077740 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Benediction of God in Solitude

LETTER

手紙 1

アレクサンドリア城一室にて

「ねぇジタン、ちょっといい?」

「ん、なんだ?」

「渡したいものがあるんだけど……」

コンコン

「ジタン!ちょっといいズラか?」

「あぁ、ちょっと待ってて」

「分かったわ」

そういうとジタンは部屋をでた。しばらくして、

「悪い。ボスが呼んでる。なんか緊急事態らしいんだ。」

「待って!用ってのはこれを渡そうと思ったの」

そういって手紙を渡した。

「分かった。後で見るよ。」

ジタンは早足でアジトに向かった。

「……ジタン、ちゃんと見てくれるかしら?」

一方走り去ったジタンたちはというと、

「で、緊急事態ってなんなんだ?」

「わかんないズラ。ブランクとマーカスが呼んでこいって……」

「じゃあボスが呼んだわけじゃないんだ」

そういうとジタンの頭にいやな予感がよぎった。

(ま、まさか!…あ、でもそれはないよな…)

「どうしたズラか?」

「いやなんでもない」

そういってジタンとシナはチョコに乗りリンドブルムに向かった。

written by sigil


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.