6200108 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2015.05.22
XML
カテゴリ:過払請求

 週末のなため、早仕舞いをしようとしていると、

一本の電話。

裁判所かららしい。こんな時間に?

担当司法書士が電話を代わって話している。

アイフルとの件のようだ。

「そうですか、わかりました。ありがとうございます」

悪い連絡はなかったようである。

 
このアイフル、少し前から「債務不存在確認」という訴訟を、

先回りして乱発してくるようになった。

本日は、その期日、こちらは、「現在、過払金返還請求訴訟が継続している以上、

債務不存在確認訴訟は維持される必要はなく、却下されるべきだ」

との答弁書を提出し、擬制陳述で欠席した。

 

ところで裁判所から電話の内容は、

「アイフルが取り下げをするようですから、本日はお互いの陳述はしないで、   

休止扱いにしました」とのこと。

その事を、わざわざ、この時間に知らせてきてくれたのだ。

このような訴訟は取下げを待たず、即、却下してくれれば、なお良いのだが。

 

アイフルは、今までも、何度か、この手の訴訟を提訴し、

また移送申立てをしてきた。そして必ず取下げをしてくる。

 

何の目的で提訴してくるのか?

取下げるぐらいなら、最初から提訴しなければ良いとおもうのだが、

濫訴の乱発しか思えない。非常に問題だと思うのは自分だけだろうか。

      マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所







Last updated  2015.05.23 11:49:31
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.