February 5, 2008

TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー):デフ・ミッション・トランスファー等のオイル交換

カテゴリ:車・オートバイ
車のデファレンシャル(デフ)オイルやミッション(MT)オイル等をご自分で交換したいとお思いになった事はありませんか?

車の下に潜れない乗用車の場合は業者に依頼しないと仕方ない場合が多いですが、駐車したそのままの状態でデフやミッションの作業が可能なくらい車高の高い4WD車等の場合、ご自分で出来るのではないか?とも考える方もいらっしゃるかも知れませんよね?

実際、私自身もジムニー(JA11)に乗っておりますが、デフやミッションのオイル交換も購入当初から全て自分でやっています。

デフやミッションのオイル交換など、それほど頻繁にやる事ではないのですが、それほど難しい作業ではありませんので、エンジンオイル(エレメントを含む)を自分で交換出来る程度の技量がある方でしたら、殆どの方が出来る事だと思われますので、やってみたいと思っている方は、是非チャレンジしてみていただければと思います。

ただ、注意点が3つあります。

ATF(オートマチック トランスファー オイル)に関しては、素人は触らない方が良いであろうと言う事です。

文字数の関係もあり、詳細は省きますが、ATミッションは、内部がかなり複雑な構造になっている為、オイル交換自体が難しく、しかも、オイル交換を推奨しない場合もあるみたいなのです。

よって、ATFに関しましては、専門業者に任せるか、量だけを確認し、減っていれば継ぎ足すと言う程度の作業でとどめるべきであろうと言う見解です。

次にデフオイル等の交換作業をするには、オイルを注入する為の機器が必要だと言う事です。
(オイルポンプやオイルサーバーと言う様な商品名にて販売されております)

デフやミッション等は車体の下に位置している為、エンジンオイルの様に、上から流し入れる方法では入れられないのです。

もう一つは、オイル注入口やドレンボルトが特種な形状をしている場合があり、特種工具が無いと、外す事が出来ない場合があると言う事です。

実際、ジムニーに関しても、四角凸型のドレンプラグソケットが必要になりますからね。

全て自分で作業しようとすると、工具等を別途購入しなくてはなりませんので、初期投資費用はそれなりに必要です。

ただ、それを加味しても、オイル交換全般を整備業者に依頼しなくて良いと言う事は、余計な工賃が今後、一切必要なくなりますので、長く乗る車の場合、かなりの節約になると思われます。

まぁ、初期投資費用+その都度の手間暇+多少の技術も必要ですので、正直、微妙だと考える方は素直に整備業者に依頼していただく事をお薦めします。
その方が自分で作業するよりは、間違いなく確実ですからね。

とりあえず本日は、TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)の紹介をさせていただきます。
 8,400円 送800円
TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)

上記トキコ製のオイルサーバーは、トランスミッション(MTミッション)オイル、デファレンシャル(デフ)オイル、トランスファーオイル等、全てのギアオイル交換時に使用可能です。

さらに、ペール缶固定キットが付属しておりますので、20Lペール缶に取り付けて使う事も出来るタイプですので、非常に使い勝手は良いと思われます。

私自身も「TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)」を所有しておりますが、かなり前に買った物を使用しておりますので、残念ながらペール缶固定キットは付属しておりませんでした…あまり使用する機会は無いと思われますが、ちょっと悔しいですね…(泣)

また、この店舗で販売されている物には、オートマチック トランスミッション フルード(ATF)用のホースも別途付属しているみたいですので、ATFにも同時に使用可能の様に感じられるかも知れませんが、どちらにも使える訳ではなく、どちらか片方に限定してしか利用出来ないと言う事はお忘れ無く。

ギアオイルと同時にATFにも使用しようと考えた場合、オイルサーバー内にどちらかのオイルが残っている状態で使用してしまいますと不具合がおこりますので、使用時には絶対にどちらかの油脂類が残っている状態では使用してはいけないのです。

オイルサーバー内のオイルを完全に全て除去出来るのでしたら、除去後に使うと言う事は出来る可能性もありますが、基本的には両方使用出来ると言う考え方はやめて下さいね。

特にオートマチックトランスミッションは、かなり精密で複雑な作りになっている為、ATFではないギアオイル等が少量でも入ってしまうと、不具合がおきる可能性もありますからね。
脅かす訳ではありませんが、最悪、壊れてしまう可能性だってありますから。

他店で販売されている物には付属していないATF用のホースが別途付属していると言う点からもお買い得感は高いとお思いになるかも知れませんが、メーカーで推奨していない使い方ですので、正直、微妙な感じはします。

ちなみに「TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)」で使用してはいけない油類、薬品類の中に、ATFも入っているのです。


オイルサーバー2で、下記の油類、薬品類は内機部品に損傷を与え作動不能となりますので、絶対に使用しないでください。

《ATF(オートマチックトランスミッションフルード)、ガソリン、軽油、灯油、シンナー、水(水蒸気)、ブレーキフルード、リンサンエステル系難熱性作動油、ベンゼン、メチルエチルケトン、硫酸、硝酸、その他の化学薬品》



商品の詳細&注意点等に関しましては、メーカーHPの「TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー):HITACHI(日立製作所):オートモティブシステムグループ」を良くご覧いただきたいと思います。

メーカー推奨の注意点を理解した上でも、どうしてもATFをオイルサーバーで使用したいとお考えの方は、「TOKIKO(トキコ製)AT SERVER(ATサーバー):整備工場向」が別途販売されておりますので、そちらを購入するか、「TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)」を完全にATF専用で使用するかのどちらかにして下さい。

また、他店で販売されている物は「TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)」の2型みたいですので、もしかすると、若干の違いがあるのかも知れないと言う事も認識しておいた方が良いかも知れません。

色々な注意点もありますが、デフオイルやミッションオイル等のギアオイルの交換時には、かなり便利に使用出来る品ですので、ギアオイルの交換を自分で実施してみたいと言う方には、非常にお薦め出来る品だと思います。


上記商品の販売店舗は「ジムニー専門店 Kプロダクツ」ですが、楽天市場内の他店で販売されている価格と比較検討されてみたい方は『TOKIKO(トキコ製)OILSERVER(オイルサーバー)一覧(安価な順)』より、ご覧いただければと思います。

時期によっては、他店の方がお買い得な場合もあると思いますので、色々と調べられてから購入される事をお薦めします。


極端な話、灯油をシュポシュポ入れる(灯油用手動式給油)ポンプでも、長さの調整をすればオイルを入れられる可能性もあるのですが、ギアオイルはエンジンオイルよりも硬いオイルの為、安価な給油ポンプでは、的確に入れられるかどうかが正直分かりません。

元々が灯油用の給油ポンプですので、エンジンオイルで使用するのも辛い可能性はありますしね。

まぁ、灯油用手動式給油ポンプは100円ショップでも購入出来る物もありますので、ダメもとで試されてみてからでも良いと思いますけどね。

ただ、オイルサーバーなんて、一度購入してしまえば、かなり長い期間使える物ですので、出来れば、ケチらずに良い物を選んで欲しいと思います。

使用頻度、保管方法によっては、一生物でしょうしね。

私自身も既に10年以上使用していますが、現状までは、全くメンテナンスフリーで使用出来ていますから。

そう考えれば、送料を入れても1万円しないのですから、充分に安い買い物だと思いますよ。

最低でも2年に一度のギアオイルの交換を考えれば、10年使えると考えても、5回は交換作業をしている訳ですからね。

安価なギアオイルを購入出来、作業工賃も不要と考えれば、数回のギアオイル交換で、オイルサーバー代は出てしまうと思います。

ついでに、保管時の注意点を書かせていただきます。
オイルを全て使い切ったと思っても、使用後にはオイルが結構漏れてきますので、保管方法には注意して下さいね。
専用のガレージがあるのでしたら良いのですが、ギアオイルは臭いですから、漏れてしまうと、かなり辛いですからね。

ちなみに私自身は、オイルサーバーにウエス(ボロ布)を巻き、数枚のビニール袋に重ねて入れ、さらにビニール製のバッグに入れて保管しておりますが、現状までは問題ありません。

昨日の日記『ペール缶クッション:ペール缶をリサイクル!道具入れや、おもちゃ箱、防災用品・避難用品入れに!』で紹介させていただいたペール缶をこう言った工具の道具箱として使用されるのも賢い保管方法だと思います。


ちなみに、一昨日、一昨々日の日記では、各種オイルの格安ペール缶(20L)販売品を紹介させていただきましたので、興味のある方はご覧になってみていただければと思います。

・2月3日の日記『ハンプシナジー・エンジンオイル他、国産自動車メーカー純正オイルのペール缶(20リットル)が格安販売
・2月2日の日記『LSD対応のギアオイル(ギヤーオイル)他、エンジンオイル等も20Lペール缶で格安販売:ユニバーサルオイル







TWITTER

Last updated  March 19, 2008 11:25:17 PM
コメント(0) | コメントを書く