077778 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Benediction of God in Solitude

譲れないものII

一方図書室に向かったスコールは…
「リノア。」
「あ・スコール、お話は終ったの?」
「あぁ、それに一週間は完全にオフだ。」
それを聞いたリノアは飛びあがった。
「本当?途中で休暇返上とか無しだよ?」
「あぁ。それもない。何処か行きたい場所はあるか?」
「う~ん…。じゃぁバラムでショッピング!今日は皆と一緒に。明日はスコールだけと。そうすれば明後日はバラムでお祭りに行けるもん!」
「ではそうしようか」
「図書室では静かにしてください」
クスクス笑いながら三編みの図書委員に注意された。
「あ・ごめんなさい」
「クスクス。気持は分かるけどね。けどすごい注目集めてるよ。」
言われて周りを見渡したスコールとリノア。そして顔を赤らめながら
「アハハッ。じゃあね」
「うん。またね。楽しんでおいで!」
「うん♪」
スコールは逃げるように出たかったが、リノアがスコールの腕にがっしり捕まって、ゆっくり仲良く揃って外に出て行った。

「スコール、皆を呼ばなきゃ。」
「そうだな。」
一言そう言うとスコールは携帯を取りだし館内アナウンスで、呼んでもらった。
そして待つこと五分。全員が校門前に集まり、仲良くバラムに向かった。

バラムの街はかなり発展し、街のショッピングモールは世界でもかなり知られていた。
「女ってやっぱスゲーよな。」
「買い物に行ったとき、女の人は女の子になるからね~」
ゼルのボヤキは二人を納得させ、アーウ゛ァインの一言も確に的を射ていた。
「まぁ楽しんでくれるならそれでいいさ。」
「確に。」「だね~。」
そして待つこと三十分
「三人ともー、終ったわよ~。」
遠くで呼ばれたのを聞き、三人はその場に向かい、呆然とした。
何をそんなに買ったのか、キスティスは大きな紙袋三つ、セルフィは二つ、リノアは小さな紙袋を一つを持っていた。
「「「…………」」」
「あら、どうしたの?」
「…何をそんなに買ったんだ?」
「洋服よ。」
「何でこんなに…」
「前から欲しかったものがどれもこれも安かったからつい、ね。」
それにしたって凄い量である。
「それに比べてリノアは少ないな。」
「え・う、うん。目ぼしい服がなくてね。けどアクセサリーを結構買ったから。」
「ま、とにかくスコール、ゼル、一つづつもって頂戴。ごめんね、リノア。スコール借りるわよ。」
「気にしなくていいよ~。」
「……」
「ん・なに?」
「いや…、なんでもない。」
その会話の後、言葉少なく全員その店を後にし、他にも色々買ってショッピングモールを後にした。
「さて、これからどうするか…。もう夕方か…。」
「腹減ったからさっさと帰らねぇ?」
「あ・じゃぁさ~どっかでご飯食べてから帰ろうよ~。」
「それいいわね。」
「僕も賛成だね~。」
「よっしゃぁ!」
「ま・いっか。」
「ならそうするか。…で…何処で食べる?」
皆そこまでは考えていなかったのか、考え始めてしまった。
「う~ん…」
「いつものところでいいんじゃないか?」
「え~たまには違うところにしようよ~」
「…皆何を食べたいんだ?」
「「「「「………」」」」」
「(…何も考えてなかったのか。)ではそこの海岸でバーベキューでもするか?今からやっても十時までに帰れるだろう。」
「それいいっ!」
「そうしよ~!」
「悪くないわね。」
「文句ないよ~。」
「肉だ―!!!」
「ではゼル、ダッシュで学園に戻り道具を一式を借りてきてくれ。セルフィ、キスティスは材料を買いに行き、アーウ゛ァインはその荷物持ちを頼む。俺達は土台を作ってる。
「了解。」
「りょ~うか~い。」
「了解~。」
「え・俺?」
「お前が一番足早いからな。」
「ちっ!わかったよ」
スコールの的確な指示に、皆同意する。こう言うところでリーダーとしての役目がどれだけ身に付いてしまっているかがよくわかる。
かくしてバーベキューの準備が始まった。


written by eoh


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.