5893786 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2007.04.13
XML
カテゴリ:相続
                             
  T子さん今後の打ち合わせのため来所
最初に来所されたのは今年1月の中旬であった。
当事務所は事前に予約を頂いて面談をするのだが、
 T子さん悲痛の面持ちで突然来所された。
聞くところによると、K市から1時間かけてやっとのおもいで来たと言う。

  幸い予定も入っていなかったので、急遽面談することにした。
 借金の総額は 5社、320万円程、取引期間はすべて1年~2年、
 法定金利内のM社K社は減額が期待できない。
 果たして任意整理で、T子さんは支払っていけるのか?

「なんとか助けてください!!」「破産だけはしたくない・・」
「家を取られたら、母が・・・」悲痛な気持ちが伝わってきた。

 病弱な母親が一人暮らしをしている実家は父親からの相続でT子さん名義だという。
  よく話を聞いてみると10年前に亡くなった父親の看護のためにも
 借金をしていたとのこと。

  そうすると、その時の完済した借金もあったはずだ。
 過払いが返ってくれば破産は避けられる!! 
 T子さんの記憶を頼りに過払い請求をすることにした。
  

  私   「P社から85万円、T社からは35万円返ってきましたよ」
      「それからA社は113万円、来週入金になりますよ」
 T子さん 「夢のようです、それに、母の具合も良くなってきました」
  私   「良かったですね、人生悪いことばかりではないですよ」
      「それから、過払い金を弁済に当てますと
       残る債務が100万程になりますが・・」
 T子さん 「そんなに少なくなるんですか?」
  私   「3年分割だと、月28,000円位の支払いになるんですが?」
 T子さん 「それなら、十分払っていけます」

 見違えるような笑顔のT子さん。最悪の状態を脱して運も好転したようだ。
 「一つ良くなればすべて良くなる」まんざら嘘ではなさそうだ。
 借金問題が解決したら、「仕事がうまくいくようになった」「病気が治った」
 「夫婦中が良くなった」と言う話は良く聞く。

  先日来所されたK子さん、「不思議なものね、あれから身寄りの無い知り合いから
  面倒を見てくれたら全財産あげると言われたのよ」と得意満面に話して行った。

  過払い金は依頼者の人生を左右するの大切なお金です。
 返し渋る業者、簡単に値切ってくる業者、良く考えて頂きたい。 






Last updated  2007.04.14 09:26:17
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.