2831129 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天VIDEO:アニメ会の日替わりアニメ定食

PR

プロフィール


楽天VIDEO

カテゴリ

サイド自由欄

当ブログのキャラクターを描いていただいた吉井ダンさんが作画された「おんたま!」もよろしくお願いします。

おんたま!(1)


にほんブログ村 アニメブログへ

バックナンバー

2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2012.05.26
XML
今週のノンセクション私的15項目
2週間分にて御免!



1・「黄昏乙女×アムネジア」

小此木さんと霧江さんの組み合わせが微笑ましい。
もっとキャッキャウフフをすればいい。
同学年同士のスール関係といえなくもない。
意外と敬語の小此木さんが姉だと俺は踏んでいる。

予告イラスト可愛いなと思ったら勇人先生だった。



2・「君と僕。2」

千鶴×メリー回は名勝負数え唄。
テンパったメリーが敬語を使う。レア。

春ちゃんにチョコあげた娘なかなか。
モブキャラがかわいい作品は気が抜けない。
しかし最終的にチョコ貰った春ちゃんが一番かわいい。
そして要ママは乙女。



3・「這いよれ!ニャル子さん」

登場人物多すぎず少なすぎずフルハーレムでもなく、
恋敵同士も必要以上にギスギスしてない。絶妙の対人バランス。
そしてハス太のシーンはいちいち丁寧。
あの邪神は制作の神に愛されている。



4・「長門有希ちゃんの消失・4巻」コミック

スピンオフのパラレルプロットで、
こういうアプローチの仕方あったのかと感心。
映画版では消失長門に感情移入したけど、
この巻ではそれがテレコになった。
最終巻くらいのテンションの高さ。
まだ続いてくれるみたいでよかった。



5・「乙嫁語り・4巻」コミック

双子の結婚にまつわるあれこれ。
ワンテーマでいろいろ見せ方変えてのあれこれ。
見せ方も転がし方もうまい。
前の巻が悲恋だったので、今巻でホッ。
あの時計は更なる展開の伏線だろうか?
次巻楽しみ。



6・「タケヲちゃん物怪録・1巻」コミック

とよ田みのるさんの妖怪もの。
稲生物怪録を下敷きにしたハートウォーミングな作品。
とよ田テイスト満載でほろっとくる。
シュールな怪異大喜利である稲生物怪録は、
一度じっくり原典を読んでみたい。



7・「LUPIN the Third~峰不二子という女~」

「ボーイフレンド」という言葉に、
アダルトテイストにはしてあっても、
テレビ版に繋がるエピソード0としてのこだわりを感じる。



8・週刊少年チャンピオン

チャンピオン三十路女性キャラがたまらない!
「りびんぐでっど」の圭太ママ然り「ましのの」長谷部先生然り。



9・「魔法少女まどか★マギカ」再放送

杏子とさやか雪解け回。
ここから三話は今でも夜通し語りたいくらい残酷な濃密さ。



10・某書籍

そういや死刑囚の一言みたいな本。
世間知らずの天然で知られるマリー・アントワネットが、
刑場に連れて行かれる際に、執行人の足を踏んでしまい、
「ごめんなさい。悪気はなかったの。
でもあなたの靴が汚れなくてよかったわ」と、
天然丸出しの発言をしたというエピソードを読んで少々萌える。
ギロチンの露と消えるには惜しい。



11・「さんかれあ」

蘭子回鑑賞。
健気さと不憫さに身悶える。
ランキングが大きく変動の可能性あり。



12・「坂道のアポロン」

千太郎が同級生ロックバンドでドラムを叩くことで、
過去の悲しい思い出の地雷を踏まれてしまう薫。
トラウマパンクならぬトラウマジャズ。
屈折した前衛バンドになったらどうしよう!?



13・「ふしぎの海のナディア」再放送

グランディスのすっぴんを見たい。
タヌキ顔のタレ目美人。



14・「CANAAN」再放送

録画鑑賞追いつく。とにかく面白い。
シャープながら大人っぽい気だるさありつつで、
セリフをかぶせ気味にぶつける演出という、
沢城さんの声の当て方がすさまじくツボ。

ユンユンかわいっすな。
盲腸ふたつって!



15・「黄昏乙女×アムネジア」

冒頭の夕子さんの体操着で油断してたが、
人外萌えの喉元にナイフを突きつけるが回。
「さんかれあ」然り、我々は覚悟と決断を迫られている。



16・「君と僕。2」

春ちゃん弟回。
若きリビドーがピュアすぎて、
おじさんはおもわず遠い目をしてしまう。
あの青すぎる気持ちを思い出したいので、
誰かおっぱい触らせてください。
服の上からでいいんです。



17・「這いよれ!ニャル子さん」

「百合星人ナオコサン」からゲストで邪神ちゃん。
海で同人誌売ってる娘。いいコラボ。



18・「咲-Saki-阿知賀編」

録画鑑賞追いつく。
スピンオフ好きとしては、
本編よりも好きな部分多々あるな。
強豪とはいえない部の目標が明快でいい。

隠乃。宥。セーラ。
あと劔谷の部員らのビジュアルの地味さ。
皆、誠実そうでいい。



19・「モーレツ宇宙海賊」

録画鑑賞3週分まとめ見。
ヨット部で弁天丸の操舵をしてたアイちゃん可愛い。



20・「謎の彼女X」

録画鑑賞3週分まとめ見。
ハサミの日焼け、椿姉の制服姿、コートの下の水着姿、
足独り占めと総じてフェティッシュ。
そんな中、卜部のアカンベー写真が爽やか。
こってりラーメンに香る柚子の香りの如し。



21・「タイガーマスク」再放送

プロレスとまったく関係ないトンデモ展開。
虎の穴のミスターXに雇われた中国人の殺し屋に、
催眠術をかけられ拳銃自殺をしかける伊達直人!
プロレスまったくせずに、夢の島のゴミ置き場で、
伊達直人として殺し屋3人と戦う。
結果、伊達直人が直接手を下したわけではないにしろ、
殺し屋3名は死亡。警察が動く事件だよ!

他、細かいところでツッコミどころ非常に多し!
リング以外でもプロレスはある。
ちなみに今回、一度もタイガーマスクにならなかった。



22・「坂道のアポロン」

同級生ロックバンドが機材トラブルで演奏できない中、
即興で薫と千太郎がセッション。
最後は二人でロックのライブほっぽって、
外に駆け出して行っちゃった!
残されたロックバンドの立場は!?
「ロックはジャズの噛ませ犬じゃない!」
これを機にあのロックバンドはパンク路線になるだろう。



23・「さんかれあ」

蘭子回鑑賞。
健気さと不憫さに身悶える。
ランキングが大きく変動の可能性あり。

と、先週ぶんとまったく同じ感想を言おうじゃないか!



24・「夏色キセキ」

皆で旅行。
東京より南に位置する島へ。
夜のフェリーに乗り、はしゃぐ少女たち。
フェリー乗ればそんな幸せな光景が見れるのか?
少なくともその昔、青函連絡船に乗ったときは見かけなかった。

凜ちゃんは発言がいちいち微妙にピントずれてて可愛い。



25・予告

「じょしらく」楽しみ!



26・「あっちこっち」

録画鑑賞3週分まとめ見。
旅行回のニヤニヤぶりは破格!



26÷2=13ということで-2。
くぅー!!!!!
来週こそは!






最終更新日  2012.05.27 05:11:49

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.