6245009 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2015.04.08
XML
カテゴリ:過払請求

年度末、年度初めの裁判官の交代も終わり、

通常に期日も開かれる様になった。

明後日のセディナとの過払い請求訴訟、担当者から電話あり、 

端数カットの利息込満額で和解になる。

この業者は、いつも期日前に和解になるため、

  最近、裁判所に出廷した記憶がない。

 

   信販系の業者は比較的対応が良いと言われているが、

  すべてそうとは限らない。

 

   クレディセゾンは、

 「各取引は1回払いであることのみを根拠に個別計算」の主張をしてきて、

  訴訟上でも、容易には解決できなくなってきた。

  当事務所だが、第1審で勝訴したが控訴を起されている案件がある。

  負けることはないので、決着は付けるべきだと思っている。

 

  UFJニコスは、

  相変わらず古い履歴は出してこないで,

  最初から弁護士を立てて争ってくる。

  裁判官は余程の根拠がないと「0計算」は認めないので注意が必要だ。

 

  オリコは、

  返還時期が早くなったと言われるが、

  気を抜くと6か月先になってしまうことがある。

  どうしてもという場合は、

  返還日までの利息を付加した和解をすることが重要だ。

  潰れることはないだろうから、依頼者も納得しやすい。

   

  エポスカードは、

  任意では元金以上での和解が難しくなった。

   費用対効果を考えて訴訟を提起すれば、

  ほぼ、満額の金額で期日前に和解ができる。

  この業者の訴訟でも出廷したことがない。

 

思いつくままに各信販系の対応を書いたが

今後も、その他の業者の情報も順次、お伝えさせて頂きたいと思います

 

                マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所







Last updated  2015.04.09 09:17:20
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.