2908774 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天VIDEO:アニメ会の日替わりアニメ定食

PR

プロフィール


楽天VIDEO

カテゴリ

サイド自由欄

当ブログのキャラクターを描いていただいた吉井ダンさんが作画された「おんたま!」もよろしくお願いします。

おんたま!(1)


にほんブログ村 アニメブログへ

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2012.02.18
XML
今週のノンセクション私的10項目



1・「夏目友人帳 肆」

夏目の力になりたい田沼の葛藤と、
田沼を引き込みたくない夏目の葛藤と、
そしてそれを諭す名取さんの思い。
毎回いろんな角度で味わい深い。
なんとも手数が多い作品。
とか思ってたら次週は的場さんの側近の、
七瀬さんの話っぽい。
まさかのババア回想回。
なんとも懐が深い。



2・「男子高校生の日常」

テンション低めで気だるげで、
ぶっきらぼうで生意気ぽい。
でも年上には一応敬語。
そんなタダクニ妹は、
取り扱い注意な天使である。
唐沢と付き合っちゃえばいい。



3・「僕等がいた」再放送

ハマった。
七ちゃんの声がいいと思ったら。
ささきのぞみさんだった。
あまり他にいない感じの声。

さらに山本奈々役のゆりんさんて、
もの凄い昔にCSの番組で仕事したことある。
その時はまだ声優ではなかったけど、
芸名がゆかなさんぽかったんで覚えてる。
この人の声も他にいない感じの声。



4・「あの夏で待ってる」

沖縄の海でのゲストキャラ参戦。
複雑な恋愛構造に寄せられる波紋で、
こう着状態に動きがあるか?
と、思ったら、
騒動起こす要員としての、
たんなるゲストキャラ樹下さんも、
またなにか背景を背負ってそう。
ますます難度が増していく恋愛立体交差。



5・「Another」

同時にいないものになったことで、
親密度が増す結果となった鳴と榊原。
内心一人で心細かった鳴が、
榊原に心を開いていく過程がいい。

屋上で弁当食ったりと、
甘酸っぱい青春の1ページの様相も。
初めて屋上に日が差したのは、
溜めの演出の妙技。

眼帯を外し義眼の瞳を見せる描写は、
全てを見せてあげてもいいという、
鳴の告白のようにも見え、
なんともエロティックだった。

あとCM明けのBパート冒頭は何事かと思った。
中学生の妄想だと思えばイタくも微笑ましい。
そして来週へのヒキは安定の怖いヒキで。



6・週刊少年チャンピオン

「てんむす」九×百は、
信頼と絆のサブキャラカップリング。
付き合え! 付き合うのだ!



7・「ブラック★ロックシューター」

こはっち先輩が健気すぎて辛い!
毎週ズシズシくる胸の痛さ。



8・「アマガミSS+」

純一は各編毎に新たなエロ技を仕掛ける
(仕掛けられる?)が、
これは年々難度と危険度が増していく、
プロレス技を見るかのようなエスカレートぶりである。
自らのバックを取らせ急所を臀部で攻撃する、
棚橋ならぬ棚町さんの技の名は、
擦リング・ブレイドか尻ング・ブレイドにしたい。

しかし二人が深夜バスで披露した、
某筍菓子を用いたポッキーゲームチキンレース。
あの発想はなかった。



9・「小説らき☆すた~ひとめこなたに」

作中で義姉さんが遠野物語を読んでいる。
そして義姉さんと嫁の会話で、
「ざしきわらしって知ってるでしょ?」
「あ~!妖怪の?」というくだりが出てくる。
この箇所になにやら俺の影が、
ちらついているような気がするのは、
俺だけだろうか?

義姉さんのこなちゃんに対する、
溢れんばかりのツンデレ愛を、
存分に見せ付けられる一冊。
しばらくはこのネタで、
義姉さんをからかえる。



10・「妖狐×僕SS」

花澤香奈マジックによる、
「恋愛サーキュレーション」の感動再び!



11・「BRAVE10」

コメディーとしての組合せだと、
才蔵・筧さんというコンビもいい味だしてたが、
意外と佐助・鎌之介というのもあるかもしろない。



今週はかろうじてプラス1。
来週は何個見つけられるか。
時間はあるんだ! 余裕はないけど!






最終更新日  2012.02.19 02:22:00


キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

楽天カード


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.