077734 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Benediction of God in Solitude

タンタラスの掟


「女を見捨てるなんて、見損なったぜ!」


(おれ、どうしたんだろ…)


ジタンはとりあえずビビの元へ行った。


「…あっ。助けてくれてどうもありがと」


「礼にはおよばねえって!」


「さっきのお姫様は?」


「心配するな!このジタンに任せておけば大丈夫!」


「必ず助けてあげてね」


そういうとジタンは胸をドンとたたいて頼もしそうな態度をとり、部屋を後にした。


(あのときはホントに特別な気持ちになったんだ)


姫と始めてすれ違ったときの事を思い出す。


(そうだ。迷ってる暇なんかない。助けに行くんだ。)


ジタンが考え事をしながら歩いていると、男--ブランク--が話しかけてきた。

「どこいくんだ?」


「ブランクか。ボスのとこへだ。」


ジタンはそっけなく返す。


「相変わらずにくたらしいほど思い切りはいいんだな」


「あぁ。姫は必ず助ける」


――待っててくれ、ガーネット。俺が絶対助けてやる。


written by sigil


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.