


初期作品 5


初期作品 6


初期作品 7


初期作品 8


初期作品 9


初期作品 10


初期作品 11


初期作品 12


初期作品 13


初期作品 14


平和≪ヘエワ≫


月桂樹≪ローリエ≫


情念


永久平和論


ぐでんぐでん


砂時計


長距離バス


旋律


キャベツの試練


リンシー


あなたしか愛せない・・・・・・


十七歳


春のときめき


夕陽≪アローン≫


ミイラになった古代埃及マントヒヒを想って



青の呪文


じゃあ、教えてよ


カヴァティーナ


風船の月


シルキヰ


wa!ひろさん書


写真+詩


秋の鳥


聖書/蝶


スサノオ伝説


スサノオ伝説 2


君は生きてる意味を知らない


涎を垂らしながら自由を


素敵な叔父様


素敵な叔父様 お手紙編


皓い鐘の音


素敵な叔父様 ピクニック篇


素敵な叔父様 おしるこ篇


素敵な叔父様 おしるこ篇 2


探偵


探偵 2


探偵 3


詩の実験


詩の実験 2


不安の午後


恋人


えてるる・しるく・ぱふあにゅーぎにあ


ジャズ


人 間 産 業 廃 棄 物 *18禁


無題


いくらか時が過ぎたから・・・。 *18禁


硝子の卵




難解詩 1・2


切符


こたつくん


実験


ナンナノサ


見なければ起きないことがある


太陽の讃歌


悪夢


思考


火と水


日本人


水深九十八メートルの夜



死神ミラージュ


終わりなき日


青の季節


311


すべてが古い砂に変わる日のことを・・・・・・


人身売買


セント・ジョージ


彼岸花



アヴァンギャルド


女を愛するということ


舞台


舞台 2


舞台 3


舞台 4


舞台 5


忘れ去られた事故


うすい坂


6月12日


少女の頃にかえれたら


ただ、その人に悲しみを


メサ・ヴェルデ


呪われた時代


呪われた時代 2



初期作品リスト


be in a state of action


煉獄 1


煉獄 2


入学式


安らかな空虚


安らかな空虚 2


空港


空港 2


雪山


方言


もはや相見ることはなく 


イラスト+詩「アルコール・ランプ」


陶酔


陶酔 2


陶酔 3


陶酔 4


四人家族


十七歳の夏


神の世界 1


神の世界 2


神の世界 3


メタアルファ


27、カート・コバーン


オープニングセレモニー


無限の青


ゲルニカ


風と波


薔薇色の夜


殺人


The fog blurs my vision



鎮魂


夜の街を歩く詩人


さっき、キリスト教の勧誘が来たんだ!


孤独なゲーム



ガラス板の中で


深い闇


感傷


神話


REAL


翳り


非現実な妄想に死んでいる


批評のこころみ


邪悪な眼


やさしい気持ち


・・・みつめてる――みつめてる、夏・・


エロティシズム


灰と煙に目が痛い


折りたたまれる夏の日の頁 1


折りたたまれる夏の日の頁 2


名人伝


宇宙人


芸術家の君へ


Retriever



共同幻想


僕が君を見つけるまで



現在


手が届かなくても、つながってる。


クローズド・サークル


イラスト+詩「愛の世界」


写真+詩「感動」


俯瞰する町の、タップダンス・・・!


死亡線上


瓦斯


パジャマ


ゼロと一秒の間


音程のこころみ


~ スピリチュアル・ヒーリング ~


~ スピリチュアル・ヒーリング 2 ~


一行詩


七行詩


八行詩


九行詩


十行詩


十一行詩


十二行詩


十三行詩


十四行詩


wa!ひろさん写真+詩


ひろやすさん写真+詩


顔文字詩


アート詩詩文控え


イラスト写真詩詩文控え 1


イラスト写真詩詩文控え2


イラスト写真詩詩文控え3


愛の讃歌


愛の讃歌 2


愛の讃歌 3


想像の森


想像の森 2


想像の森 3


想像の森 4


想像の森 5


wa!ひろさん写真詩「夜」


オナニ・マシン・フルスロットル・ロケット


最後の夜明け 1


最後の夜明け 2


僕自身を説明せよ!


仕事


イラスト+詩「ハンバーガー・ラヴ」


現代詩を終わらせよう


夢想の家


ロルカの沼


エゴ


CITY


わかっているのだ・・・・・・それは・・・


アメリカの音


リズムセクション


Why is it that people born and then they


Is it already over?.......


お伽噺とドロップ


ライン川


猫の話 


愛について


日記詩


日記詩 2


日記詩 3


日記詩 4


動く小説投稿サイトの作品


詩集




Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.