077797 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Benediction of God in Solitude

少年時代

スコールは夢を見た。昔孤児院にいた頃の夢。


---少年時代---


「スコール~。遊ぼ~。」

セルフィとキスティスがいってきた。

「うん。おねえちゃんも遊ぼうよ。」

スコールはエルオーネを誘う。

するとアーヴァインが聞きつけて、よってくる。ゼルはサイファーから逃げてスコールに助けを求める。そうして結局みんながそろう。

「じゃあなにして遊ぶ?」

「だるまさんがころんだ」

「かくれんぼ」

みんな好き勝手なことを言う。

「おねえちゃん。僕おにごっこがしたい。」

「じゃあおにごっこがイイ人~?」

「「「は~い」」」

キスティスとセルフィも賛成し、多数決で鬼ごっこになった。
鬼をじゃんけんで決めた。鬼はサイファーになった。するとサイファーは、

「ゼル。おまえ鬼な。」

「え~?」

「うるせぇ。オレがいったらそうなんだ。」


「(このころからサイファーは威張ってたんだな。)」

夢の視点から見ていたスコールは思った。

「しょうがないわね。じゃあ私が…」

「僕やる。」

「(/////恥ずかしい)」


「じゃあお願いね。」

そうして鬼ごっこが始まった。スコールはまずキスティスを探した。キスティスはあまり足が速くなくすぐ追いつくと思ったからだ。しかさしなかなか追いつかない。しょうがないので待ち伏せをしてアーヴァインにタッチした。


「僕が鬼か。いくよ~」

アーヴァインはまずサイファーを見つけた。サイファーはゼルを押し逃げた。アーヴァインのほうへゼルが来たが、無視をした。なんせゼルが鬼になると続かなくなり、ゼルは泣き出す。アーヴァインはそれは避けようと、他を見渡した。するとセルフィが隠れているのが見えた。そっちへ走るとセルフィも気づいた。そして逃げようとした瞬間転んだ。それをみたアーヴァインはなぜか手をさしのべ起きるのを手伝った。

「ありがと。」


「(…なにをやってるんだ?そうか、あのころからアーヴァインは…)」

そして油断していたエルオーネが鬼になった。エルオーネはさすが最年長。サイファーを難なくつかまえタッチした。サイファーはすぐさま、ゼルを見つけ、追いかけた。ゼルは必死で逃げたが捕まり、鬼ごっこは続かなくなってしまった。

いつの間にか日は暮れていた。

「今日は花火でもやりましょうか」

「「「「本当?ママ先生。」」」」


一同は声をそろえていう。

「えぇ。夕飯たべてからね。」

みんなは夕飯をすぐにたべ花火を待っていた。

「わ~い。花火だ。」

スコールは素直に喜び、花火を一本とり、遊びはじめた。それをはじめとしみんな一斉に花火に飛びついた。そして30分後、花火はほとんどなくなり、線香花火だけになった。

エルオーネが独り寂しそうに線香花火をやっているのをスコールはみた。

「どうしたの?」

「ん?ちょっと考えことをね。」

「僕ね、思うんだ。こんな時間がいつまでも続けばいいなって。」

「そうね。」



スコールは目が覚めた。そこにはリノアがいた。

「おハロ~。珍しいね、笑いながら寝てるなんて。」

「悪かったな。」

「悪いとはいってないよ。あ、ちょっと季節はずれだけど花火やらない?」

「花火か。」

スコールはさっきの夢を思い出した。

「…いいぞ。」

「ホント?じゃみんなにも言ってくるね。」




「この時間が続くといいな、か。」


スコールはうれしそうにつぶやいた。

writen by shun
こんなものでよろしいでしょうか?>mikann5959さん。よければお持ち帰りくださいw


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.