506826 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

PR

Comments

ひっと@ Re[2]:夏は小樽で魚釣り(08/04) ありがとう。了解です^_^
逍遥からひっとさんへ@ Re:夏は小樽で魚釣り(08/04) お久しぶりです! 電話番号を探したのです…

Calendar

Archives

2016年04月21日
XML
カテゴリ:日々のだいじ
IMG_8981 (375x500).jpg

銭湯博士にして、北海道のお菓子研究家であり、更に昭和大衆食堂をこよなく愛する塚田敏信先生から【う月食堂】のお話しを聞いて数年が経ちます。

80歳の母の記憶によれば、昭和30年代に父と狸小路で映画を観た後、この店に足を運んだといいます。
「美味しいお店だったよ」

ご主人亡き後、お母さん一人で切り盛りして随分時間が経過しているそうです。
だから、注文して30~40分待たされることしばしば。
それでもお母さんの味を求めて多くの人が【う月食堂】を訪れるのです。
そして超常連の方々がお母さんを日々サポートして【う月食堂】は成り立っています。
そんな【う月食堂】が・・・!!

IMG_8984 (375x500).jpg
本日って書いてるけど、しばらく閉まっています。

「塚田先生~緊急事態です!まさかまさかのう月食堂が閉まっています・・・」びっくり
お母さん、体力の限界なんですか?
超常連さんが泣いちゃいますよ~

IMG_9512 (500x375).jpg
「えっ!」

IMG_9514 (500x375).jpg

「そういうこと・・・」
なんだなんだ、驚かせないでくださいよ。
お店の半分をたぬきスクエアにあるラ・ジョストラ(LaGiostra)さんにお貸ししたってことですか。

IMG_9534 (368x500).jpg

「塚田先生、安心してください、う月食堂やっています!」大笑い

※前回、小樽のぱんじゅうが閉店していたとき、狸小路にあった10円ぱんじゅうが移転するらしいという【ガセネタ】を塚田先生にお知らせしてしまいました(汗)しょんぼり
小樽ぱんじゅうのお父さんは、しばらく入院していたためお店を一時閉めていただけでした。
小樽にご一緒したとき、うれしそうにぱんじゅうをほおばりながら「いや~ちゃんとこの目で確かめないとだめだよね」とおっしゃる先生の顔が思い出されます。
塚田先生に連絡しないでよかった~ウィンク

【追記】

IMG_9540 (375x500).jpg

会社帰りにさっそくプレオープンに行ってきましたよ!

|逍遙館俱楽部代表|

ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

入居募集中です。
DSC_0079 (335x500).jpg






Last updated  2016年04月22日 22時59分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[日々のだいじ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.