292335 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

菊田俊介ブルース日記 <Shun Kikuta's Blues Diary>

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

PAGO85の不定期更新… bluesfromwindycityさん

Comments

ミンスミート@ はじめまして☆ 心機一転おめでとうございます!!

Freepage List

2008.05.16
XML
カテゴリ:雑談
カンダ1 カンダ2

明日から、コネチカットとマサチューセッツのイーストコーストにツアーに出るはずだったのが・・・急遽キャンセルになってしまった。アチャ~。
ココと共にヘッドライナーで出演する予定だったボビー・ブルー・ブランドが、病気のためにライブをキャンセル、ボビーの快復具合に合わせて、時期を改めてやることが決定した。病院びっくり
ボビーは、シンガ-としての存在もデカいが体もデカい!とは言えもう80に手が届く年齢になってきているからなあ、大事に至らず早い再会を祈りたい。

しかしこのツアー延期は、小生にとっては恵みの雨だったかも。
左肩が悲鳴を上げていたことに加えて、精神的にもベストな状態ではなかった。
ずっと続くツアーやギグに、自分の中にあるものをひたすら吐き出し続けるだけで、なかなかチャージができなかったんだ。心の潤いがなくなって、水がなくなる寸前の川みたいな状態。下向き矢印
この週末はギターから離れて、ミニキャンプならぬミニリハビリをしよう。

以前、この日記でも紹介した事があったと思うけど、小生のバークリー音大の友達で20年以上の付き合いになる上田浩司(Kanda Hiroshi)さんが、クラシックの名曲を収めた”The Classic Collection”, ジャズからポップスまで幅広くカバーした”Groovin' Solo”の2枚のCDを出した。
上田ちゃんは、バークリー他2つのアメリカ国内の大学でドクターまで取得した、日本ではまだ珍しい音楽博士だ。
クラシック・ギターでクラシックだけでなくジャズもプレーするんだけど、暖かいナイロン弦の音色がほんときれいなのだ。誰もが知る有名曲から、隠れた名曲まで選曲がまたニクい。
特に今日みたいな時は、ラヴェルの”亡き王女のためのパヴァーヌ”の見事に美しい旋律が心に中にジワっと沁み込んでくる。
ジャックを片手に、この週末聞き込んでみよう。








Last updated  2008.05.16 11:12:27
[雑談] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.