090352 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Rainbow Harmony

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

つれづれなる

2014.11.29
XML
カテゴリ:つれづれなる
2014.11.29-1

この2か月余り、
様々な事が、過ぎ去っていきました。

素晴らしい出会いもあり、
幼い頃からの、心の友の旅立ちもありました。


病床の母の言葉、
「あんたも、他人のためにって考える事が多いけど、でもね、自分の為を想って生きるんだよ。」
とても響きました。

友は、なぜそんなに私の考えている事が分かるのだろう、というくらい、気の利く人柄でした。
姉のような存在。みんなに信頼される、真面目で素直な女性でした。
早すぎる出発でした。
でも、わたしは彼女を、胸を張って送り出そうと決めました。


2014.11.29-2

2014.11.29-3

彼女が旅立った翌日は、三浦海岸のお寺の演奏会でした。
帰りに、念願の走水神社を参拝することが出来ました。
愛する夫、ヤマトタケルノミコトのために、その命を差し出し、自ら入水することで海を鎮めたというオトタチバナヒメノミコト。
そして、その由来から、海戦の必勝祈願としても崇められてきたところ。
最近では、パワースポットとしても人気とか。


「シンファさんって、時々男らしいよね!」
とかいうパートナーと二人で訪れた、このいわれの地。
命がけで愛する人を守れってかい?と、最初はなんだか腑に落ちませんでした、けれど、きっと、母や友の伝えたい事と同じ・・・自分を生きる事。自分の人生を生き切る事。
世のため人のため、なんてぶつくさ言ってないで(笑)
ま、言っても良いのだろうけど、それにばかりとらわれていないで、って事、なのだろうなと思いました。

海を眼下に受けた風はとても清々しくて、なんとも表現しがたい樹の命の香に、深く深く呼吸出来た気がします。



2014.11.29-4

その後は、憧れの観音崎!
のはずが、
「ここって、有名なスポットなんだって?」
の一言に、ぐはっと衝撃を受けて、ルンルン♪と・・・の織り交ざった微妙なひと時となった、浦賀観光の旅でした。









Last updated  2014.11.30 01:05:58
コメント(6) | コメントを書く


2014.07.23
カテゴリ:つれづれなる
(*^_^*)
おやじとの紛争に一段落な今日この頃です。
たぶん。
昨日、とうとう、今までは悪いから…と遠慮もしていた事を、口にしたので、くたびれました。はい。

同時に、母がめでたく退院。
ことのほか、チャキチャキしているので、一安心です。
親父の愚行に爆笑してましたが。。。よくまぁウン十年も連れ添ってきたもんだと、改めて思うと同時に・・・(-"-)こんなモンスターほっといたの、貴女ではナイノデスカ!?と。うん。いつか言ってやろう。
悪い人ではないのですよ。ただ・・・色んな基準が、違うのだと改めて。


昨夜は、愛すべき『水曜どうでしょう』ユーコン編で爆笑させて頂きまして、
『トワイライト ささらさや』を、思い出しました。
この秋公開予定だったと思いますが、それにしても、ガッキーかわゆいですねぇ^^♪
洋さんは言うまでもなく!(天パが、ほんとのパーマっぽくなってるようですよぉ(笑)
ってのも、数週間前、色々と勃発して心底辟易していた頃、職場の医院にみえた患者さま、視界の隅を横切り・・・「大泉さんでございますか!?」っていうシルエットだったのですヽ(^o^)丿
一気にテンション↑↑↑ドーン☆
ひそかに、心のオアシスになっています(笑)

そんな状況なので、HTVやらTEAM NACSやら、恩恵を受けている昨今ですが、今気づきましたよ!『ささらさや』道産子とうちなーの共演なのですね^^♪



さてさて、今日は朝から合唱曲を耳にしています。

『IN TERRA PAX』

実際に歌った事はないのですが・・・「こりゃ、伴奏と合唱のシンクロがハイレベルだわぁ~♪」と、興味津々だったものでした。

そして、聴いた瞬間、純粋に伴奏が楽しくてしかたなかったあの頃を思い出した一曲。。。やっぱりこの調性が、しっくりくるんですよね^^音質はご容赦くださいませ⇒ 『涙をこえて』 

こういうのが好きで、ワクワクしながら過ごしていた子どもの頃でした。
良く聴く台詞・・・いつから忘れちゃってたんだろう。。。まさか自分でつぶやくとは。
シンプルに、心が震え、気持ちがアツクなるのですねぇ。
これって、誰に何を言われようと、揺るがないんですねぇ。
そして、意図せず、伴奏者や小さな頃から経験してきた役って、客観的に見てユニークなポジションでもあったと思ういました。その後、「大人」ってものを意識しだして、「変」にマイナスの思いがあり、いかに馴染むか順応するか目立たないかに重きを置いたら、その個性というものを恐れ、忘れるように仕向けてしまったのでしょうか。
何度もそんな節々を経験してきたのだとは思いますが、その度に、少しずつ・・・だったのかもしれませんね。
それで今があるって事なんでしょうけれど、まったくもってまどろっこしいですね。チャキチャキサクサク楽しんでいくのだって、良いんですけどねぇ。

今日はそんなふうに、子どもの頃のワクワクや、シンプルに好きな事に思いを馳せられる時間が持てています^^










Last updated  2014.07.23 12:02:45
コメント(4) | コメントを書く
2014.06.26
カテゴリ:つれづれなる
2014.06.26

清々しい水と緑の温泉地でした^^

2014.06.26-2
公共浴場『王湯』
1193年、鷹狩りに来た、源頼朝さんが発見したという、川原湯温泉。
はるばると、こんな山の中へ、凄いですねぇ。。。

車を降りると、そこは硫黄のかほりに包まれておりました。

2014.06.26-3

かっぱかいな?と、目を凝らす…どうやら天狗らしい。


ここで迎えてくれたおねえさん、ちょっとおもしろい^^
バッグに着けていた、ガムランのような響きを放つお守りの…チリリーン♪の声に…

「ん?何か!?今、地下からやって来たような綺麗な音がしました?」

・・・。
ひょっとして、地下帝国でしたかーーー!?(確かに、貴女方からみたら、地下なみの標高から来ましたけど)

音楽関係の方や、友達なんかは、
「なにそれ?綺麗な音ね~^^」
と、興味深そうにきいてきてくれることが多いのですが、この反応は、お初☆
さすが!!秘境の温泉(笑)
なぜーか、帰りがけに、「きゅうり、食べる?」と、湯上りの新鮮さん(塩付き♪)をお土産に下さいました!


ここは、八ッ場ダム建設予定地となっていて、今月末で閉館するのです。
いつか来たいなと話していたら、ぎりぎりセーフで。
聖天様も、移された後の様でした。

2014.06.26-4 2014.06.26-5
ほんとうに必要なのかな、八ッ場ダム。
左の写真は、かつての旅館の跡です。その数キロ先に、ダム建設の重機の音が響いていました。


2014.06.26-6
保水能力の高い広葉樹林。岩肌から水かしみだしていました。


ここ数日の夕立具合だと、少し覚悟して出かけたのですが、ありがたい事にお天気にも恵まれて、そしーて、昨日からのぎっくりなんとかも、河原湯湯治のかいもあって、スッコーン☆と抜けていきました!
素晴らしい!!!
それにしても、伊香保や草津も、浅間ねぇさんの恩恵を受けているでしょうに、場所によって泉質(匂いなどなど)が全く違うのですね。で、群馬北西部って、実はとてもたくさんの温泉があるようなのですね。生まれ育っておきながら、今、気付いたのですが。[参考にさせて頂きました。ありがとうございます]
いやぁ~~~、温泉巡り♪楽しそうです^^



ちなみに、お昼には、浅間酒蔵で『大噴火ラーメン(小噴火に変更)』を、がっつりと頂きました^^♪
2014.06.26-7
ボリューム&辛。と闘いましたが、美味しかったです!








Last updated  2014.07.04 22:57:30
コメント(2) | コメントを書く
2014.05.08
カテゴリ:つれづれなる
2014.05.08


今日は、友の発熱で、大いに予定変更が起こり、春のうちに行きたいな~♪と思っていた榛名神社へ行くことが出来ました。

市街地と15度弱、気温差があり、けっこうひんやりな清々しさの中、山桜やシャクナゲ、新緑の命の瑞々しさを、思う存分吸い込みました^^

ちょうど、御神輿渡祭が始まったところらしく、艶やかな錦がはためき、御神輿と共に、季節の恵みがお供えされて、いつもと一味違った榛名神社でした。

2014.05.08-2 2014.05.08-3 2014.05.08-4

無意識で、向かう車のBGMは、ホルスト作曲の≪惑星≫
木星と水星をリピートして…神社到着と共に組曲全て流れまして☆
なんと尺のちょど良いこと(笑)



そして…前から気にはなっていた、秋葉神社に行ってみることに。。。
てくてく。鳥居をくぐると、お日様が虹のように降り注ぐ。
わ~い♪
と、けもの道を登れど(かなりの傾斜)それらしきものが、ない。
「うーーーん。」
何度か諦めようかとも。。。だって、ちょっと滑ったらたぶん転がり落ちるよ?
「うーーーーーん。」
でも、進んでみよ、う。ってことで、また登ると…遥か下の方に、なんだか祠らしきものが。

2014.05.08-5

トラップですかい?
知らないうちに、秋葉山をぐるっと一周するかのように、登って下って、していたみたいです。

自然は、美しさと同じくらい、厳しい、っていう、誰かの言葉が思い浮かびました。こんなところで放り出されたら、あたしなんてそこらへんの虫や鳥よりひ弱なんだろうなーとか、思ってしまった。
その後、知人のインド・ラダック、ヒマラヤの写真展を観に行って、そこでも同じような事を話していました。実家の冬が厳し(その代り、夏は避暑地♪)かったので、妙に納得~なのでした。知らぬ間に、自分自身 微妙な都会仕様になっていたことに気づいたので、少しずつで良いので、ちっとくらい厳しくてもより自然に寄り添った生き方にしていこうと思いました。

2014.05.08-6

それから、やはり、チベットに行ってみたいな~と改めて思いました。あと、唐人駄馬!忘れてたー☆☆☆一度は行くはずだったんですけど、キャンセルしちゃったので、今度こそ、実現したいですね~^^あと、P-chanに会いたい!

また一つ、目標ができました♪

ほんとに、気持ちの良い季節です。

2014.05.08-7






Last updated  2014.05.08 22:59:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.28
カテゴリ:つれづれなる
先日の、東北の旅に続き、今朝は、沖縄の旅でした。
「お~~~、沖縄にも雪降るんだね~!」
なんて、みんなで感心しながら、写真を撮っていました。
…どうやら、先日の豪雪の事らしいです(笑)
八重山諸島の辺りらしかったのですが、なぜかまた電車(モノレール?…ゆいレール?)での旅路でした。
はいさい。


さて、職場には、色ーんな、個性豊かな方がみえるのですが、肌艶の好い、コレマタお品の良さそうな おじっちゃまがいらっしゃいました。
普段は忙しいので、おしゃべりなどあまりできないのですが、、、口を開くと
「てやんでぇ!」
なノリの弾丸トークに、ずずっと惹き込まれてしまいました^^
お話を伺っていると…なにやら、出初式などで、えらく高い梯子の上で
「よっ!」
とか華麗に舞っちゃうような後進を、お育てになっているようでして、からっとしていて気風の良さそうな空気感に、しばし仕事を忘れました(笑)
ここも、城下町だったから、そういう文化が発達したんでしょうかねぇ^^
後で知ったのですが、その世界では、有名な方だったようです。

ついでに、こんなのもあるんですね~加賀鳶


明日は3月1日。なぜかワクワク楽しみで仕方のなかった日がやってきます^^☆








Last updated  2014.02.28 22:09:43
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.08
カテゴリ:つれづれなる
こんばんは^^

何気なく開いてみたら、この日記の開設日数が1111の1並びでした~☆


今日は、凄い雪ですね。
ここ、前橋の県庁ご近所も、ズンズン積雪30センチを越えようかとしております。
関越自動車道が、まさかの月夜野~練馬間通行止めのため、かなり17号が混み合っおりますので、ご利用の方はご注意くださいませ。


さてさて、旧暦の新年明けて間もなく、親の診療の関係で、再び富岡に行きました。
ので、せっかくだから、上野國一之宮 貫前神社へご挨拶に。
道を間違った結果、一の鳥居からの参拝となりました(笑)

昨年、平成の大修復を終えたという社殿は、色彩鮮やかで、ちょうどハマっている『日本の配色』の本に出てきそうな雰囲気でした!
2014.02.08 2014.02.08-2 2014.02.08-3

日光東照宮…に、行きたくなりました^^
中学生の頃、自分も行ったし、後輩や先輩からのお土産…しばらくはお腹いっぱいの状態でしたが、最近よく思い出す…また足を運ぼう☆
それと、成田山新勝寺にも行きたい!

貫前神社に話を戻しますが、前回同様、太鼓のドン☆で迎えられ、何気なく帰りに足を踏み入れた広ーいスペースには…伊勢神宮 内宮・外宮をはじめ、22の神様がたや神々しい木々たち。。。
色彩が地味だったので、気付きませんでした!みんなで1柱1柱ご挨拶できて、良かったです。
そういえば、富岡の駐車場で、両端の車が『袖ヶ浦』ナンバーだったのにはウケました。


2014.02.08-4
コレマタ前回、迷ってたどり着いた門。有栖宮なんとか様の書かれたものとか。



そして、富岡製糸場にも入ってみて…超ー北風が冷たかったので、長くは居られませんでしたけど、甘酒やさくら餅、甘納豆やかりんとう饅頭などに舌鼓を打ちつつ、超速のプチ旅は終了いたしました。

術後初めての遠出をした母でしたが、よほど楽しかったらしく、あの寒さのなかで翌日もピンピンしており、娘の私は安堵&呆れ&あきらめ納得、な出来事なのでした。
去年の八重山諸島の旅でもそうでしたが~要は、
「こりゃ、自由に楽しんでればこの人は健康でいられるんだな」
って、コトなんでしょ。
それが、彼女の彼女らしさなんでしょね。きっと。あはは。







Last updated  2014.02.08 21:58:14
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.25
カテゴリ:つれづれなる
今日は、新しくオープンした整体院・顎関節研究所へ、モニターのような感じで行ってきました。
キャッチフレーズが「元気にしてもらう時代から、自らが元気になる時代へ!」。
おぉ~いィね~^^
PNFストレッチというもの、お初でした!

おもしろかった☆

整体、ってきくと、なんだか治してもらうようなイメージだったのですが、「トレーニングじゃん」って感想^^
コツコツ地道に自分で出来そうで、嬉しかったです。
第一に、首や腕の意識が変わりそう。。。そうよね、腕だって首だって、背中や胸の筋肉と繋がって相互関係で動いてるのだものね。
施術中に、胸筋や背筋で革命起こってる=って思いました(笑)

なんだか、足も、生えている場所をちょっと高めに意識したら…長くなっちゃいそう。フフフ
↑コチラは私の勝手な妄想。

それから、施術者の方と、薬品や水や塩などの話にもなりました。
スポーツクラブのトレーナーもされてる方なのですが、スポーツドリンクやプロテインなどのいわゆる一般的な認識と違う話なども教えて頂きました。

今は何でも化学薬品で作れちゃうのかもですねー。


でも、なんと言うか、音楽やスピリチュアルや医療(どちらかというと外科内科的な…切った縫った飲んだ塗った射ったetc)など、わたしが普段接する事のあまり多くない、スポーツの世界からの見解が新鮮でありつつも、日常で感じている事と共通点がけっこうあって、嬉しかったです。


うん、自分の身体はなるべく自分で管理する範囲でいられる時代がくるでしょう。
その方が、笑顔が増えると思いました。


施術で印象に残ったのが、
「ぼくは何もしてません。これはご自身の力です。」
って、何度か言われた事でした。
これって、大切ですね。すごく。


素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございました^^


2013-12-25






Last updated  2013.12.26 00:14:16
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.08
カテゴリ:つれづれなる
上野國一之宮、貫前神社に、お世話になっているご挨拶に伺ってきました。


2013-12.08-2
どーっと連なる階段を昇った先の大きな鳥居。駅伝のトレーニングをする学生達。

2013-12.08-1
さっきまで、初めて来た、と感じていたものが、ふと変化する。。。
以前、来た事あったかな。。。


2013-12.08-3   2013-12.08-5   2013-12.08-4
本日も太鼓の響きにてお迎え頂きまして、ありがとうございました。
予想以上に華やかな社殿でした。



この街には、富岡製糸場があります。
2014年、ユネスコ世界遺産への登録を目指しています。

今日は、車内からちょこっと見ただけでしたが、なんとなく、世界遺産登録で、色んなエネルギーを入れてほしいところなのかな、と、そんなふうに感じました。








Last updated  2013.12.08 21:48:16
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.26
カテゴリ:つれづれなる
「はま茶」でまったりしています。
初めて飲みました。。。

好きです。こういう風味。
ビワの葉茶に似ているような。



さて、続きです^^♪

日御碕神社は、ふと女性らしい香りが横切っていきました。手を合わせようとした時に。。。
鳥居の先に海を臨めるっていうのも、素敵だなぁ~。
今世では経験した事のない、海辺での生活を、少しだけイメージできそうな場所でした。
三浦とよく似た鳥の鳴き声と、日本海の柔らかい湿度が、とても心地よかったです。



そして、ものの見事に玉造温泉を「通過してしまった」私たちは、松江へ。。。


ここからは、私の一人旅になりましたが、今回はとーってもぞろ目が多く、電車の出発時刻や座席番号、そして宿泊ホテルの部屋ナンバーなどなど、抜けているわたしにも優しくメッセージを送ってくれているんだなー、と、ありがたく感じました。


翌日は、実はきっちりかっちりとは予定を組んでいませんでした。なんとなく、それで良いような気がしていて。。。できれば、ラプカディオ・ハーン巡り☆したいなぁ~くらいに考えていました。
そしたら、初日に参拝する予定だった須佐神社…そちらがまだでしたので、メインは須佐神社に決定!そうなると、レンタカーの都合もあってけっこう時間的にはきっちりしないとでした。

さて、早朝ドライブに備えて☆
…ね、眠れないのです、これがまた。

目はしょぼしょぼしているのに。

その時に、夢うつつだったのかもしれませんが、部屋の角に…白いマリア様が立っている、ような。
不思議だわぁ~なんて夢の中、ぼんやり思っていたらいつの間にか朝になりました。

さすがに、松江も朝は寒かったです。でも、しじみのお味噌汁がとーっても美味しかったです^^


駐車場で一緒になった北九州ナンバーの御夫婦とご挨拶をして、いざ出発☆
スマホのナビゲーションを相棒にまず向かったのは…八重垣神社でした。

2013.11.26-1

凄いですねー朝から人がたくさん。
そして、巫女さんも忙しそう。



ここでわたしはある課題に気づき始めました。
これは自分の内面の問題で、楓さんと二人で旅していたからこそ気づけた事だったように感じました。その思いと共に、目指すは須佐神社。ここから島根ナンバーの群馬ドライバーの迷走が始まったのでした。。。



とにかく、けっこう必死でした(笑)
憶えているのは、「神立」「神戸川」って何て読むんだろう?とか、色んな不思議な地名。
よく分からないけれど、神西湖畔をぐるっと周り、一路、山道を。
実家を思い出すような山っぷりに、ちょっぴり心細くなりつつも、道路標識とナビからの僅かな情報、そして「行っちゃるけん!」という負けん気を頼りにひた走る~。

すると、その先には、、、

2013-11.26-2 2013-11.26-4 2013-11.26-5

清流の水音たゆとう朝の空気の中、なんとも清々しい木々が迎えてくれたのでした。



思わずハグ☆
その瞬間、「どん♪」と腹に響く太鼓の音。神職さんが奉納されたらしく…でも、こんな中途半端な時間に?という時刻。
気にせず抱き付き放題。柔らかくひんやりとした苔が気持ち良い。すりすり頬ずり~ちっさいきのこが沢山。胞子が着いても~気にしない~♪
そんな時って、人が来ないいもので(笑)思う存分樹木と戯れて、満足しながら一周し、太鼓を叩く宮司さんを建物の隙間から拝見していたら、なんだか涙が出てきてしまいました。
今回、出雲大社でも感じた、樹木の優しさ、薫り高く気高い、懐の深さみたいなものは、わたしの生まれ育った山や大好きな場所の雰囲気と通じるものがあり、あの、山に分け入った時の静寂と鼓膜を優しく押されたような圧や耳鳴りは、自然に対する感謝の気持ち、畏敬の念を、おのずと思い出させてくれるのでした。
自然は、優しくて、それでいて、厳しい。生と死と隣り合わせた、命そのものの場所。
人間だけが主役なのではない、すべての命の祀り合っているところ。私たち人間は、どれほど許され、どれほど与えられてきたのだろう。。。



私たちは、自然の子なんだな、と、そんなふうに思いました。



そして、ある種の達成感を胸に、出雲市内へと向かったのですが、途中、ずっと川と共に下ってくる箇所があって、やがて「立久恵峡」というところへ到着しました。
「・・・これって、昨日、楓さんが言ってたところじゃない!?」
まさかの展開に、紅葉と清流を楽しみつつ。。。

秋のドライブを満喫する事数十分。向かうは出雲市駅でした。
無事に車を返し、その後もナイスなサポートに恵まれ、お土産も仕入れ♪
13時33分初の特急で~さらば~出雲よ~♪のはずが、、、まさかの「停止信号です」。
直江の駅で、非常ボタンが押されたとの事で、出雲を経って間もなく、かの地にとどめ置かれる事となりました。

一瞬、「乗り換えが…」とよぎりましたが、もし、何かの計らいならば、きっとうまくいくはずだと、そんなふうに思うわたしもいました。
なぜなら、明治神宮を参拝した時も同じような事が起こり…天皇陛下がお乗りになった線路付近を、延々と徐行して帰った事があったからです。
この旅でも、斐伊川や朝山等も全く予期せずドライブしましたし、神話の国だし、何かサプライズだろう☆って。

そしたら、やはりちゃんと間に合わせてくれました^^v
座席も面白くゆったりしたユニークなところでしたし、混雑とも無縁で、ゆったりと山陰~中国~関西~中部~関東~北の関東~と、窓の外の絵画を楽しみながら帰る事ができました。

また、電車で隣になった方との交流も、はっと気づくような事があったりして、心がほんわか優しくなって帰って来たような気がします。



最後に、この度で面白いなーと感じたのが、「手水」。
出雲大社では、物凄ーく甘くて(甘美芳醇)おいしくて日本酒みたいー♪と(笑)
そして、須佐神社もまた!うまーい☆☆☆☆☆特に、7不思議の1つである井戸の水は、個人的に絶賛したいくらいでした(爆笑)

これほど違いを感じたのは初めてかなぁと、びっくりしてしまいました。




また、行きたいなぁ^^


今宵はこのあたりで。。。♪









Last updated  2013.11.26 23:43:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.25
カテゴリ:つれづれなる
2013.11.25

出雲大社を参拝してきました(*^^*)
ご一緒させて頂いた、夏姫楓さん、ありがとうございました。

式年遷宮の今年、実現できて嬉しいです。


このシーズン…一度は白紙に戻った旅でしたし、旅を控えた先週1週間は、大変な体調のジェットコースター。なかなかのハードなデトックス…けっこうドラマチックだったような気もします(笑)


とても濃い時でした。
あまりに色々で、文章にするのも戸惑っています。

でも、書きたい事はたくさん☆なんです^^



まず。。。
日御碕神社のイカ焼きがとっても美味だった!!!のが♪


えと、
今回、観光目的ではなかったのですが、普通に旅はやはり楽しい☆☆☆☆☆



。。。

気を取り直して、、、
深夜に東京を出発し、目を覚ますと、ぴっかぴかのお日様。と、思ったら、幻想的な雲の中。
そして山に木々から立ち上る朝もや。青い空に白く透かした月。。。綺麗。。。

生まれて初めての夜行列車にテンション↑↑で足を踏み入れた出雲の地でしたが、夏のような陽射しに、一気に汗だくになりました(笑)

それからはレンタカーでの旅。
ただ…ただ、コレマタ初めてのレンタカー。島根ナンバーの新参者ドライバーがハンドルをニギニギしておった訳なのですが、なんと、2日目には何を思ったのか山陰自動車道をひた走る事になったのです。。。
しかも、楓さんはお仕事の都合でもういない。一人で未開の地を飛ばす…頼りにしていたスマホのナビがわけわからん事に===チーン===

色々学びました。



で、まず始めの出雲大社は…混んでいました。が、一の鳥居から歩くことが出来たのがとても嬉しかったです。
勢溜のあの瞬間の体感は、ちょっと、いや、だいぶびっくりしました。ただ、初めての参拝だったにも関わらず、お初な気がしなかったです。なんとなく親しみを感じました。それに、楓さんがナビゲートしてくださったもの、とても心強かったです。ありがとうございました。


数多の神様にご挨拶申し上げる中で、印象的だったのが素鵞社でした。
苔むした感じもそうでしたが、香り、そして空気感。なんて清々しくていきいきしているんだろう~と、深呼吸したくなりました。改修の為かトラックや道具も運び込まれていましたが、それでいてあの醸し出す静寂には、ほんとうに惹きつけられました。諏訪大社上社本宮の杜や、赤城の三代沢の神社の杉の御神木たちを…思い出しました。


お昼に頂いた出雲そばやぜんざい、すごく美味でした♪
食べ笑い、楽しくお買い物!いや~ん幸せ。


それから、稲佐の浜。
潮風って気持ちいい。
海って広い。


その後、向かったのは、夕暮れ時の日御碕神社でした。



続きます♪








Last updated  2013.11.25 22:42:16
コメント(2) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.