362102 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

PR

Comments

うぃに@ Re[2]:尾道逍遙~【時をかける少女】竹原市編(04/25) shoyokan1122さんへ ご丁寧にありがとう…
shoyokan1122@ Re:尾道逍遙~【時をかける少女】竹原市編(04/25) うぃにさんへ 今までメッセージに気が付…

Calendar

Archives

2018年03月03日
XML
カテゴリ:日々のだいじ



「札幌演劇シーズン2018年・冬」のトリを務めた作品、コンカリーニョ・プロデュース公演【ちゃっかり八兵衛】を観てきました。
この作品、廓で遊んだ代金が支払えず居残る厄介な男・八兵衛が、これまた厄介な人助けに奔走するという時代劇コメディー。



実はこの作品を観るのは2回目なんです。
前回は2016年12月の公演でしたが、私が見たのは2001年の12月バレン座公演の時ですから、すでに16年以上前になるんですね~
月日が経つのは早いものです・・・。



時代劇って、とても難しいと思うのですが、この作品時代劇でありながら、かつらを使用していません。
見ようによっては違和感を覚えるのでしょうが、そんなことは全く気にならない、むしろ身構えることなくすんなりと元禄15年の世界に入っていけるから不思議です。

16年前は、当時大ファンだったHAPPの横尾さんが、主役八兵衛を演じており、それだけでテンション上がりまくっていたというのに、観劇のあとに寄ったふる里という居酒屋で、飲みをご一緒させていただいた演出の紅千鶴(宝塚の方ではありませんよ^^)さんから、彼女の書き込みのある台本をもらったこと!!思い出すと興奮が蘇ります。

今回、八兵衛を見事に演じきった小林エレキさんの演技も、粋で色気があってステキでした!
エレキさんの次の公演が益々楽しみになりました。



16年前と同じ大石内蔵助役の棚田さん(当時は芝居のべんとう箱の役者さんでした)、渋さに磨きがかかっていましたね!
寒い劇場の出口で若い役者さんに交じって、お見送りのご挨拶をされるお姿に感動しました。

こうして札幌にいながら、上質なお芝居を観られること、力のある役者さんの演技を間近で観られること・・・。
演劇好きなわたしとしては、とても幸せなことだと思いました。

|逍遙館俱楽部代表|

ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2018年03月03日 21時58分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[日々のだいじ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.