000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

PR

Comments

ひっと@ Re[2]:夏は小樽で魚釣り(08/04) ありがとう。了解です^_^
逍遥からひっとさんへ@ Re:夏は小樽で魚釣り(08/04) お久しぶりです! 電話番号を探したのです…

Calendar

Archives

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2019年10月04日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
忙しい彼女がようやく取ってくれた3泊4日をどう一緒に過ごすか。



初日の温泉旅行は、たった一泊であっても疲れが吹き飛ぶ楽しい時間でした。

2日目の目的は、札幌まで帰るドライブで8月の北海道を感じること。



今だけしか食べられない美味しいものを食べること。






久しぶりに一緒に海を眺めること。

何年振り?かの柴ちゃんとジェントル優子ちゃんと三人での夕食!



お互いに少し歳を重ねて、背負うものも多くなって、体力は確実に衰えてきたけど、それ以上に情けにもろくなりました。

次に三人で会える日は、多分来年の夏になるのでしょうね・・・。

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



北海道ランキング

100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2019年10月04日 09時26分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎年同じ時期に同じことをする。
当たり前のことを当たり前にする。
そうしないと、なんだか落ち着かないお墓参り。
今年は愛犬ヤムヤムさんの体調が悪く、予定していたお墓参りがズレズレになり、数か月があっという間に過ぎ去り、とうとうお盆休みギリギリになってしまいました。



どうしてもお盆休みの大混雑を避けたいと思っていましたので、ギリギリでも休みの前に滝野に行くことが出来て正直ホッとしました。



来るたびに増えている気がするモアイたち

お墓参りの後は「やるべきことを終えた」という気持ちになり心がすっきりとします。
すっきりとした後のお楽しみは、ジェラートをたべること!



いつもは果林樹に行くところを、今回はRE di ROMA Plus(レ・ディ・ローマ プラス)札幌常盤本店に初めてお邪魔しました。
16日「発見!タカトシランド!」でも放送されていましたが、「マツコの知らない世界」でも紹介されたんですね!



たくさんのジェラートを前にするといつも必ず迷ってしまいます。
1種類に決めれる人ってすごい・・・
ちなみに主人は必ずミルクかバニラ1種で、よくばりのわたしは絶対にトリプルにします。
今日は迷った挙句、さとほろいちごと湧別の塩とフレッシュチーズに決定!
サービスのトッピンクはマンゴーでした。



美味しかった!

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



北海道ランキング

100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2019年08月17日 22時47分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
とてもありがたいことに10連休をいただいています。
こんなことは初めてですね。

わたしにとって年号が変わるのはこれで2回目。
1度目は22歳のときでした。
天皇崩御で昭和が終わりを告げ、その後しばらく自粛ムードが続き、なかなか新しい年号をお祝いする気持ちにならなかったと記憶しています。

わたしの父親とほぼ同じ歳である平成天皇。
もう少し早く天皇の重責を次に渡すことができたらどんなに良かったか・・・。



戦争のなかった30年。
ほんとうに幸せな時代だったのかと問われたら、素直に「はい」と言えない出来事がたくさんあったと思いますが、戦の名のもと武器を持って日本人が人を殺めることがなかったという点では、心から良かったと思います。

令和の時代を本当に幸せな時代にするために、誤魔化しやウソに騙されない「真実を読み取るアンテナ」を張り巡らせ、身勝手な考えに浸食されず、行動する勇気を持って自立していたいと思います。



そんな決意をひそかに抱えつつ、庶民の味方「ホルモン欽ちゃん」に行きました。



平成最後の外食は安くて美味しいホルモン焼きでした。



さぁ令和元年も引き続きがんばるぞー

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



北海道ランキング

100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2019年05月06日 15時12分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類



新元号令和のスタートまであと10日、いよいよカウントダウンが始まりましたね。
いままでにない10連休というゴールデンウイークスタートまで1週間を切りました。



そして【ゆりや食堂】の一時閉店も同じく1週間を切りました・・・。



このとても古くて気になる建物群の中で、のれんが出ていなければ営業しているとは思えないほどレトロなお店だったゆりや食堂。

それは大正時代に建てられ建物で、最初は銭湯だったそうです。
食堂になって70年以上が経過し、さすがに建物の老朽化にはかないませんでした。
建物を外から見ただけで、よくぞここまで耐えたと称賛したいほどの年季の入り方です。



新聞に載った写真は、現在の店主で三代目の橋本さん。初代店主のお孫さんです。



以前お邪魔した時に食べた肉そばは、ホウレン草や海苔ものっかっているのに、庶民に優しいお値段でした。



また食事がしたいけど、きっと常連さんたちで混んでいるのでしょうね。
今後は50メートルほど離れたビルに移転して営業を続けられるそうです。
どんなお店になるのかオープンが楽しみですね。

大丸セントラル1階にあった顔出しパネル



もちろん顔出しマニアのわたくし、知らない奥様に声を掛けて顔出し写真を
写してもらいましたwww

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



北海道ランキング

100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2019年04月21日 21時56分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ある日のお江戸散策で清澄白河に初めて降り立ちました。



一番の目的は【清州寮】を写真に収めるため!

駅の案内板を見ながら探していると駅員の若い女性に声を掛けられました。
「何かお探しですか?」
「清州寮という昭和初期に建てられた集合住宅を探しています」
「清州寮????ですか・・・」
毎日この駅に通勤している方も(・・?の清州寮。
でも結構有名なんですよねー

同潤会アパートに憧れて100年住宅【逍遙館】を建てたわたしとしては、この昭和8年(なんと私の父と同じ歳じゃないですか)の集合住宅物件を見たいとかねてから強く思っていました。



たんなるレトロ物件とは異なり、かなり手入れが行き届いているように見受けられます。
後から調べてみると建て主はヨーロッパの集合住宅を実際に見てきた工務店(現大林組)に依頼したそうです。
むかしの写真を見ると全体がクリーム色の塗装でしたが、今は少し硫黄色のように見えてモダンな感じがしますね。



一階にはお花屋さんが入っていて、よりおしゃれな建物に見えます。



全部で66室、住んでいる方も若い人が多いそうです。



不法侵入になるので外から見ただけですが、各室の玄関はなんと引き戸のままといいますから、他にない物件に住みたい方には最高の住宅だと思いました。

逍遙館もいつかそんな建物に成長してほしいなぁ。

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



北海道ランキング

100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2019年01月09日 23時44分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年11月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
「もう少し乗りたいですね。」と住人の方と自転車置き場で会話したのは
3週間前の話し。
あれからぐぅーんと寒くなりました。
IMG_3182 (500x374).jpg

IMG_3183 (375x500).jpg
ちょっと前はこんなに綺麗だった通勤途中のいちょうの並木は紅葉の見ごろを過ぎて落葉が進んでいます。
「逍遙館」のパティオはというと
IMG_3179 (375x500).jpg

雨のせいであっという間に葉っぱが落ちちゃいました。

IMG_3194 (375x500).jpg

「先年は11月12日に雪が積もった」と友人のKさんがブログで書いておりました。
Kさんはほぼ毎日更新するからブログが日記代わりとなります。
すごいなぁ・・・
さぼりん坊のわたしは感心するばかり。

IMG_3180 (500x375).jpg
あぁそろそろ冬囲いをしなくては・・・。

こればかりはさぼってばかりはいられません。

IMG_3200 (375x500).jpg
とうとう雪も降っちゃいましたね。



|逍遙館倶楽部代表|


「逍遙館」のカードはこちら!
IMG_1907 (375x500).jpg



100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!











Last updated  2014年11月08日 10時08分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 「逍遙館」をつくりたいと強く思ったのは、青山に行くたびに目にしていた「同潤会アパート」の存在でした。
「同潤会アパート」とは、関東大震災で大きな被害を受けたため、不燃の住宅を供給することを目的とした近代日本で最初期の鉄筋コンクリート造の集合住宅。そのうえ居住者への配慮が行き届いたきめ細かな計画などの先見性が評価された建物でした。大正15年から昭和9年にかけて東京を中心に16棟が建設されました。

 私が青山の「同潤会アパート」によく足を運んでいたときは、このアパートの歴史について何も知りませんでした。ただただ古い建物の持つ何とも不思議な空気が、この建物にも漂っていて、居心地が良いことこの上なし。階下の個性的な店舗と、上階の昔からの住人の暮らしとがお互い邪魔することなく融合して、実に魅力あふれる空間だったからです。いつまでもそこにあり続けるという絶対的な存在感。あこがれの建物でした。しかしそんな「同潤会アパート」も時代の流れには勝てませんでした。老朽化と耐震性の問題で多くのファンの反対運動にもかかわらず、次々とその姿を消していきました。壊すことは簡単ですが、残すことは何と難しいことでしょう。

 先週所用で東京に行った際に、かねてからどうしても見ておきたかった「同潤会・上野下アパート」をようやく訪ねることが出来ました。最後に残ったアパートです。

DSC06466 (375x500).jpg

DSC06473 (500x375).jpg

DSC06470 (500x375).jpg

DSC06471 (500x375).jpg

 このアパートは、かつて私を魅了した青山の建物とは違いますが、この場所に83年建ち続け、その間多くの住人の生活の場であり続けているということは変わりません。その姿はぼろぼろで、現代の生活を考えたら住みづらいかも知れませんが、別の価値感を持つ人たちに支持されていることは間違いなく、未だに入居申し込み希望が後を絶たないと聞きました。しかしここも来年建て替えられることが決定しています。鉄筋コンクリート造 4階建・2棟・住宅71戸・店舗4区画が、地下1階地上14階建・戸数128戸・店舗4区画に生まれ変わるそうです。
新しくなる建物は、いまと比べ物にならないくらい優れた建造物であることは間違いありません。しかし、80年後にも愛される存在でい続けるのか、80年後に存在しているかさえわかりませんが、どんな建物になるかは見てみたいものです。

 
|逍遙館倶楽部代表|


人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします









Last updated  2012年11月22日 06時55分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
雨降りが続いて秋が深まり、なんと今朝の最低気温は1度。今年の秋の駆け足振りっていったら・・・。早すぎませんか!
今週初雪になるかも知れないと聞き、久しぶりのお天気に恵まれた日曜、午前中のうちに冬囲いをしました。

DSC06377 (500x375).jpg

DSC06379 (500x375).jpg

DSC06381 (500x375).jpg

ついでに、コンサバトリーのガラス窓の汚れを落とし、ガーデンチェアーセットも屋上の物置に仕舞い、着々と冬の準備をして過ごしました。
どうやら、お二階の方も雪が降る前にとガーデンの片付けをしているみたい。
もうすぐ「逍遙館」に3度目の冬がやって来ます。


|逍遙館倶楽部代表|


人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします








Last updated  2012年11月12日 00時14分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年10月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今日は、久しぶりに庭作業をしました。日照時間が短く、風の吹き込みが強い小さな庭をどう美しく保つかが課題。いつも頭を悩ませます。北側の道路に面した空間も実は2年がかりで色々考えた末、ようやくレンガと枕木をひくことに落ち着き、6月に日陰に強い草花の鉢植えを置きました。本当はここも花壇にしたかったのですが、2回の冬の経験で、除雪した雪を置く場所となる上に、屋根暖房で溶けた水滴が落ちて、ガチガチに凍ってしまうことがわかったから断念しました。枕木の部分は4階の整体院えんの先生専用の駐輪場。時々かっこいいバイクが止まるんですよ。

DSC06285 (500x375).jpg
西日が当たる時間が長いおかげで、鉢が見えないくらいにモコモコに成長。植物ってすごい!少しでも日に当たろうと丈が長くなっただけではなく、前のめりになっています。

DSC06292 (375x500).jpg
秋の寄せ植えをふた鉢つくってみました。白バージョン。

DSC06293 (375x500).jpg
紫バージョン。

 大きく育ったのに全然花が咲かなかった紫陽花を鉢植えに変更し、空いた場所に秋植えの球根を植えてみました。春、散歩をしていると人様のお庭に可憐に咲くチューリップやクロッカスなどに目がいきます。「かわいいなぁ~」と常々思っていたので、今年は「逍遙館」でも植えてみることにしました。紫陽花の一件があるので、咲くか咲かないかかなり不安ではありますが、とりあえずチャレンジ。

DSC06300 (500x375).jpg
3種類を2パックづつ植えてみました。春になるのが楽しみです。

現在の中庭の模様はこんな感じです。ちょっとだけ秋を意識してみました。
DSC06288 (375x500).jpg
鉢に植え替えた紫陽花(こんなに元気そうなのに、ひとつも花が咲きませんでした・・・)とチカホコのマーケットで購入した黄色のとうがらし。最初は黄色より緑の方が多かったのですが、毎日少しずつ黄色く色づき、今では黄色の方が多くなりました。味はハバネロに近い感じです。

DSC06294 (375x500).jpg
中庭の一角にあるお気に入りコーナー。ここは「逍遙館」に縁のある方のものが飾ってあります。ちなみに小さな巣箱は「あひる製作所」のTOMOさん作。TOMOさんは、「逍遙館」のポストを製作してくれました。イラストレーターのモンキートラッパーさんの額にSさんのお店で買ったブリキポットのシュガーバイン。


|逍遙館倶楽部代表|


人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします







Last updated  2012年10月14日 17時48分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年07月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
パン屋さんを開いている友人を訪ねて長沼に行ってきました。横須賀の友達に「美味しいパンを送るから」との約束をようやく果たすことが出来ました。パン屋さんの名前は「POTORI・BAKERY」(ポトリベーカリー)。

DSC04093 (500x375).jpg
しらかば林の中にかわいい住宅兼お店があります。

ぽとりさんとのお付き合いのスタートは、まだ「逍遙館」が出来る前のことになります。愛犬の散歩でいつも通る古民家の前で、石臼で粉をひいてる女性を見かけました。大好きな古民家に引っ越してきた方が、なにやら不思議なことをしているという状況を目の当たりにして、声を掛けずにはいられませんでした。
わたし「あの・・・。なにをしていらっしゃるのですか?」
ぽとりさん「パンをつくる粉をひいています。」
わたし「パン・・・ですか!?」
ぽとりさん「わたし、ネット販売のパン屋さんなんです。ポトリベーカリーといいます。」
わたし「急に声を掛けてすみません。いつも通るこの古民家が大好きで、ここに越していらしたんですね。」
ぽとりさん「はい。いづれパン屋さんを開きたいと思っていまして」
というような会話をしたことがはじまり。
当時、「逍遙館」が建つ前のアパートでお花のアレンジメントのお教室を開いていた「ジェントルツリー」の優子さんを紹介して、お付き合いが広がりました。
あれから何年経ったでしょう。
優子さんは円山のかわいい古民家で店舗を構え、ぽとりさんは長沼の自然豊かな環境で永年の夢であるパン屋さんを開き、わたしは100年のちにもその姿を留めてくれるであろう「アパルトマン・逍遙館」を建てました。
こつこつと地道に歩いて行きましょう。
諦めないで、自分らしく。

DSC04073 (500x375).jpg
このクロワッサンがお気に入り。横須賀のお友達から「毎日食べてるよ~」と嬉しい便りがありました。


|逍遙館倶楽部代表|


人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします







Last updated  2012年07月28日 19時07分59秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.