369949 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

PR

Comments

逍遙です!@ Re[1]:花子さんとデートしました!(08/08) 花子さんへ 久しぶりのデート、楽しかっ…
花子です@ Re:花子さんとデートしました!(08/08) ブログアップ、ありがとうございます^^ …

Calendar

Archives

2018年03月30日
XML
カテゴリ:日々のだいじ



わたしにとってとても身近な歴史的建造物である札幌市資料館。
年に何度もその建物を見に足を運んでいます。

札幌の中心部をまっすぐと見つめ続けるその佇まいは、何も語らずともすべてを見通しているように映るのです。



92年間、札幌控訴院の時代から正義の象徴として存在し続ける女神テミスと秤。
法の公正さを表す象徴として、古来より司法関係機関に飾る彫刻や塑像として扱われてきた女神テミスは、目隠しをしています。
それは、彼女が前に立つ者の顔を見ないことを示し、法は権力の有無に関わらず、万人に等しく適用されるという【法の下の平等】を表しているそうです。



若いころから古いものに興味があったのですが、年を重ねるごとに特にその思いが顕著になり、とうとう【写真で見るあの日の札幌】(北海道新聞社)という写真集を買ってしまいました。
私と同じような人が大勢いるようで、この写真集かなり売れているみたいです。

確かにこの目で見てきたはずの風景は、いつの間にか今の姿に書き換えられてしまっていて、本をめくっては「あぁ、そうだった、こんな町並みだった!」とか「そうそう、確かにこんな建物だった!」と思わず独り言が多くなってしまいます。



もちろん、札幌市資料館もちゃんと載っていました。
驚くほどに、その姿は今と変わらず・・・



でも、昭和45年ころに移転計画があったことや、資料館の北側、今の教育文化会館のある場所に同じ造りの札幌地方裁判所が建っていたこと、



いつも子供たちが遊んでいる資料館の裏庭にも増築された建造物があったことも知りませんでした。



そんな思い入れの深い札幌市資料館が、とうとう国指定の重要文化財に指定されるべく新たな動きを見せることになりました。
修繕と耐震工事が行われるそうです。



「後世に伝承すべき建物」いつもながら角先生のコメントにも拍手!

|逍遙館俱楽部代表|

ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2018年03月30日 23時55分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[日々のだいじ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.