077673 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Benediction of God in Solitude

Another World・3

Another World 9

一足さきに帰っていた二人は、話し合っていた。

「やっぱクラウドも一緒につれてくるべきじゃなかった?」
「でも、クラウド、シドくらい頑固だからな…」

「だからスコールに頼めばよかったじゃない。」

「そうね。帰ってきたらスコールに頼んでみましょう。」

ふとレオンは気配を感じた。先ほどまで戦っていたクラウド。殺気こそ今はないがそうとうな威圧感がある。

「(…仕返しか?)何だ?」

「おまえ、名をなんと言う?」

「名前か?レオンだ。」

「そうか、レオン。あいつらを頼む。おまえなら頼める。」

「(…エアリスたちのことか?)」

「なんのことだ?」

「さっきここにきた時女が二人いただろ。同じ生き残りなんだ。俺は闇と契約した。あいつらと顔を会わせる資格なんてない。しかし気にはなる。二人は強い、しかしそのせいで危険にもあう。その時おまえが助けてほしいんだ。」

「……おまえが一緒にくるのは無理なのか?」

「あぁ。俺は時折闇の力を使う。さっき見ただろ。俺はその時周りが見えなくなる。そうしたらもとに戻るまで見境なく周りを傷つけてしまう。だから頼みたいんだ。」

「(…しょうがないか)わかった。ただし条件がある。」

「何だ?」

「チームをくんでくれ。おまえの剣さばきは参考になる。ならば間近で見るのが一番だろう。俺がここにきてるときだけでいい。」

「……興味ないね、といいたいとこだがしかたない。いいだろう。」

「おまえは普段どこにいるんだ?」

「俺はどこにも停留はしない。追われる身でもあるからな。」

「そうか。ならば次会うときまで。」

「あぁ。次までにはまた強くなってみせる。」

クラウドは闇に消え、レオンはグミシップにのりトラヴァースタウンに帰った。

あれから半年---

レオンは未だ元の世界に変える方法こそ、見つけてはいないが、手がかりをつかんでいた。

鍵を持つもの---


鍵を開き世界を闇へ導こうとする者---


世界は鍵でつながっている。それをすべて閉じたとき、特別な方法以外他の世界へとはいけない。そしてハートレスにより消滅した世界が蘇る。

各地に散らばっていたアンセムレポートを捜し当て、ここまでわかった。あとは鍵をもつ者に任せるしかない。

そしてレオンは、今オリンポスコロシアムにいた。あのときクラウドと約束したチームを組むということ。
現在ハデスカップの2位まで上り詰めた。現在は1位のソラ---鍵を持つもの---である。そしてコロシアムでクラウドはあらたな目的を見つけた。彼の因縁の敵を倒す。身長以上の長刀を持ち軽々と振り回すという。これを期にレオンとクラウドはチームを解散するそうだ。
レオンは思い返していた。

「あれから半年か。チームをくんだのはなかなかよかったかもな」

クラウドと共に闘った日々を思い返す。


物思いに耽っていると、いきなりレオンの体が光りだした。そして足下から少しずつ消えていった。
そのときちょうどソラは世界の扉の鍵を閉め終えた。

「そうか、この世界とも別れるのか。ならば俺はスコールに戻るんだな…」

そこには誰もいなかったがスコールはつぶやいた。



---クラウド、俺は強くなる。だからいつかまた会おう。

言い終えたか終わらないかの時、スコールは完全に消えた。

これはスコールの異世界での物語である。もとの世界に帰るのはまた別の話であるのだが。

written bu shun

あとがき  この作品ははじめて書いた小説ですwなので未熟さがにじみ出ている(爆)一応最近完結しましたんで載せますw


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.