293431 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

菊田俊介ブルース日記 <Shun Kikuta's Blues Diary>

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

PAGO85の不定期更新… bluesfromwindycityさん

Comments

ミンスミート@ はじめまして☆ 心機一転おめでとうございます!!

Freepage List

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

2008.05.17
XML
カテゴリ:お知らせ
 ちょうど週末オフになったこともあって、気分一新、この楽天ブログはお休みして、amebaのブログを使ってみることにしたよ。

http://ameblo.jp/shunkikuta/
にて引き続き、ご笑覧どうか、よろしくです!スマイル







Last updated  2008.05.17 09:01:09

2008.05.16
カテゴリ:雑談
カンダ1 カンダ2

明日から、コネチカットとマサチューセッツのイーストコーストにツアーに出るはずだったのが・・・急遽キャンセルになってしまった。アチャ~。
ココと共にヘッドライナーで出演する予定だったボビー・ブルー・ブランドが、病気のためにライブをキャンセル、ボビーの快復具合に合わせて、時期を改めてやることが決定した。病院びっくり
ボビーは、シンガ-としての存在もデカいが体もデカい!とは言えもう80に手が届く年齢になってきているからなあ、大事に至らず早い再会を祈りたい。

しかしこのツアー延期は、小生にとっては恵みの雨だったかも。
左肩が悲鳴を上げていたことに加えて、精神的にもベストな状態ではなかった。
ずっと続くツアーやギグに、自分の中にあるものをひたすら吐き出し続けるだけで、なかなかチャージができなかったんだ。心の潤いがなくなって、水がなくなる寸前の川みたいな状態。下向き矢印
この週末はギターから離れて、ミニキャンプならぬミニリハビリをしよう。

以前、この日記でも紹介した事があったと思うけど、小生のバークリー音大の友達で20年以上の付き合いになる上田浩司(Kanda Hiroshi)さんが、クラシックの名曲を収めた”The Classic Collection”, ジャズからポップスまで幅広くカバーした”Groovin' Solo”の2枚のCDを出した。
上田ちゃんは、バークリー他2つのアメリカ国内の大学でドクターまで取得した、日本ではまだ珍しい音楽博士だ。
クラシック・ギターでクラシックだけでなくジャズもプレーするんだけど、暖かいナイロン弦の音色がほんときれいなのだ。誰もが知る有名曲から、隠れた名曲まで選曲がまたニクい。
特に今日みたいな時は、ラヴェルの”亡き王女のためのパヴァーヌ”の見事に美しい旋律が心に中にジワっと沁み込んでくる。
ジャックを片手に、この週末聞き込んでみよう。








Last updated  2008.05.16 11:12:27
2008.05.12
カテゴリ:旅日記
サンノゼ1 サンノゼ2

木曜の夜、メンフィスで行われたブルース・ミュージック・アワーズで、ココが女性アーチスト部門を受賞。スマイル
さらに新作『Old School』がソング・オブ・ザ・イヤーとトラディショナル・ブルース・アルバム・オブ・ザ・イヤーも受賞!スマイル
同賞は、ブルース界のグラミー賞と言われていて、毎年メンフィスで授賞式が行われるんだね。
『Old School』に参加させてもらった小生としても、最高に嬉しい受賞だった。
おめでとう、ココ!!グッド

翌日、ココと娘のクッキー夫妻はメンフィスから直接サンノゼへ飛び、ブルースマシーンはシカゴからサンノゼ入り。ホテルで彼らと合流。授賞式の様子を話すココは表情も輝いて、本当に嬉しそうだったね。飛行機

土曜にサンノゼ州立大学で行われたメトロ・ファウンテン・ブルース・ フェスティバルに出演。
スライドギタリスト、サニー・ランドレスの後に、ココとブルース・マシーンの出番に。音符
45分くらいステージをやった後で、演奏をいったん中止。フェスティバルの主催者がステージに上がり、ココの長年の功績を讃えて特別表彰が行われた。
前夜のブルース・アワード受賞に続いての表彰に感無量のココは、目に涙を浮かべていた。涙ぽろり
言葉が詰まって多くを語らない彼女に代わって、クッキーがスピーチを。
3年半前の大病の時には医者から、ママはもう動く事も、物を見る事もできないだろうと言われた。それでも神様のご加護と、強いママの意思でこうしてステージで歌えるように回復することができた。半年のブランクの間も誰一人欠ける事無くママに付いて来てくれたブルース・マシーンに感謝したい、など身近で接して来たクッキーならではの心中を披露。
感動的なシーンに小生も胸が熱くなり、ココという時代に選ばれた人と一緒に、ブルースの歴史に参加する事ができたことを感謝したい気持ちでいっぱいになった。きらきら

終演後、楽屋で食事をしているうちに、いつのまにかロバート・クレイの演奏が始まった(写真)。外に出てしばらくプレーに聞き入る。カリフォルニアの安らかな風と乾いた空気がヤシの木を通り抜けて身にまとわりついてきた。いよいよフェスティバル・シーズンの始まりだ。






Last updated  2008.05.12 14:46:15
2008.05.09
カテゴリ:アメリカ生活
一昨日の夜からネットがつながらなくなり、今朝朝イチでAT&Tのオペレーターと電話でアレコレ。オペレーターは英語のアクセントでインド系とすぐにわかる。
アメリカの巨大企業は、人件費削減もあって、カスタマーサービスをインドに置いているところが多いんだ。ちょっとした商品相談なんかでも、インドと国際電話しているのが普通になっているね。(もちろん通話料金は無料)

ミャンマーで起こったサイクロンの被害者が10万人にのぼるという報道に愕然。ショック
ネットで映像を見たけれど、自然の爪痕に恐怖感を感じずにはいられないね。ほえー
ニューオーリンズのカトリーナ、インドネシア沖の津波など、ここ数年今までにはなかった大規模の自然災害が続いている。
アル・ゴア氏の「不都合な真実」にも出ていたけれど、地球の温暖化がこうした災害に大きく関わっているのだろう。

先日も、絶対に地震が起きないと言われていたシカゴでも、揺れがあった。
ちょうどギグから帰って、ベッドに横になりながら幽体離脱の本を読んでいた最中で、最初は幽体離脱の時に起こる体の震動か、と思い「オオ、スゲエ」。そしたら地震だった(笑い)。シカゴで18年目にして初めての体験で、さらにビックリ。びっくり

とにかく自然がいろんな形で警告を発しているのだろう。自分の乗っている船に自ら穴を開けるようなことは辞めないと、と強く思うよね。
UnicefFeed The Childrenで、サイクロンの被災者に義援金を寄付する事ができるよ、参考までに。






Last updated  2008.05.10 00:18:18
2008.05.07
カテゴリ:旅日記
オランダ3 オランダ4

ツアー3日目は、オランダ北部の中心都市フローニンゲン(Groningen)へ。
宮林さんが言っていた”苦労人間”はここのことだった。

”リズム&ブルース・フェスティバル”は、市内の音楽大学の構内で行われ、大きなコンサートホールを中心に、ロビーや廊下にもステージが作られて計5カ所でライブが同時進行するという、にぎやかなイベントだったね。
デボラ・コールマンやエリック・ビブ、アルヴィン・ヤングブラッド・ハートなど、アメリカのシーンでもお馴染みのミュージシャン達も出演していた。
我々はコンサート・ホールで、60分のショウを。
前日は旅の疲れが出ていたココも、この夜は調子を取り戻して、タイトなステージになった。お客さんの盛り上がりも上々で、満足してもらえたようだ。音符OK

ホテルに帰って、ロビーでメンバーと打ち上げを。
ハイネケン・ビールの生をオーダー(写真左)。おっ、味が微妙に違うよ。甘みが少しあって、新鮮なコクというか香りがある。何でも、産地で味わうのが一番ということか。ビール

アムステルダムに向けての出発が朝の6時前ということで、寝ずにこのまま起きている事にする。
バーが閉まって、部屋に戻り、CNNでも見ようとチャンネル・サーフィング。
この時間にやっている20局ほどのチャンネルの半分くらいがポルノ番組なのにビックリ!
しかもモザイクなし。これって、一般放送なんじゃないの?びっくり

CNNで、大統領の予備選の報道を見ながら、時々チャンネルを変えると、パツキンが登場。数分見て、またCNNに戻して政治報道をチェック。トピックが変わると、またチャンネルを変える。おお、今度は黒い肌のお姉ちゃんが登場だよ~。で、数分してまたCNNで世界情勢なんかを見る。またトピックが変わるとチャンネル・サーフ。うひゃあ、こんどはアジア人だ~。どきどきハート!!上向き矢印

オバマが気になりつつも、他も気になって結局、2時間くらいチャンネル・サーフィングをしまくってしまった。バスに乗る頃にはドッと疲れが出ましたです、ハイ。まったく、俺は何をやってんのかね。どくろ下向き矢印

オランダの解放度の高さはすごいな。さすが自由の国だ。OK

ということで、右の写真は、アムステルダム空港で自分で撮った1枚。バックのチューリップがうまく画面に入らなかったけど、なんとなく雰囲気だけでも味わってね。バイバイ






Last updated  2008.05.07 07:23:44
2008.05.05
カテゴリ:旅日記
オランダ1

オランダツアーから無事シカゴに帰って来たよ。
さっそく、オランダの様子をアップしよう。

スイスエアー便でチュリッヒを経由、アムステルダムに飛ぶ。飛行機
アムステルダムからは、ツアーバスに乗り約2時間のドライブを経てSEVENUM(セヴナムと読むのだろうか?)に到着。バス
写真左は、バスの車中。左からクッキー、メルヴィン、ココ。ベンツ製のツアーバスは、天井が高く乗り心地も良かったね。グッド

その名も”チューリップ・イン”というホテルにチェックイン。オランダには数多くあるホテルチェーンだ。ホテル

シカゴで小生の生徒だった宮林さんとご家族が、ホテルまで会いに来てくれた。
宮林さんがドイツのデュッセルドルフに駐在で移転したのが1ヶ月ほど前の事。こんなに早く会えるとは思わず、嬉しい再会を果たす。スマイル
「オランダは、面白い地名が多いんですよ。日本語で”苦労人間”や”スケベ人間”に聞こえる地名もあります」
と、宮林さん。

ディナーは、シュニッツェル(写真右)を食べる。ドイツやオーストリアの料理らしいが、オランダでも広く食べられているようだ。子牛の唐揚げで、トンカツに感じが近いけど、もっとあっさりした食感。ポテトがさくさくして美味しい。上にかかっているのは、マッシュルームソース。グッド

夜中の2時に目が覚める。明け方までギターを弾いて、7時に1階レストランへ。すると、同じく時差ぼけで眠れなかったココが、入り口で開店を待っていた。
「今何時なの?誰もいないのね」とココ。
まだ7時だからね(笑い)。ココと二人で、スクランブル・エッグ、ソーセージ、チーズにヨーグルトなどを食べる。食事

夜は隣街のオスペルでフェスティバルに出演だ。何も無い原っぱの真ん中に巨大テントが作られて、そこに3000人が集まった。80年代から行われている、人気のフェスティバルらしい。こういうところにも熱いブルースファンはいるんだね。ブルースパワーを再認識。音符

ホテルに帰って、メンバーと赤ワインで軽く打ち上げを。ワイングラス
世界的に飲まれているハイネケン・ビールの母国だというのに、オランダ南部ではあまり飲まれていないらしい。ちょっと驚きだ。びっくり






Last updated  2008.05.06 02:43:09
2008.04.30
カテゴリ:アメリカ生活
ブルース・インターネット・マガジンのBLUES BLAST最新号がアップ。先日行ったスプリングフィールドでのライブ・レビューが掲載されているよ。下から撮った写真はなかなか渋い(と自分では思う)ウィンク

差別問題発言で注目のジェレマイア・ライト牧師が、さらなる過激発言。パンチ
しかも、バラック・オバマ氏が大統領選に歩を進めるための、大きな山場とされる来週のインディアナ、ノースキャロライナ選挙を控えてのこの時期に。
師弟関係もこれで終わりだろう。
どういった経緯があるにせよ、信頼していた牧師さんに行く手を妨害されるオバマ氏の心痛は、察して余りある。涙ぽろり

明日から、オランダへ。今、チューリップはトレンドなので、しっかり見て来るね。ウィンク
2 日はオスペルのMOULIN BLUES FESTIVAL、3 日はグロニンゲンのRHYTHM & BLUES NIGHTに出演。
オランダやドイツなど近郊都市にお住まいのみなさんは、ぜひお越しを!音符
もちろんその様子は、この日記にもアップするね。
See y'allぱー緑ハート






Last updated  2008.04.30 16:10:13
2008.04.28
カテゴリ:旅日記
アメリカ史上、最も有名な大統領の一人、エイブラハム・リンカーンが長年住んだ町、イリノイ州スプリングフィールドに行って来た。
ちなみにスプリングフィールドは、イリノイ州の州都。350万人のシカゴを差し置いてたった12万人のスプリングフィールドが州都というのは、経済と政治を分けるアメリカの一面をよく表している。
ちなみに、ニューヨーク、ロサンゼルスも州都ではないんだよね。

友達のマイク・レイピアーが新しいブルースバンド、Tombstone Bullet (日本語にすると墓石で作った鉄砲玉ということか?あんまり破壊力なさそうだけど)を結成、そのお披露目ライブにゲストとして呼ばれてプレーしてきた。

小生を毎年台湾に呼んでくれるマイクの兄貴のダグラスは台湾から、ギタリストのルーカはイタリアから駆けつけ、インターナショナルな夜に。

ライブの後は、お決まりのジャムに突入だ。
シカゴとセントルイスの中間に位置するせいか、力のあるミュージシャンが多い。
中でも、写真中央の女性シンガー、ルース・リマスターの歌にはまいったなあ。
ジャジーなフィーリングなんだけど、パンチがあって、ブルースを歌ってもバッチリ。
とにかく歌唱力がすごい。
スローブルースで1曲ジャムらせてもらった。

2006年に、マイクが主催してギタークリニックをやったことがあった。(2006年9月20日の日記に書いてるよ)このクリニックに参加してくれた当時15歳のジェイクが、ジャムに姿を見せ、2曲プレー。堂々としたジャムぷりに驚きつつも、嬉しかったなあ。
この2年間ですっかりうまくなって、小生のクリニックが少しは役にたったのだなあ、と実感できたんだ。
こうして次世代にもブルースが受け継がれて行くのを見るのは嬉しいね。

地元のローダウン・ブルース・バンドのギタリスト、トム・ルイスが、自分でモディファイしたフェンダーのヴァイヴロラックス・アンプを使わせてくれた。
ナチュラルに歪む音色が気持ちいい。
何回も手を入れた、子供のようにかわいがっているアンプだそうだ。
最近は、手製のエフェクターをいただいたりもしているが、それもオリジナリティがあってクオリティも高いんだよね。
電気系に詳しい人がうらやましいね。
小生なんか、ハンダを使うのがやっとだもんなあ。






Last updated  2008.04.28 13:42:52
2008.04.25
カテゴリ:雑談
時間をみつけては写真を引っ張りだして、myspaceにアップロードしている。カメラ
今のところ60枚くらいにはなったようだ。
ページの真ん中あたりのスライドショーで全写真が見れるので、時間がある人は覗いてみてね。
存在を忘れていたものもけっこうあって、自分ながら懐かしい写真も多い。

昨日は、Nクリニックで健康診断を。病院
周りからもチェックしたほうがいい、と勧められていたのもあって。
尿検査、血液検査、視力、触診なんかもあって、さらに身長、体重測定も。
身長は173センチで変わらず(当たり前か)、体重71.9キロ、体脂肪率20.7%には少なからずショックを受けたねえ。ショック
とりあえず”正常域”ではあったけど、”やや肥満気味”との境界線に限りなく近い!ほえー
自分的には、68キロくらいがベストだと思っているので、今日から4キロの減量だ。

体調悪いなんて言ってる場合じゃねえぞと、ジムに行く。
先週からの不調で1週間ぶりのジムは、キツいっす。
ボクシング・エクササイズで10日間で10ポンド減量保証します!なんてウェブに釘付けになっている自分が、けっこう情けない。涙ぽろり






Last updated  2008.04.25 11:35:24
2008.04.22
カテゴリ:アメリカ生活
キツイ週末だった。ショック
心臓のバイパス手術を受けるリンゼイ・アレキザンダーの代わりに急遽キングストン・マインズに金曜と土曜に入り、土曜は夜中の(というよりは日曜の朝)4時半までギグをやって、帰って3時間だけ仮眠。8時半には起きてゲイリーのモライア教会へ向かった。
午前中の礼拝でプレーしたら、帰ってゆっくり寝ようと思っていたところ、礼拝中にジョンソン牧師が夕方の礼拝にも参加してくれないかと言って来た。びっくり
ゲイリー市内のニュー・フレンドシップ教会のH牧師の就任50周年の記念礼拝があって、ジョンソン牧師がサーモン(説教)をするので、モライア教会の全メンバーが出席することになっているとのことだった。
ジョンソン牧師直々の頼みとあっては、断れないもんね。
昼食後少しだけ車の中で仮眠をとって、ニュー・フレンドシップ教会に向かった。
H牧師の50周年記念礼拝は大いに盛り上がって、結局終わって家に帰ったのが夜の10時近くだった。

眠気覚ましに仕方なく飲んだレッド・ブルと、腰の張りをとるために飲んだアドヴィルの副作用か、昨日の月曜は体がダルく、両腕には発疹が出てしまった。完全なアレルギー症状だ。どくろ
でも夜は再びキングストンでのギグがあるから、とにかく昼間は休むことにする。眠い..
結局ギグに出かける時間になってもダルさは続き、それでもなんとか車に乗り込んで出発した。
体の不調は、心の不調にもつながるわけで、プレーに向けて全く気持ちが入らない。とにかくドヨンと下の方に沈んでいる感じだ。下矢印

ハイウェイを降りて交差点で止まると、そこに一人のホームレスがお金を恵んでくれないか、とサインを送ってきた。
「何か暖かいものでも食べなよ」緊急用にダッシュボードに忍ばせてあった5ドル紙幣を彼に手渡すと、その5ドルを見たホームレスの顔は、またたくまに笑顔で輝いた。スマイルきらきら
「サンキュー、サー」「サンキュー、サー」と何度も繰り返していた。
そんな彼の満面の笑顔を見ているうちに、気分もずいぶんスッキリしてきた。しばらくすると体も軽くなったようにも感じる。上矢印
小生はその5ドルがなくても生きて行けるが、ホームレスの彼はその5ドルで今晩生き延びられるかもしれないんだ。たった5ドルでも大きな5ドルを彼にあげて本当によかったと思うと、さらに心が晴れてきた。晴れ
結局5ドル以上の物を、彼からもらったような気になって
「サンキュー、サー」と心の中でつぶやいた。グッド
スマイル






Last updated  2008.04.23 06:59:19

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.