077662 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Benediction of God in Solitude

譲れないものIII

スコールとリノアは浜辺で石を探し終えた後、流木や小枝、紙などを拾っていた。
「…ね、スコール?」
「何だ?」
「…何か無理してない?」
「!…そんなことないぞ。」
「そぉ?」
「あぁ、…強いて言えば…」
「言えば?」
「少し疲れてるかもな。さっきの荷物持ちで。」
「え~?あれくらいで?たったの一つじゃ~ん。」
去年のリノアの誕生日、親からリノアに高額の小切手が来た時、それで買い物をしたら信じられない量を買ったのだ。まぁその中にリノアが着て欲しいと思い、スコールはプレゼントされたので全部を悪く言えないのだが。
「…リノアのなら構わないんだが他人のだとなんだか疲れるようだ。」
赤面し、目を反らしつつもスコールは滅多に口にしないようなことを口にした。
それを聞き、満面の笑みを浮かべたリノアは、拾い集めた物を落とし、スコールに抱きついた。
「なんか嬉しいぞ~。」
「そうか。でもさっさと集めないと皆になんか言われるぞ。」
「そだね~。」
そう言うとまた集めることを再開した。

「く~相変わらず熱いね~。」
「本当、見ていてこっちが恥ずかしくなるわね。」
実はゼル、セルフィ、キスティスの三人はとっくに戻っていた。
「なぁ、アーウ゛ァインは?」
「え?」
「あれ?あ・あそこだ~」
彼等の所から50メートルぐらい後方で、アーウ゛ァインはかなり大きい荷物を二つ、なかば引きずるような形で頑張って運んでいた。
「すごい量買ってきたな」
「だってゼルお腹空いてるでしょう?」
「まぁ私たちもペコペコなんだけどね。」
「あ・話終ったみたいだ。おーいはんちょ~」
「たくさん買ってきたわよ~」
「取ってきたぜーっ!」
「お疲れ。…アーウ゛ァインは?」
「ん?あそこよ。」
先程から5メートルしか進んでないようなところにアーウ゛ァインはいた。
「…またすごい量を買ってきたな…。」
「でしょ~?」
「皆たくさん食べると思ってたくさん買ってきたのよ。」
「成程。」
「和んでないで手伝ってよ~!」
遠くの方でアーウ゛ァインが叫んでいる。
「ったくしょうがねぇな!」
ゼルが走って手伝いに行った。
「うぉっ!お・重い…。スコール!一つ手伝ってくれ!」
「はぁ、仕方ない。」
そう言ってスコールも手伝いに行った。
そしてたかだか50メートルの距離を30秒以上かけてやっと運び終える荷物は届いた。
「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、」
「ゼェ、ゼェ、ゼェ、ゼェ、」
「お疲れ~。」
「それじゃ下拵えを始めましょうか。」
「うん!」

下拵えも終り、楽しいバーベキューが始まった。いつもより時間が遅いせいか、皆いつも以上に食べていた。

「ッハ~満腹満腹!」
上機嫌でゼルはそう言い、全てが空になった。
この晩、六人で消費した量は11人前。ゼルは三人分食べていた。
「少し休んで片付けをしたら帰るぞ。」
『は~い』
本当に少し休んだだけで片付けを始め、片付け終わり帰路についた。


written by eoh


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.