5802226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2009.11.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 

 「和解できました!! 支払いは2月です」

武富士との過払い訴訟から帰った担当司法書士からの報告。

期日を重ねて3回目、和解額は利息を含めてほぼ満額。

これが、最近の当事務所の武富士との和解の条件となっている。

 

 ところが本人訴訟の場合、代理人弁護士は大幅な減額の提案,そして「支払いは来年

の4月か5月、できれば分割で・・」と平然と言ってくる。

 「どうします?判決でも構わないでしょう?」本人の意思を確認して、早々、法廷を後にす

る。キョトンとする代理人弁護士。最近こんな例が多くなった。

代理人として、早々判決を取られ、それも敗訴となれば屈辱以外なにものでもない。

 

 それでは判決の場合どうなるのか? 最近、武富士の処理が間に合わないのか、ポツ

ポツと判決が出始めた。今月の13日に言渡された判決に対しては来月25日に支払いま

すと早々に連絡がきた。今のところ、あの武富士も「判決という印籠」には勝てないよう

だ。

 やはり、満額を早期に返還させるには、相手業者より裁判官を説得して終結に持ち込

んだ方が早いようだ。業者もあらゆる抵抗をしてくるだろうが・・・

                        マイサイト 債務整理,過払い請求専門

 







Last updated  2009.12.01 07:05:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.