6199513 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2015.04.22
XML
カテゴリ:債務整理


ある裁判所の法廷内、傍聴席で自分の順番を待っている。

目の前では次々と審理が行われている。

訴えた金融業者の原告は欠席、被告だけがぽつんと座っている。

この業者は 支払督促を乱発して、そして異議申立をされても、自ら出廷しないようだ。

このような珍しい光景が、法廷内では3回程続いている。



「今日は、原告が欠席のため、何もできません」

「原告から期日の申し立てがありましたら、再度呼出状を送りますから、

その時また出廷してください」

裁判官が、何もわからない被告に丁寧に説明している

そして、「随分古い借金だから一度、専門家に相談したらいかがですか?」

 本人は何のことか、分からずポカンとしている。



どうやら、時効期間が過ぎた借金らしい。

しかし、本人が時効を援用(主張)しなければ、

時効の利益(借金の消滅 )を受けることができない。

裁判官は「時効を援用したらいかがですか?」とは言えない。

せめて親切心で専門家に相談を勧めたのだろう。

 

時効期間が経過した借金でも、債務者が時効を援用しない限り、

業者は支払督促、訴訟等、裁判上の請求はできる。

何もしないで、ほっといたり 裁判に出廷しても自ら時効を援用しないと、もはや時効は援用

できなりくなりますので、気を付けて頂きたい。

                                     マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所

 







Last updated  2015.04.23 11:09:21
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.