5922519 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2011.05.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

  「もう支払う必要はありませんよ!」

  私の言葉が終わるか終らないうちに、

  「朝、払ってしまいました!」とA子さん。 取立ての訪問を受けたのだ。

  相手は東日本信販、10年を超える取引、残金は僅か残っているだけ。

  引直し計算をすれば過払いなるはずなのに・・・・・・。

 

  A子さんは続ける。

  「朝 8時頃突然きたので驚きました」

  「いくらでもと言うので、2,000円払ってしまいました」

 

  貸金業規制法では、午前8時から午後9時までの回収のための訪問は違法ではない。

  8時になるのを待っていたのだろうか?

   また、過払いなのに請求をしても、暴力や威圧的な回収を迫らないかぎり、不法行為が

  認められるのは難しい。

 

  しかし、訪問事態が恐怖に感じることもある。

  本当の借金の額の告知義務がないのも問題だ。 

 

  A子さんに限らず、同社から訪問の取立てを受けたという話は良く聞くので、気を付けて

 頂きたい。

 

  なお同社の過払い請求の対応は、利息込の満額の返還は難しいが、どこかの業者のよ

 うに2割、3割ということはなく、ある程度の金額は返還する。

 

         マイサイト 過払い請求・債務整理の手引き (無料相談実施中)  

   

 







Last updated  2011.05.24 06:42:09
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.