227412 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地道にコツコツshuiro日記。

PR

Profile


shuiro

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Comments

shuiro@ Re:僕の場合・・・(01/01) ありがとうございます。 うーん、転職と…
AD0907@ 僕の場合・・・ 人の暖かさとか、思いがけない 愛情を知…
shuiro@ Re:ご心配なく。(12/01) >AD0907さん ありがとうございま…
AD0907@ ご心配なく。 私、現在あの有名な陰陽師の家系で、私以…
AD0907@ 大変そうですね ほんとうにお疲れ様でした。

Shopping List

2005.01.18
XML
カテゴリ:人生
そういえば、子供の頃こんな夢をみていた。

子供の頃の夢のうちのいくつかは、既に叶っている。
小学校の頃から、どうしても欲しかった車は現在
実家にあって父が乗ってるし(飽きたらいつのまにか
売られてしまうのではないかとひやひやしている)
その他の夢も、自分で生活をはじめてからひとつひとつ
のんびりとしたペースではあっても、手に入ってみた。

振り返ってみても、我ながらなんて地味な夢を見ていた
子供時代だったのだろうと思う。
なんて、地味で堅実な夢をみる小学生だったんだ・・・。
と自分のことながらに、不思議に思う。
子供って、もっと極彩色の夢を見てるものじゃないのかな
といって他の人の夢まではわからないから、自分が変わって
いる子供だったのかどうかもわからないんだけど。

というのはさておき、若干の生活の余裕と資金と偶然が
あったおかげで叶えることができてしまった夢。
ちっぽけかもしれないけど、”およめさん”とかいう
ありきたりな夢よりは具体性があったから叶えやすかった
のかもしれないなあと思う。
でも、叶ったからどうなんだろう?とも思う。
手にいれてしまったものは、その瞬間から自分自身にとって
当たり前のものになるんだからそれって幸せなのかな。

その当たり前を幸せだと感じることこそが
たぶん、次の夢につながっていくんだろうなとも思う。






Last updated  2012.04.16 03:18:49
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.