205080 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子平・陰陽五行研究所ブログ

全1133件 (1133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

男の弁当

2021年01月22日
XML
カテゴリ:男の弁当

焼きたらこ丼

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
副理事長が管理人である私に買い出しの指示をしたんですが・・・・

管理組合会議に必要な飲食物とはいえ、住人が管理人に対して買い物をして来いというのはルール違反なのです。とはいえそこは個人判断で指示に従う事が多いものかとも思いますが、『断ります。個人的な買い物指示には従えない事になっております』と拒否してやりました。さすがの副理事長もそれ以上何も言わなかったんですが、傍にいたフロントマンが即座に『僕、行ってきます』と機転を利かしてケーキと缶コーヒーを買ってきたんです。






最終更新日  2021年01月22日 06時20分31秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年01月21日
カテゴリ:男の弁当



ウインナー巻き&焼きたらこ巻き弁当

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
管理組合・副理事長のゴミ出し場監視カメラ案は廃案となったんですが・・・・

理事長を差し置いて場を仕切る副理事長は貴重な味方ではあったんです。
『もう、新しい住み込み管理人は不要だ。お前がやってくれれば良い』などとそのまま信じて良いのかと思うような嬉しい言葉をかけられたもんですが、鵜呑みにせずある程度の距離は取っていたのが良かったのか悪かったのかは判りませんが、ある日管理組合の会議を管理人室でやりたいと申し出があり、管理会社のフロントマンが了承してしまったので、昼の休憩時間に呼び出されたフロントマンと副理事長、次期理事長候補の人など4人ぐらいが管理室で会議を始めたんです。本格的な管理組合の会議はもっと大勢の理事が集合しますので、それなりの部屋があったのでしょうけど、なぜか管理人室が使われて隅っこに追いやられた時に、副理事長が私を呼んで『ちょっとコンビニでコーヒーとお菓子を4人分買ってこい』と使い走りをさせようとしたんです。






最終更新日  2021年01月21日 05時47分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月20日
カテゴリ:男の弁当

シュークリームと生姜湯

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
マンション住人の無謀なるゴミ捨てに憤慨した副理事長でしたが・・・・

ゴミ捨て場に監視カメラを設置してルール違反の住人を取り締まるの案は実行寸前のところまで行ったんですがやはり住人の中にはプライバシーの侵害であるとする考えの人も多く居ましたので、結局はカメラ設置には至らず、おまけに訪問人を確認するための管理人室にある監視テレビも観る事ができなくなり、録画だけのものにされてしまったのです。せめてゴミ出しの指定曜日だけは守ってもらうようにしないと、異臭が漂いカラスやゴキブリの集る場になり、風でごみが散乱する不衛生な場になるわけでして、それを整理するために管理人が存在すると思われては困るのですが、そうはいかないのが常識と知ってからは、我儘を言う嫌な管理人でないとやっていけないなと悟ったのです。






最終更新日  2021年01月20日 06時29分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月19日
カテゴリ:男の弁当

たまごごはん(塩)

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
ルールを無視したマンション住人のゴミ袋をエントランスに陳列したんですが・・・・

管理人は独断で行動してはならないのです。必ず管理会社・フロントマンに報告、相談してからでないとそれが正論であっても問題は起きやすいらしいのです。何か良い方法でも教えてくれるのなら相談しても良いのですがね。そもそも住人は「お客」であり、管理人は泣き寝入りをしてゴミの仕分けをするのが一番安泰なのは判っておりましたが、不慣れなアルバイト管理人だし、一生懸命やっているアピールも通じて気持ちよく挨拶してくれる住人も増えてきた頃だったので、これくらいの事は大目に見てもらえて賛同者も多く居るに違いないなどと甘い考えで実行しました。すると管理組合の実力者・副理事長がエントランスに放置されたゴミ袋を見て『ゴミ集積場に監視カメラを付ける』と驚きの発言。私は有力な味方を得る事になり、甘い考えの行動が功を奏したのです。






最終更新日  2021年01月20日 03時33分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月18日
カテゴリ:男の弁当

マグロ赤身寿司(手製)

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
マンションのゴミ出し場においては本当に苦労しましたが・・・・

100戸以上の家庭が住むマンションですから出されるゴミの量も半端ではありません。
ルールを守らない輩はどこにでも存在するので、それを常識にしてしまえば管理人は責められ仕分けの仕事も増えるわけです。ゴミ収集者の人達は真面目なので、可燃に不燃物が混じっていると持っていってはくれません。仕分けし直しの貼り紙をされて放置されたものを管理人が整理するんですが、あまりにも毎度の事だったのでゴミの出し主にやらせようと、そのゴミ袋に(このゴミを出した方は仕分けしなおしてください)とか(指定曜日に出しなおしてください)と貼り紙をしてエントランスによくわかるように置いておく事にしたんです。苦情が出たら出たでその場で反論してやろうと思っていました。






最終更新日  2021年01月18日 06時01分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月17日
カテゴリ:男の弁当

削り節巻き弁当

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
管理人の苦労も知らず副作業員はあれこれと注文をつけにくるんですが・・・・

こっちはいい加減な住人の不始末でも管理人の所為にされる立場なのに、副作業員は昼めし食って1時間清掃したらのほほんと帰っていく気楽な稼業。そんなもん私にとっては余計な人材に過ぎませんでした。
ゴミ出し場の整理ぐらい手伝って欲しかったんですが、余計な会話をして仲良くなって言いたいことも言えなくなると嫌なので自分一人で整理しました。指定曜日以外の日に生ごみを出す人が多く居るので、その場に放置しておくとカラスやゴキブリの餌になりますんで、仕方なく管理人が使う狭い道具倉庫に指定日まで生ごみ可燃ごみを数袋押し込んでおき、指定日が来たらセッセとゴミ出し場のゴミの山に重ねるわけです。






最終更新日  2021年01月17日 09時24分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月16日
カテゴリ:男の弁当

味噌汁そうめん

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
副作業員が持ち帰ってくる面倒ごとを悉く解決していくんですが・・・・

副作業員てなもんは気が楽なもんです。それに引き換え管理人は責任がありますから、それをいいことに副作業員が面白半分に住人のどうでもいい苦情を持ち帰って報告してくるのです。
こっちとしては例えばゴミ出しの日などは気を遣うわけです。100戸以上の住人が暮らすマンションのゴミは相当な量になります。それをキチンと出せる人たちばかりなら良いんですが、指定日以外や時間外に出したり、可燃不燃を適当に混ぜたりと滅茶苦茶なんです。幾度も注意書きをゴミ出し場に貼るんですが効果はありません。管理人が整理して収集車に渡さねばならんのです。






最終更新日  2021年01月16日 06時11分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月15日
カテゴリ:男の弁当

カレー煮込み野菜弁当

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
マンション住人の水道が止まらない事件は元栓を閉める事で解決したんですが・・・・

マンション廊下に据え付けてある消火器の留め金が緩いなどと、相変わらずしつこく何とかした方が良いと副作業員がうるさいので、緩んで大きくなった取付穴に割り箸の欠片を詰め込んで、木ネジを締め直すとシッカリと固定できたのです。我ながら上手く行ったなと得意気な高揚感を抑えながら副作業員に報告してやると『うん。あの手の修理はそういうやり方が基本なんだよ』と、元設計講師の副作業員が得意気に宣ったのです。専門家からアドバイスされる前に修理出来て良い気分でしたね。






最終更新日  2021年01月15日 06時41分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月14日
カテゴリ:男の弁当





鶏ももと野菜カレー煮込み

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
管理人は水道屋も兼ねないといけないのかと思ったんですが・・・・

それは無理な話であるし、どうせパッキンが腐食して水滴が垂れているだけだろうと住人に問いただすとジャージャーと勢いよく出っぱなしだと言うので、それなら尚更水道屋に電話するべきではないかと。すると『主人が帰ってくるまで水道屋には頼めない』などと主婦とその義母らしき人が訳の分からぬ理由を宣ったのです。管理人としてはマンション廊下に据え付けてある水道やガスのメータのある収納庫が各住人の部屋の前にあるのですが、毎月検針に巡回していた経緯から水道の元栓の在処は知っており、その水道元栓を閉めてやると『止まった!』と主婦と義母は大喜び。後は水道屋に連絡するという事で納得してもらったのです。『トイレはどうするの?』などと言うので、元栓を開ければ良いと言ってやったのです。この一件落着、副作業員に対しては面目躍如といったところでした。






最終更新日  2021年01月14日 06時00分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月13日
カテゴリ:男の弁当

目玉焼き定食

さて、私が中年になった平成後期の頃、心筋梗塞退院後のマンション管理人時代
やはり気は合わなかった副作業員でしたが・・・・

副作業員もマンション廊下で清掃作業をしていれば住人に声を掛けられるわけでして、何やら依頼されて帰ってくるのです。『○○〇号室の○○さんが水道の蛇口を閉めても水が止まらんそうです』などと言われても私は水道屋ではないし、そもそも住人が水道屋に連絡すれば済む事であり、副作業員もそう言えばいいものを素直に依頼を持ち帰ってくるのです。
聞いたからにはその住人の部屋を訪ねねばならず、水道屋に連絡するように促すべく説得をするんですが費用をかけたくないんでしょう。あれやこれやと言い訳をして管理人だから何とかしろと言うのです。






最終更新日  2021年01月13日 06時12分15秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1133件 (1133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.