5637737 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2009.09.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

埼 玉県上尾市に本社を置くベルーナという会社がある。

何となく地方の弱小業者をイメージするが、東証一部に上場している総合通販の大手、金

融部門は事業部の一部だ。

 この会社も例も洩れず窮状を訴えて、過払い金の大幅な減額、小額の過払い金は「0」

を要求してきた。

「そんなはずがない!!」すかさず3名共同で訴訟提起。

請求額は Tさん633,336円  K子さん13,171円 S子さん2,808円

 

予想通り、本日、早々と和解の打診がある。

 

ベルーナ   「お金を集めるから待って下さいといったのに訴訟を起こされ、参りました」

  私     「そうですか?交渉決裂と聞いていますが・・」

ベルーナ   「行き違いがあったようですね」

         「早速、和解をお願いします」

  私      「条件次第です」

ベルーナ    「Tさんは元金の54万円になりませんか?」

  私     「無理です」

ベルーナ    「いくらなら?」

  私      「せっかく電話頂きましたので・・・」

         「端数カットの63万3,000円で結構です」

ベルーナ    「・・・」

         「K子さんは?」

  私     「13,000円です」

べルーナ   「S子さん?」

  私     「2,800円です」

ベルーナ   「もう少し何とかなりませんか?」

  私     「これ以下は絶対駄目です」

べルーナ   「わかりました返還日は11月・・・・」

 

 過払い金は、どんな小額でも債務者が苦しい中払った大切なお金.

業者は全額返還する義務がある。 どうも業者は過払い金を特異の目で見ている風潮が

ある。同じように仕入れ代金等の減額、免除を要求するだろうか? 

逆に支払いが苦しかった時、減額、免除してくれたのか?

「返ってくれば儲けもの!!」安易に減額を受け入れてきた請求者側にも責任がある。

                        マイサイト 債務整理,過払い請求専門







Last updated  2009.09.17 08:50:09
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.