000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

PR

Comments

ひっと@ Re[2]:夏は小樽で魚釣り(08/04) ありがとう。了解です^_^
逍遥からひっとさんへ@ Re:夏は小樽で魚釣り(08/04) お久しぶりです! 電話番号を探したのです…

Calendar

Archives

2015年01月25日
XML
カテゴリ:日々のだいじ
IMG_4046 (375x500).jpg

会社の帰りにたまたま寄ったラフィラでラーメンの麺バイキングを見つけました。
家人ともどもラーメンは大好物なのですが、なかなかラーメン店に入って食べる機会がありません。
「逍遥館」のご近所には、名の知れたラーメン店が固まっているのですが、1年に一度横須賀から遊びに来るNちゃんと食べるか、ごくごくたまに狸小路の「一徹」に寄り道するくらいが精々です。

そんなわけで「銭函庵」の麺のバイキングに目が留まったというわけです。
目が留まったのにはもう一つの理由があります。
銭函は主人が小さいころに住んでいて、今でもとても懐かしい場所だということ。
ですから銭函の地名がついているラーメンを買って帰ったら「きっと喜んでくれるはずだ」と思いました。

IMG_4044 (500x375).jpg

選んだ麺は「喜多方風」の太くて若干平たい麺と「細麺」の2種類です。
「喜多方風」は醤油味で、「細麺」は塩味がよさそう。
味見のラーメンを頂きながら、お店の方に「銭函庵」について少々伺いました。

「銭函庵」は麺の商品名で「札幌八幸食品」さんが作っているとのこと。
銭函にあったお店は20年以上前にやめて、そのあと二十四軒で製造を続けているそうです。
イトーヨーカドーさんのネットショップでも購入できるとお聞きしました。
何でもネットで購入できる便利な世の中ですが、やはり対面販売にはかないません。
お店の方が「うちの商品は初めてですか?来月もラフィラで販売しますので、食べてみて気に入ってもらえたら、また寄ってくださいね!」と声を掛けてくれました。

帰ってから「銭函庵」をさっそく検索!(こういうときにはネットは便利ですね)
以下「銭函庵」名前の由来より
※八幸食品さんは創業当時、麺作りにこだわりを持ち、さまざまな工夫を重ね、また、良い粉にも巡り合えたそうです。 そして、粉と同様麺作りに欠かせない良質の水を求め、銭函の御膳水宮の傍に製麺所を設けたことに由来します。 また、この御膳水宮は明治14年に明治天皇が北海道行幸をされた際、小樽港から札幌へ向かう途中この地で休憩なされこの地の沢水を飲まれたことに端を発するそうです。

わたしとしては「明治14年に明治天皇が北海道行幸の際に飲まれたお水」というフレーズがたまりませんね。
もうすっかり御贔屓になってしまいました。

主人が作ってくれた美味しい「銭函庵」のラーメンです。
IMG_4048 (500x375).jpg
こちらは醤油

IMG_4051 (500x375).jpg
そして、しお

自分が作らないところがみそです。(これで、しょうゆ・塩・みそが揃いました!お後がよろしいようで)


|逍遙館俱楽部代表|


ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



「逍遙館」のカードはこちら!
IMG_1907 (375x500).jpg


100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト







Last updated  2015年01月27日 20時22分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[日々のだいじ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.