000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

楽天VIDEO:アニメ会の日替わりアニメ定食

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

サイド自由欄

当ブログのキャラクターを描いていただいた吉井ダンさんが作画された「おんたま!」もよろしくお願いします。

おんたま!(1)


にほんブログ村 アニメブログへ

バックナンバー

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2012.01.05
XML
【サンキュータツオのそういえばですけど】 12.01.04号


サンキュータツオの「世界一初恋愛2」番外編
  ~この名言を忘れない! 「世界一会話」!~


サンキュータツオだポポー!
更新お待たせいたしました!

あけましておめでとうございま腐。

というわけで、2012年になり、昨年末放送の終了した『世界一初恋』の熱気もまだ覚めやらぬなかですね、
前回で最終回かと思われた、「世界一初恋愛」、なんと番外編を用意しました!

さー、世界一初恋とともにあるブログ、
二週間のご腐沙汰でございます、

サンキュータツオの
世界一初恋愛2!

(せかいいちはつこいあい2)
 
番外編 「世界一会話」!


要するに、このセリフ良かったよねーと、振り返るだけのコーナーです。
いろいろありすぎて迷いすぎたので、順位とかじゃんく、10個、挙げます。
いろいろあったことを思い出すキッカケとかにしてくれたらいいです。
紹介順にとくに意味はないです。
このセリフ、グッときたねー!という個人的な思い入れの強いやつを。

10 

「最初は手が気になった 骨格のバランスがよくて…」

キタコレーー!!
羽鳥と千秋の仲に、緊張感を走らせる第三の男、優。
唯一骨フェチという変態性を恥ずかしげもなく披露してきれた悲劇のヒーロー!

彼もまた、いろいろな名言を残した男である。

「本当ににぶいなあ! そういうとこも含めて、お前のこと好きだけど」
「言っとくけど、友達としてとか、人間としてとか、じゃなくて
 恋愛感情での「好き」だからな」
「考えたことないなら考えて」

など。恋愛に関しては「諦めない」姿勢と、「いつまでも待つ」という粘着質な姿勢を垣間見ることのできる発言が多かった彼。
千秋が羽鳥のことを好きであることを知っていながら、それでも待つというこの男の健気さに、心をつかまれた人も多かろう。
私は、おなじ境遇なら圧倒的に横澤さん支持なのだが、しかしこの男の存在感は圧倒的だった。
いつ千秋をとって食うかもしれない、ジョーズ的な緊張感を提供してくれた彼に拍手!
千秋と二人で一緒に温泉行って、途中、帰られちゃうという悲惨な目にあっているかわいそうなキャラなのだが、悲壮感を表情に出さない。こいつのそこが好き!

で、このセリフ。
骨に関する異様な執着ぶりがにじみ出た明言である。彼は骨が好き。
骨とは、体のなかの心。そう、目には見えない、「体」の象徴。
どこまでも深く、欲しがる人ということと私は捉えた。

「いまどきの子に珍しく、骨格が良かったような。」
などのセリフもあり、彼が千秋の骨に興味を示していたのは、大変印象深い。

9. 井坂

「バカかお前は!
 お前がオレに思ってることは、
 オレがお前に思っていることだ!」


キタコレー!!
なんなんでしょう、この遠まわしすぎる表現は!
そして、お前のことはよくわかっているんだとも言っているような自信。
井坂さんという人間をよく表現しているセリフだったのではないでしょうか。
純情ミステイク。まさかこのシリーズで見ることができるとは思ってなかったのですが、
いやあ、いいもん見ました!
そして、このセリフは、次のセリフとセットで堪能したいものです。

8. 朝比奈

「無礼を承知の上で申し上げます。
 私はあなたが好きなんです。
 私などあなたのそばにいては、迷惑になります。
 ですから、離れたいのです。」


キターーーーコレー!!
なんなんでしょう、このかしづきぶり!
圧倒的に立場が下の者の告白!
顔色ひとつ変えずに言うのがポイント!
井坂と朝比奈のカップルは、この関係性に集約されるのであろう。
最後に、井坂が、「後悔はしていない。本当に欲しいものは、手に入れたのだから」と言ってくれたのは、本当に救われました。


7. 丸川の女性社員

「自分からなにもなくなっても、ちゃんと待っててくれる人」
「ヒット作より結婚相手のほうが、人生保証してくれるからねえ」


キタコレ。
エレベーターで会話をしているときに、ものすごいキャリアウーマンが言ったセリフ。
近々結婚をすることになった彼女が、結婚を踏み切った理由を聞くと、こんなセリフが返ってくるのである。

これは考えさせられるセリフであった。
これは、恋愛とはなにか、ということの向こう側にある、愛する人とはなにか、結婚とはなにか、という問題にも繋がっている。
BLにおいては、男女ではなく男男が対象となっているので、
このような女性的な意見を、もしかしたら両方が抱えているかもしれない。
そして、結婚はできない。
このような脇役の存在が、結局律や主人公たちには常に突きつけられている。そんな緊張感を生んでくれたセリフだと思うのである。
あのシーンはホントに好きだった。


6. 杏

「いままで、いろんな男の子と付き合ってきたけど、やっぱり律ちゃんじゃなきゃイヤなの」

キタコレー!
律の許婚として登場した女性キャラ、杏。
なぜこのセリフが!?と思う方々も多いだろう。
しかし、このセリフが「裏名言」から私に飛び込んできてこの表名言に入ったのは、
「うわ、このキャラ応援できないわ!」とこのセリフを聞いて思えたからである。
もし、許婚にふられる女性キャラとして、「私はずっと律ちゃんしか想えなかったの」とか言われたら、感情移入していたかもしれない。
しかし、このセリフはあくまで男男の恋愛に男女を交えることを目的としていない。ややこしくなるだけである。
ここでは、律の心の葛藤に踏ん切りをつけるための、もともと高野への愛情を気づかせるための存在でしかない「杏」でなければならない。
そういう意味で、「いろんな男の子と付き合ってきた」を言っちゃう杏ちゃんは、そのタスクに100点回答したと言っていいだろう!
「律ちゃんのことを忘れようとして、ほかの男の子を好きになってみようと思ったけど」とかだったら、これもまた全然印象がちがっただろう。

当時は、この女の子、ないわー!とか思ったけど、いま振り返ってみると、
このセリフを「言わされている」杏ちゃん、かわいそう、とか思ってる。
って、私は、いったいなにを見てるんだ!


うわー、これすごい楽しいィ!

というわけで、かなり書いちゃったので、次週に残りの5つを紹介したい!


恋愛に必要なことは、
すべて中村春菊先生に学んだ!











最終更新日  2012.01.12 23:09:04
[水曜…サンキュータツオ] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.