2839989 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天VIDEO:アニメ会の日替わりアニメ定食

PR

プロフィール


楽天VIDEO

カテゴリ

サイド自由欄

当ブログのキャラクターを描いていただいた吉井ダンさんが作画された「おんたま!」もよろしくお願いします。

おんたま!(1)


にほんブログ村 アニメブログへ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2008.06.11
XML
【サンキュータツオの『純情ロマンチカ』名言集】


事件です!!
宇佐美テンテーと、
上條ヒロさんが、
幼少期に!!


♪その手離さないで~離さないで~

全国のロマンチカニスタのみなさん、こんにちは。
私が、日本男子初の「純情ロマンチカニスタ」サンキュータツオです。
芸名を「立川腐男志」に改名しようかと思ってます。
『純情ロマンチカ』には完全降伏です。「一人ポツダム」です。

「つねに衝撃の急展開」で視聴者の腹筋を激しく刺激することから、「ビリーズ・アニメキャンプ」と呼ばれ、
そして、同時にあまりに切なくてグッときてしまうことから「アニメ田次郎」との呼び声も高い、
純情ロマンチカ』!!


というわけで、遂にその素晴らしすぎる「名言集」をメモせずにはいられない病になりました。
なので、独断と偏見で選ぶ「ロマンチカ名言集」をお送りします。

************

【第9話】 情けは人のためならず

登場人物:【純情ミニマム】組
幼少期・宇佐美テンテー
幼少期・上條弘樹

キター!!
ついにキタ!
「幼少期話」!
待ってました!

いや、もちろんどんなアニメにもある方法ですよ、方法なんですけども、BLでしかもショタをテレビでって……。
しかも【純情ミニマム】って!

またもやアニメ史上に燦然と輝くアニメーションを展開したぞ、ロマンチカ!

【あらすじ】
ついに明かされる、ヒロさんの初恋…、宇佐美テンテーへの恋心の萌芽!
いつも森の秘密の場所で、悔しいことがあると泣いていたヒロさん。
しかしあるとき、そこを訪れると寝ている少年が。それが宇佐美テンテーだった!
2人は仲良く遊ぶ友達となったが、
ある日ヒロさんは泣いている姿を秋彦に見つかってしまう。
そこで、「元気がでるおまじない」と言って、キスをされる。
「手が冷たい」というと、手袋を片方貸してくれる秋彦テンテー。
「でも片方は冷たい」というと、手をつないでくれる秋彦テンテー!
キャー!
こうしてヒロさんは、テンテーに恋をしてしまうのであった。
(なんて自然なストーリー!)

子どもなのにまたもや名言連発ですよ!
皆様、メモのご用意を。

************

≪ヒロさん≫
逆光でまぶしい秋彦(宇佐美テンテー)を見て、
「白だ。
 秋彦を色にたとえたら、白だ


 ※今後、好きな人の色のイメージは、みんな白でいきましょう。

≪ヒロさん≫
森の秘密の場所で秋彦と楽しく過ごすヒロさん。
「緑と青と白のトンネルで、秋彦とふたり。」

 ※ヒロさん、昔から感性が女性であることが確認できました。
  なんすかトンネルって。

≪宇佐美テンテー≫
「お前、墓穴掘るって言葉しってる?」

 ※いや、BLアニメでその言葉って、違う意味に……。

≪ヒロさん≫
元気がでるおまじない、と言われて秋彦にキスされたヒロさん。帰宅後…。
「なんだったよアレは。
 元気になるおまじないなわけねーだろ」


≪ヒロさん≫
「正式名称キス、
 古式名称接吻って言うんだ!
 せ、せ、セック…」


 ※見事な場面転換のタイミングでした。

≪ヒ≫「お前さあ、いつもなに書いてるの?」
≪宇≫「

 
 ※昔から必要以上の言葉を発しない宇佐美秋彦大テンテー。
  そして、昔からお話を書いたりするのが好きな宇佐美テンテー!

≪ヒロさん≫
秋彦の使用人に見つからないように二人で体を寄せて隠れているときのセリフ。
「この男の人に見つかってもいいから、
 秋彦にドキドキしているのが気づかれませんように」


≪ヒロさんママ≫
礼儀正しい秋彦を見て、目がハートマークになり、
「ママの目には秋彦くんの背中に翼が見えたわ!」

 ※親子で虜じゃねえかよ!

≪ヒ≫「とにかく!
    どんなときでもお前はオレの味方だからな!
    覚えておけ!」
≪宇≫「うん…」


 ※はじめて秋彦にフラグらしきものが立った瞬間!

≪ヒロさん≫
「オレはなんでこんなに秋彦に
 ドキドキしてるんだろう?」


≪ヒロさん≫
自作の小説を渡され、秋彦に「二人だけの秘密だからな」と言われ、
「“二人だけの秘密”。
 なんて素敵な言葉なんだろう」


 ※完全に女になっているヒロさん。

●メモ
・森で寝ている秋彦が一瞬、完全に「渚カヲル」に見える件
・男の子が二人で手を繋いでる姿って、絵になるなあ。
・ヒロさんが自宅で秋彦に渡した本。秋彦が黙々と読んでいたのが『クマ惑星の王子 上』。
 キャラぶれてねー!
・「手を重ねるイベント」「縦笛で間接キスイベント」など、
 従来男女間での様式美とされていたイベントが次々とBL界にも進出!
 この歴史的瞬間に立ち会えただけで幸せ。
・手の大きさを確認するために、手を重ねるふたり。ドキドキしてるヒロさん、カワユス。
 そもそもこの作品では「手」の表現が多出する。
・縦笛で間接キスしてドキドキするヒロさん。
・すっとんきょうな会話。
 ヒ「あのおじさん、誰?」
 宇「しつじ」
 ヒ「……名前、メリーさんだろ」
 宇「田中さん」
・自分の小説を読まれ「おもしろい」といわれて、
 顔を赤くする秋彦! かーわーいー!
・幼少期、上條弘樹=喜多村英梨さん、幼少期、宇佐美秋彦=佐藤利奈さん
・ヒロさんの書道二段の賞状、師範の名は「千本松千景」



************

もちろんこれらすべての名言に、
私はキャーーーーーァ!!><でございます。

これだけ「いい雰囲気」が、いつしかヒロさんの片思いになっていくのを我々は知っているだけに、ついついヒロさんを応援したくなります!
きっと、二人の仲に、タカヒロという存在が割って入ってくるんだろうなあ。
ああ、切ない!
続きが見たい!

おもっしろいなあ、『純情ロマンチカ』。
幼少期エピソードでこれだけ熱くなれるとは!
オレ、全然アリでしたよ。
しかも従来のカプの壁を突き破った、「奥の手カプ」!
最高でした。

アニメメイトでは『純情トライアングル』っていうウェブラジオやってるの知ってる?
あれ聞いてますよ。あっちもいいですよ。


「純情ロマンチカ」の最高すぎるセリフを『カイジ』化する運動はまだまだ続く。






最終更新日  2008.06.12 00:16:51
[水曜…サンキュータツオ] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.