5999745 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2009.06.23
XML
カテゴリ:過払請求
 

 「今日の5時半までですか? 無理ですよ!!」A司法書士の大きな声が事務所内

に響く。相手は武富士。今週の00日はWさんの本人訴訟の第2回目の期日。

どうやら相手は「本人Wさんと和解の話をさせてくれ」と執拗に迫っているようだ。

 

 先日、武富士との過払い交渉は2回目期日前が勝負とブログに書いたが

まさに崖っぷち、Wさんとの和解の話が決裂すれば、相手は弁護士を選任しなければな

らない。慌てる気持ちは分かる。これ以上訴訟を継続する余裕がないのだ。それに判決

を極端に嫌う、他の案件も2回目期日前に、次から次へと、ほぼ、こちらの言いなりで和

解になっている。

 

 同じ大手でもアイフルは違う、 定型的な答弁書、準備書面を送りつけ、戦う姿勢を見せ

るだけで、あとは、ほっぽるだけ。裁判も終結して判決が次々と言い渡されていく。

 判決→払わない→強制執行→執行不能 金融会社が過払い請求により破綻していく過

程である。 まさか、この会社がそうなるとは思えないが・・

 そんなことを考えていると、「所長!! アイフルから、今の現状を説明したいと電話が

入っています」と事務員のM子さん。

 

 電話を変わる

 

アイフル 「お世話になっています、お忙しそうですね?」

 私   「そうなんですよ、アイフルさんが和解してくれないものですから・・」

アイフル 「すみません、そのことで、色々、現状を説明させて頂きたくて・・」

 私   「現状は分かっていますから、早くして頂ければいいんです」

アイフル 「1回お会いしてお話をさせて頂きたいんですが?」

 私   「えぇ!! 事務所まで来てくれるんですか? 京都(アイフルの本社)からです

      か?」

アイフル 「いえ、私の担当は埼玉ですから、・・ご都合の良い日時を教えてください」

 

 大手の金融会社の担当者が事務所まで出向いてくる!! こんなこと初めてだ。

任意(裁判外)では5割の返還しかしない。その他の対応を考えても、今のアイフルは?

だ。 さて、どんな話を持ってくるのか?







Last updated  2009.06.24 07:14:14
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.