013344 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『貧乏学生、一人暮らし奮闘日記』

白球を追いかけた日々 1

それは今から12年前の春、小学校に入学しました。
まだ今みたいにがっちりしてなかったしカラダのたいへん
弱かった少年だった
近所に野球をしてぃた兄ちゃんがたくさんいた。
だからよく兄ちゃんのおばちゃんの自転車の後ろに乗っけて
もらって試合を見に行ったものです
そのとき俺は野球がどんなスポーツか見て感じたんです
なんかかっこぃぃって
秋になって見学にいきました
同い年のやつは数人もぅ入ってました
一回見に行っただけで俺は友達とか先輩にすすめられる
まま野球をはじめたのです。

はじめのうちはあまり熱がはいりませんでした。
まだそのころはカズやゴンが若いころでJリーグが
発足してまだ間もないころだったのでサッカーブーム
だった。周りの友達は誰も野球に見向きもしなかった。
だから同じ野球チームの人としか仲良くなかったかも
しれなぃ。

それから時はたち2年生の春
急にメンバーが増えていった
病気がちだった俺の体もだんだんと強くなっていき
いつのまにか学校ではケンカ負けなしという
変な子供になってしまった。
2年生になったとたん俺はCチームの背番号をもらぅ
ようになった。
それからである。野球というスポーツに己の
青春をかけはじめたのは。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.