2839706 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天VIDEO:アニメ会の日替わりアニメ定食

PR

プロフィール


楽天VIDEO

カテゴリ

サイド自由欄

当ブログのキャラクターを描いていただいた吉井ダンさんが作画された「おんたま!」もよろしくお願いします。

おんたま!(1)


にほんブログ村 アニメブログへ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2008.04.30
XML
【サンキュータツオの『純情ロマンチカ』名言集 第3話】

~『純情ロマンチカ』の最高すぎるセリフを『カイジ』化する運動~


負けた……っ
私は負けたっ……
「ないないと思って次もないと思っていたら、
 ……それはもう術中。すでに泥中…腹までっ……!!」

そんなわけで私が、日本男子初の「純情ロマンチスト」サンキュータツオです。
芸名を「立川腐男志」に改名しようかと思ってます。
『純情ロマンチカ』には完全降伏です。「一人ポツダム」です。

「つねに衝撃の急展開」で視聴者の腹筋を激しく刺激することから、「ビリーズ・アニメキャンプ」と呼ばれ、
そして、同時にあまりに切なくてグッときてしまうことから「アニメ田次郎」との呼び声も高い、
純情ロマンチカ!!


今期、ダークホースでありながらキラ星のごとく現れ、
・男性同士の恋愛がデフォ、
・ご都合主義上等、
・オープニングでいきなり抱き合いシーンあり、

と、さまざまな革命の起こしっぷりに、もうじっとしてはいられません!

私サンキュータツオ、完全にその病に冒されました。
もうなにも言いません。
「とにかく見てくれ!」としかいえない、多面的に衝撃的な作品!
しかも作画しっかりしてる!!

いい! いいのだよ!
最高、最高なのだァ!


というわけで、遂にその素晴らしすぎる「名言集」をメモせずにはいられない病になりました。
なので、独断と偏見で選ぶ「ロマンチカ名言集」をお送りします。

************

【第3話】
登場人物:ヒロさん、野分、宇佐美テンテー

ヒロさんは、宇佐美テンテーの幼馴染である。
ヒロさんは宇佐美テンテーに片想いをしております(男に男が片想い♪)。
しかし、宇佐美テンテーはこれまた幼馴染の秋彦(男)に片想いしておりました。
ヒロさんは、宇佐美テンテーに振られて失意のドン底におりましたが、
そこに現れたのは、公園で出会った、野分である。
野分は、どうしても大学に行きたくて、ヒロさんに家庭教師を頼みます。
ツンデレのヒロさんは追い払いますが、どこか野分を放っておけず…。
そして、(なぜか)野分はいきなりヒロさんに告白します。
そこに宇佐美テンテーが落ち込んだヒロさんの様子を見に来てハチアワセ!!

このヒロさん、野分(というか、野分×ヒロさんなのだけれど)の関係は、
作中では「純情エゴイスト」というくくりでの物語りになっていることも発覚!!

つまり、
「宇佐美テンテー×美咲」=「純情ロマンチカ」
「野分×ヒロさん」=「純情エゴイスト」

そしてそして!
公式HPによると、もうひとつ
「純情テロリスト」
というカプが存在するようなのだ!
ドーン!

テロリストって! テロリストってねえ、ああた。

…革命だ。
これはアニメ界の革命児やー!

というわけで、
名言連発の『純情ロマンチカ』第3話。
歴史に残る名言は、このような関係性のなかで生まれたのです。

皆様、メモのご用意を。

************

≪野分≫
「すいません、ヒロさんはオレがもらいます」

「ヒロさんに一目惚れしたからです!
 でも、本当の一番は、ヒロさんと一分でも一緒にいたいからです」

「オレは…、宇佐美さんの代わりにかれますか?」


≪ヒロさん≫
「秋彦……優しい…だから、たまらなくなる
 触るな 
 その声で、オレの名前を呼ぶな
 その気がねえなら、優しくすんな

「そもそも、男が男に告白って…いや、オレも男が好きなわけだが

「なんで変装して野分のバイト先の目の前にいるっ!?」

「マジで、たまたま入ったカフェが、野分のバイト先の目の前だっただけだよ!」

「なんだあいつ!
 なに女子高生相手にヘラヘラしてんだよ!
 お前はオレが好きなんじゃねえのかよ!
 なに鼻の下のばしてんだよっ 野分の分際でー!」


≪野分≫
「二度とくんなって言われて目が覚めました。
 宇佐美さんへの対抗意識で、
 焦って告白したことを反省してたんです
 でも、ヒロさんがあきらめることが、
 どうしてもできません」


≪2人≫
ヒロさん「こういうの慣れてないから…」
野分オレが、慣れさせてあげます

≪野分≫
「いままで、想うだけだったのなら、
  これからは、オレに想われてください。」


≪ヒロさん≫
「お前のせいだ。
 お前の手があまりにも熱いから。」

「むかつく。
 野分の意味は、台風ってこと。
 いつの間にか巻き込まれていく
 気がつけば、落ちている


≪ヒロ≫
「不器用だけど、ただ純粋に喜ぶ姿が見たいんだ」
 
≪2人≫
野分「ヒロさん、オレ…うれしくて死にそう」
ヒロバカヤロウ♪ 

************

もちろんこれらすべての名言に、私は「キャーーーーーァ!!><」と胸キュンしたのは言うまでもない。

最後のヒロさんの「バカヤロウ」は、嬉しすぎてあきれたときの「バカヤロウ」でございます。
いやもうこの2人最高!
とにかく『エゴイスト』はヒロさんのツンデレっぷりが見ごたえ充分!
かわいいのなんのって!
そして年下なのにもかかわらず直球派クール系の野分のあぶなっかしさにも要注目!

このまま三組のカプを見せられ続けるのは、
まさにサッカーでいうブラジルとアルゼンチンとイングランドの2トップを見続けるようなもの!
最終回が、最終回がもう怖い!

こうして、「純情ロマンチカ」の最高すぎるセリフを『カイジ』化する運動を起こそうと思います。







最終更新日  2008.05.01 00:47:05
[水曜…サンキュータツオ] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.