000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

高橋志学塾のホームページ

2012年02月25日
XML
カテゴリ:心に残る言葉
かなり昔から語り継がれた言葉です。

よく手ぬぐいなんかに書かれてありました。


朝きげんよくしろ

恩は遠くからかえせ

人には馬鹿にされていろ

年忌法事をしろ

家業には精を出せ

働いて儲けて使え

ばくちは決して打つな

おおめしは食らうな

亭主はたてろ

初心は忘れるな

後始末はきちんとしろ

神仏はよく拝ませ

何事も身分相応にしろ

水は絶やさぬようにしろ

戸締りに気をつけろ

自らに過信するな

怪我と災いは恥と思え

袖の下はやるな貰うな

書物を多く読め

火は粗末にするな

難儀な人にはほどこせ

風吹きに遠出するな

人には貸してやれ

貧乏は苦にするな

借りては使うな

義理は欠かすな

大酒は飲むな

人の苦労は助けてやれ

年寄りはいたわれ

家内は笑って暮らせ

出掛けに文句を言うな

万事に気を配れ

泣きごとは言うな

女房は早く持て

人には腹を立てるな

産前産後は大切にしろ

不吉は言うべからず

病気はよくよく気をつけろ



昔は親父の小言なんて、「オイオイ、また始まっちゃった!」とか思ったものでしたが、親父も鬼籍に入り、小言を言ってくれる人がいなくなったら、妙に懐かしくて、味わい深いものがあります。

噛めば噛むほど、味が出てくるスルメのような、それでいて含蓄がある言葉の数々に驚かされます。。






最終更新日  2012年03月01日 20時31分46秒
[心に残る言葉] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.